画像

HOME > 業績・資格・認定・受賞・表彰

業績

業績について

2021年
2020年
2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年

2021年

著論文(英文)

1. Aogi K, Takeuchi H, Saeki T, Aiba K, Tamura K, Iino K, Imamura CK, Okita K, Kagami Y, Tanaka R, Nakagawa K, Fujii H, Boku N, Wada M, Akechi T, Iihara H, Ohtani S, Okuyama A, Ozawa K, Kim YI, Sasaki H, Shima Y, Takeda M, Nagasaki E, Nishidate T, Higashi T, Hirata K. Optimizing antiemetic treatment for chemotherapy-induced nausea and vomiting in Japan: Update summary of the 2015 Japan Society of Clinical Oncology Clinical Practice Guidelines for Antiemesis. Int J Clin Oncol. 2021; 26(1): 1-17.
2. Yamada Y. Matsuhashi, Fujii H, Makiyama A, Iihara H, Takahashi T, Watanabe D, Kiyama S, Kobayashi R, Suzuki A, Yoshida K. Impact of Anti-angiogenic Agents on Chemotherapy Efficacy in Patients With Metastatic Colorectal Cancer: Second-line FOLFIRI plus Bevacizumab or Aflibercept. Anticancer Res. 2021; 41(1): 533-541.
3. Kitagawa J, Kobayashi R, Nagata Y, Kasahara S, Ono T, Sawada M, Ohata K, Kato-Hayashi H, Hayashi H, Shimizu M, Itoh Y, Tsurumi H, Suzuki A. Polaprezinc for prevention of oral mucositis in patients receiving chemotherapy followed by hematopoietic stem cell transplantation: a multi-institutional randomized controlled trial. Int J Cancer. 2021; 148(6): 1462-1469.
4. Suzuki K, Okada H, Tomita H, Sumi K, Kakino Y, Yasuda R, Kitagawa Y, Fukuta T, Miyake T, Yoshida S, Suzuki A, Ogura S. Possible Involvement of Syndecan-1 in the State of COVID-19 Related to Endothelial Injury. Thromb J. 2021; 19(1): 5.
5. Hayashi T, Shimokawa M, Matsuo K, Iihara H, Kawada K, Nakano T, Egawa T. Chemotherapy-induced nausea and vomiting (CINV) with carboplatin plus pemetrexed or carboplatin plus paclitaxel in patients with lung cancer: a propensity score-matched analysis. BMC Cancer. 2021; 21(1): 74.
6. Sato Y, Iihara H, Kinomura M, Hirose C, Fujii H, Endo J, Yanase K, Kaito D, Sasaki Y, Gomyo T, Sakai C, Iwai M, Tsuboi Y, Ishihara T, Kobayashi R, Ohno Y, Suzuki A. Primary prophylaxis of febrile neutropenia with pegfilgrastim in small-cell lung cancer patients receiving amrubicin as second-line therapy. Anticancer Res. 2021; 42(3): 1615-1620.
7. Hayashi T, Shimokawa M, Matsuo K, Nishimura J, Iihara H, Nakano T, Egawa T. 5HT3RA plus dexamethasone plus aprepitant for controlling delayed chemotherapy-induced nausea and vomiting in colorectal cancer. Cancer Sci. 2021; 112(2): 744-750.
8. Iihara H, Hirose C, Funaguchi N, Endo J, Ito F, Yanase K, Kaito D, Sasaki Y, Gomyo T, Sakai C, Ohno Y, Suzuki A. Evaluation of Clinical Pharmacist Interventions for Adverse Events in Hospitalized Patients with Thoracic Cancer Receiving Cancer Chemotherapy. Mol Clin Oncol. 2021; 14: 116.
9. Suzuki K, Okada H, Sumi K, Tomita H, Kobayashi R, Ishihara T, Kakino Y, Suzuki K, Yoshiyama N, Yasuda R, Kitagawa Y, Fukuta T, Miyake T, Okamoto H, Doi T, Yoshida T, Yoshida S, Ogura S, Suzuki A. Serum syndecan-1 reflects organ dysfunction in critically ill patients. Sci Rep. 2021; 11(1): 8864.
10. Shimizu S, Hayashi Y, Nishida S, Fujii H, Nakamura M, Yoshikura N, Nagano A, Kitagawa J, Kanemura N, Mizutani K, Kobayashi R, Ishihara T, Hayashi H, Shimohata T, Sugiyama T, Suzuki A. Albumin-bilirubin score for predicting neuropsychiatric symptoms in patients receiving ifosfamide-based chemotherapy. J Clin Pharm Ther. 2021; 46: 794-799.
11. Harada S, Niwa T, Hoshino Y, Fujibayashi A, Suzuki A. Influence of switching from intravenous to oral administration on serum voriconazole concentration. J Clin Pharm Ther. 2021; 46: 780-785.
12. Sakai C, Shimokawa M, Iihara H, Fujita Y, Ikemura S, Hirose C, Kotake M, Funaguchi N, Gomyo T, Imai H, Hakamata J, Kaito D, Minato K, Arai T, Kawazoe H, Suzuki A, Ohno Y, Okura H. Low-Dose Olanzapine Plus Graniseteron and Dexamethasone for Carboplatin-Induced Nausea and Vomiting in Patients with Thoracic Malignancies. Oncologist. 2021; 26: 1-7.
13. Watanabe D, Fujii H, Yamada Y, Matsuhashi N, Makiyama A, Iihara H, Takahashi T, Kiyama S, Kobayashi R, Yoshida K, Suzuki A. Association of albumin-bilirubin score in patients with colorectal cancer receiving later line chemotherapy with regorafenib. Int J Clin Oncol. 2021; 26(7): 1257-1263.
14. Ohata K, Fujii H, Sadaka S, Kato-Hayashi H, Iihara H, Kobayashi R, Uemura S, Iwashita T, Shimizu M, Suzuki A. Comparison of chemotherapy-induced nausea and vomiting between gemcitabine plus nab-paclitaxel combination chemotherapy and gemcitabine monotherapy in patients with advanced pancreatic cancer. Anticancer Res. 2021; 41: 3643-3648.
15. Yamamoto S, Iihara H, Uozumi R, Kawazoe H, Tanaka K, Fujita Y, Abe M, Imai H, Karayama M, Hayasaki Y, Hirose C, Suda T, Nakamura K, Suzuki A, Ohno Y, Morishige KI, Inui N. Efficacy and safety of 5 mg olanzapine for nausea and vomiting management in cancer patients receiving carboplatin: Integrated study of three prospective multicenter phase II trials. BMC Cancer. 2021; 21: 832.
16. Fujii H, Koda M, Sadaka S, Ohata K, Kato-Hayashi H, Iihara H, Kobayashi R, Ishihara T, Uemura S, Iwashita T, Hayashi H, Sugiyama T, Shimizu M, Suzuki A. Anorexia, pain and peripheral neuropathy are associated with a decrease in quality of life in patients with advanced pancreatic cancer receiving outpatient chemotherapy - a retrospective observational study. J Pharm Health Care Sci. 2021; 7: 27.
17. Noro R, Igawa S, Bessho A, Hirose T, Shimokawa T, Nakashima M, Minato K, Seki N, Tokito T, Harada T, Sasada S, Miyamoto S, Tanaka Y, Furuya N, Kaburagi T, Hayashi H, Iihara H, Okamoto H, Kubota K. A prospective, phase II trial of monotherapy with low-dose afatinib for patients with egfr, mutation-positive, non-small cell lung cancer: Thoracic Oncology Research Group 1632. Lung Cancer. 2021; 161: 49-54.
(in press)
1. Suzuki K, Fujii H, Yamauchi T, Kato-Hayashi H, Ishihara M, Iihara H, Hirose C, Nishida S, Funato M, Kobayashi R, Yasuda K, Ino Y, Tamaki H, Yamashita S, Iguchi K, Noguchi Y, Teramachi H, Takada J, Kubota M, Ibuka T, Araki H, Shimizu M, Suzuki A. Questionnaire survey for identification of meal habits influencing adherence to oral 5-aminosalicylic acid regimens in patients with ulcerative colitis. J Pharm Pract. (in press)
2. Sampei S, Okada H, Tomita H, Takada C, Suzuki K, TKinoshita T, Kobayashi R, Fukuda H, Kawasaki Y, Nishio A, Yano H, Muraki I, Fukuda Y, Suzuki K, Miyazaki N, Watanabe T, Doi T, Yoshida T, Suzuki A, Yoshida S, Kushimoto S, Ogura S. Endothelial Glycocalyx Disorders May Be Associated with Extended Inflammation During Endotoxemia in a Diabetic Mouse Model. Front Cell Dev Biol. (in press)
3. Okamoto H, Muraki I, Okada H, Tomita H, Suzuki K, Takada C, Wakayama Y, Kuroda A, Fukuda H, Kawasaki Y, Nishio A, Matsuo M, Tamaoki Y, Inagawa R, Takashima S, Taniguchi T, Suzuki A, Suzuki K, Miyazaki N, Kakino Y, Yasuda R, Fukuta T, Kitagawa Y, Miyake T, Doi T, Yoshida T, Yoshid S, Ogura S. Recombinant antithrombin attenuates acute respiratory distress syndrome in experimental endotoxemia. Am J Pathol. (in press)
4. Satake R, Matsumoto K, Tanaka M, Mukai R, Shimada K, Yoshida Y, Inoue M, Hasegawa S, Iguchi K, Ikesue H, Shimizu S, Nishida S, Suzuki A, Hashida T, Nakamura M. Analysis of drug-induced gastrointestinal obstruction and perforation using the Japanese Adverse Drug Event Report database. Front Pharmacol. (in press)

著論文(和文)

1. 山田紘嗣、山田悠人、小林亮、林秀樹、鈴木昭夫、上野隆弘.光触媒を利用した抗がん薬分解フィルムの開発.癌と化学療法.(in press)

1. 飯原大稔(分担執筆).吉村知哲、田村和夫(監修).がん薬物療法副作用管理マニュアル 第2版、「悪心・嘔吐・食欲不振」p46-58、2021.医学書院

2. 古井⾠郎、⼭本扇⾥、飯原⼤稔、寺澤恵⼦、森重健⼀郎(分担執筆).妊孕性温存のすべて︓「抗がん薬による卵巣毒性」p175-182、2021.中外医学社

説等

1. 山田友奈美、藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2020最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局72: p159-164、2021.南山堂

ンポジウム

1. 安田浩二.COVID-19下における職員の感染予防に配慮した薬剤部門の運営について.令和2年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議 (2021年1月、WEB開催)
2. 飯原大稔.ストーリーで理解する臨床研究~薬局・病院薬剤師が行う研究の基本~ ストーリー②研究デザイン~何をどう比較すれば良いか?~.日本臨床腫瘍薬学会臨床研究セミナー2020 (2021年2月、WEB開催)
3. 飯原大稔、山本扇里、廣瀬智恵美、鈴木昭夫.カルボプラチン誘発悪心・嘔吐に対するオランザピン含有制吐療法の確立に向けて.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021 (2021年3月、WEB開催)
4. 飯原大稔.キャリアパスの転換点:臨床試験のスペシャリストへ.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021 (2021年3月、WEB開催)
5. 廣瀬智恵美、飯原大稔、林秀樹、鈴木昭夫.上皮成長因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬の副作用予測のための薬理遺伝学的マーカーの探索.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021 (2021年3月、WEB開催)
6. 飯原大稔、鈴木昭夫.最新のエビデンスに基づくがん化学療法誘発性悪心・嘔吐への予防対策の実践と薬剤師の取組み.第14回日本緩和医療薬学会年会 (2021年5月、WEB開催)

会報告(海外)

1. Fujita Y, Abe M, Yamaguchi T, Ueda H, Kitagawa K, Okamura J, Hirano K, Sakata Y, Iihara H, Shimada Y, Aoyama T, Shibata K, Hori K, Daga H, Nakayama T, Sakata Y, Zenda S, Hashimoto H. Efficacy of olanzapine combined with the standard triplet antiemetic therapy for cisplatin-based chemotherapy: A sub-analysis of a randomized, double-blind, placebo-controlled triplacebo-controlled trial(J-FORCE). ASCO Annual Meeting, Online, 2021
2. Yamamoto S, Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Abe M, Takenaka M, Arai T, Sakurai M, Mori M, Nakamura K, Kado N, Murase S, Shimaoka R, Suzukia A, Morishige KI. A phase II study evaluating olanzapine 5 mg combined with standard triplet therapy for the prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic cancer patients. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer, Virtual Congress, 2021
3. Hirose C, Iihara H, Shimokawa M, Fujita Y, Ikemura S, Sakai C, Kotake M, Funaguchi N, Gomyo T, Imai H, Hakamata J, Kaito D, Minato K, Arai T, Kawazoe H, Suzuki A, Ohno Y, Okura H. Low dose olanzapine combined with doublet therapy for the prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with thoracic malignancies. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer, Virtual Congress, 2021
4. Nakao M, Abe M, Yamaguchi T, Fujita Y, Nishimura T, Okada H, Matsumoto T, Hirano K, Ariga H, Iihara H, Tanaka K, Aoyama T, Shibata K, Nakayama T, Seo K, Hashimoto H. Efficacy of 5 mg olanzapine + triplet therapy for cisplatin-based chemotherapy: A sub-analysis of a randomized, double-blind, placebo-controlled trial.MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer, Virtual Congress, 2021
5. Sakai C, Iihara H, Shimokawa M, Fujita Y, Ikemura S, Hirose C, Kotake M, Funaguchi N, Gomyo T, Imai H, Hakamata J, Kaito D, Minato K, Arai T, Kawazoe H, Suzuki A, Ohno Y, Okura H. Low dose olanzapine for carboplatin-induced nausea and vomiting. ERS International Congress 2021, Virtual Congress, 2021
6. Fujii H, Kitazume Y, Uozumi R, Iihara H, Takahashi M, Arai T, Yoshizawa T, Murachi Y, Sato Y, Mikami T, Hashiguchi K, Takahashi K, Fujita Y, Yamazaki T, Hosokawa Y, Morozumi I, Tsuchiya M, Yokoyama A, Hashimoto H, Yamaguchi M. Association between capecitabine efficacy and proton pump inhibitors in patients with stage II-III colorectal cancer: A retrospective multicenter study. ESMO Virtual Congress 2021
7. Shimomura K, Minatogawa H, Mashiko T, Arioka H, Iihara H, Sugawara M, Hida N, Akiyama K, Nawata S, Tsuboya A, Mishima K, Izawa N, Miyaji T, Honda K, Inada Y, Ohno Y, Katada C, Morita H, Yamaguchi T, Nakajima T. Placebo-controlled, double-blinded phase III study comparing dexamethasone on day1 with dexamethason on days 1 to 4, with combined neurokinin-1 receptor antagonist, palonosetron, and olanzapine in patients receiving cisplatin-containing highly emetogenic chemotherapy: SPARED trial. ESMO Virtual Congress 2021
8. Fujita Y, Iihara H, Shimokawa M, Sakai C, Ikemura S, Hirose C, Kotake M, Funaguchi N, Gomyo T, Imai H, Hakamata J, Kaito D, Minato K, Arai T, Kawazoe H, Suzuki A, Ohno Y, Okura H. Efficacy and safety of 5 mg olanzapine for the prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in patients withthoracic malignancies: A prospective multicenter phase II study. ESMO Virtual Congress 2021

会報告(国内)

1. 早崎容、飯原大稔、下川元継、藤田行代志、安部正和、竹中基記、山本扇里、新井隆広、櫻井美満、森美奈子、中村和人、角暢浩、村瀬紗姫、島岡竜一、坊本佳優、鈴木昭夫、森重健一郎.カルボプラチン療法の悪心・嘔吐予防に対するオランザピンの効果を検証する多施設共同第II相試験.第62回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2021年1月、WEB開催)
2. 齊藤光江、尾関理恵、清水桂子、飯原大稔.CINV に対する多施設共同ランダム化比較試験をアカデミア発で実施する方法と意義.第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2021年5月、WEB開催)
3. 林稔展、下川元継、飯原大稔、橋本浩伸、湊川紘子、小茂田昌代、安部正和、乾直輝、沖田憲司、西村潤一、山本信之、齋藤光江.がん化学療法に対する制吐薬としてのオランザピンの使用実態調査.第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2021年5月、WEB開催)
4. 小茂田昌代、香取哲哉、出雲貴文、大畑紘一、飯原大稔、岡元るみ子、田村渓、山田琴美、浅野俊彦、藤村義明、高橋智.がん患者のCINV 対策充実を目指した電子患者日誌実用化の検討~実装試験の課題解決に向けた患者・病院・保険薬局間における電子的連携の強化~.第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2021年5月、WEB開催)
5. 海野茜、⼭本扇⾥、飯原⼤稔、藤井宏典、上⽥祐稀乃、加藤寛⼦、安江萌夏、熊野智康、牧⽥智誉⼦、伊東政也、早崎容、⽵中基記、森美奈⼦、森重健⼀郎、松尾政之、鈴⽊昭夫、林秀樹.放射線治療を受ける⼦宮頸がん患者の制吐療法最適化を⽬指したリスク解析.第5回⽇本臨床薬理学会東海・北陸地⽅会 (2021年7⽉、岐⾩)
6. 上⽥祐稀乃、藤井宏典、廣瀬智恵美、⼤畑紘⼀、飯原⼤稔、鏑⽊美帆、松橋延壽、⾼橋孝夫、吉⽥和弘、鈴⽊昭夫、林秀樹.外来がん化学療法における⽀持療法の強化による患者QOL改善効果についての定量的評価⽅法を⽤いた網羅的分析.⽇本臨床薬理学会東海・北陸地⽅会 (2021年7⽉、岐⾩)
7. 鈴⽊景⼦、岡⽥英志、吉⽥省造、⼩倉真治、鈴⽊昭夫.重症患者における早期臓器機能障害マーカーとしての⾎清シンデカン-1の有⽤性についての検討.⽇本臨床薬理学会 東海・北陸地⽅会 (2021年7⽉、岐⾩)

1. 《優秀演題賞》
海野茜、⼭本扇⾥、飯原⼤稔、藤井宏典、上⽥祐稀乃、加藤寛⼦、安江萌夏、熊野智康、牧⽥智誉⼦、伊東政也、早崎容、⽵中基記、森美奈⼦、森重健⼀郎、松尾政之、鈴⽊昭夫、林秀樹.放射線治療を受ける⼦宮頸がん患者の制吐療法最適化を⽬指したリスク解析.第5回⽇本臨床薬理学会 東海・北陸地⽅会 (2021年7⽉、岐⾩)

学研究費助成金

1. [代表者] 鈴⽊昭夫、[分担者] 林秀樹、⽥原耕平、⼩林亮︓科学研究補助⾦基盤研究(C) (20K07152)︓⼩児がん患者に対する⼝内炎予防薬ポラプレジンク含有粘膜付着性フィルム製剤の開発︔令和2-4年度
2. [代表者] 飯原⼤稔、[分担者] 鈴⽊昭夫、安部正和、林秀樹︓科学研究補助⾦/基盤研究(C) (20K07178)︓卵巣癌患者の⽣命予後・QOL向上を⽬的とした経⼝抗癌薬の戦略的副作⽤予防法の構築︔令和2-4年度
3. [代表者] 林秀樹、[分担者] 鈴⽊昭夫、飯原⼤稔、轟⽊堅⼀郎、⼤野康、平井啓太︓科学研究補助⾦/基盤研究(C)(20K07157)︓個別化医療を指向した⾰新的測定技術の応⽤による抗体医薬の臨床薬物動態解析︔令和2-4年度
4. [代表者] ⼩林亮、[分担者] 鈴⽊昭夫、岡⽥英志、渡邉崇量、富⽥弘之︓科学研究補助⾦/基盤研究(C) (20K10400)︓分光スペクトルイメージ技術を⽤いた⾰新的な医薬品鑑査システムの開発︔令和2-4年度
5. [代表者] 藤井宏典︓科学研究補助⾦/若⼿研究(20K16081)︓⾻髄抑制によるMDSC低下を指標とした膵癌化学療法における新規予後マーカーの開発︔令和2-4年度
6. 西田承平:奨励研究(21H04180):周術期のせん妄対策の確立およびその評価. 470,000円
7. 鈴木景子:奨励研究(21H04280):早期臓器障害の検出を目的とした血管内皮障害関連バイオマーカーの有用性の検討. 470,000円
8. 8. 鷲⾒和之︓奨励研究(21H04242)︓脳⾎管障害の重症度を反映する新規バイオマーカーの検討. 450,000円

道関係

1. 飯原⼤稔.チーム医療における専⾨薬剤師の役割 Vol.01(前編).アステラスメディカルネット「Astellas Square、連載︓専⾨看護師・薬剤師特集」
2. 飯原⼤稔.チーム医療における専⾨薬剤師の役割 Vol.01(後編).アステラスメディカルネット「Astellas Square、連載︓専⾨看護師・薬剤師特集」

2020年

著論文(英文)

1. Watanabe D, Fujii H, Matsuhashi N, Iihara H, Yamada Y, Ishihara T, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Dose Adjustment of Oxaliplatin Based on Renal Function in Patients With Metastatic Colorectal Cancer. Anticancer Res. 2020; 40:2379-2386.
2. Watanabe D, Fujii H, Yamada Y, Iihara H, Ishihara T, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Relationship Between Renal Function and the Incidence of Adverse Events in Patients With Colorectal Cancer Receiving Oxaliplatin. Anticancer Res. 2020; 40:299-304.
3. Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Abe M, Takenaka M, Yamamoto S, Arai T, Sakurai M, Mori M, Nakamura K, Kado N, Murase S, Shimaoka R, Suzukia A, Morishige KI. Efficacy and safety of 5 mg olanzapine combined with aprepitant, granisetron and dexamethasone to prevent carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with gynecologic cancer: a multi-institution phase II study. Gynecol Oncol. 2020; 156:629-635.
4. Kawaguchi Y, Hanaoka J, Hayashi H, Fukuda Y, Iihara H, Suzuki A, Sugiyama T. Clinical efficacy of osimertinib for a patient with ileus due to peritoneal carcinomatosis. Clinical Case Reports.2020; 8:347-350.
5. Yamada H, Kobayashi R, Shimizu S, Yamada Y, Ishida M, Shimoda H, Kato-Hayashi H, Fujii H, Iihara H, Tanaka H, Suzuki A. Implementation of a standardized pharmacist check of medical orders prior to preparation of anticancer drugs to reduce drug wastage. Int J Clin Pract. 2019: e13464.
6. Fujii H, Matsuhashi N, Kitahora M, Takahashi T, Hirose C, Iihara H, Yamada Y, Watanabe D, Ishihara T, Suzuki A, Yoshida K. Oncologist. Bevacizumab in Combination with TAS-102 Improves Clinical Outcomes in Patients with Refractory Metastatic Colorectal Cancer: A Retrospective Study. Oncologist. 2020; 25(3):e469-e476.
7. Iihara H, Shimokawa M, Hayashi T, Kawazoe H, Saeki T, Aiba K, Tamura K. A nationwide, multicenter registry study of antiemesis for carboplatin-based chemotherapy-induced nausea and vomiting in Japan. Oncologist., 2020; 25:e373-e380.
8. Horikawa Y, Suzuki A, Enya M, Hashimoto K, Nishida S, Kobayashi R, Ohashi T, Yamazaki F, Totani R, Kobayashi H, Yamamoto M, Itoh Y, Takeda J. Periodontal disease may be associated with the occurrence of diabetic retinopathy: A subgroup analysis of the survey of the Diabetes Coordination Notebook in Gifu. Exp Clin Endocrinol Diabetes. 2020; 128:231-238.
9. Fukuta T, Okada H, Takemura G, Suzuki K, Tomita H, Suzuki A, Oda K, Uchida A, Matsuo S, Fukuda H, Yano H, Muraki I, Zaikokuji R, Kuroda A, Nishio A, Sampei S, Miyazaki N, Hotta Y, Yamada N, Watanabe T, Morishita K, Doi T, Yoshida T, Ushikoshi H, Yoshida S, Maekawa Y, Ogura S. Neutrophil elastase inhibition ameliorates endotoxin-induced myocardial injury accompanying degradation of cardiac capillary glycocalyx. Shock. 2020; 54:386-393.
10. Suzuki K, Okada H, Takemura G, Takada C, Tomita H, Yano H, Muraki I, Zaikokuji R, Kuroda A, Fukuda H, Nishio A, Tamaoki Y, Takashima S, Suzuki A, Miyazaki N, Hotta Y, Fukuta T, Kitagawa Y, Yamada N, Watanabe T, Doi T, Yoshida T, Kumada K, Ushikoshi H, Yoshida S, Ogura. Recombinant thrombomodulin protects against LPS-induced acute respiratory distress syndrome via preservation of pulmonary endothelial glycocalyx. Br J Pharmacol., 2020; 177:4021-4033.
11. Nishida S, Hayashi Y, Hirai K, Takekoshi A, Kobayashi R, Shimizu S, Niwa T, Hayashi H, Shimohata T, Sugiyama T, Suzuki A. Effect of therapeutic plasma exchange on phenytoin plasma concentration in patients receiving intravenous fosphenytoin therapy. Pharmazie. 2020; 75:488-490.
12. Hirose C, Fujii H, Iihara H, Ishihara M, Nawa-Nishigaki M, Kato-Hayashi H, Ohata K, Kumiko Sekiya K, Kitahora M, Matsuhashi N, Takahashi T, Okuda K, Naruse M, Ishihara T, Sugiyama T, Yoshida K, Suzuki A. Real-world data of the association between quality of life using the EuroQol 5 Dimension 5 Level utility value and adverse events for outpatient cancer chemotherapy. Support Care Cancer. 2020; 28:5943-5952.
13. Fujii H, Makiyama A, Iihara H, Okumura N, Yamamoto S, Imai T, Arakawa S, Kobayashi R, Tanaka Y, Yoshida K, Suzuki A. Cancer Cachexia Reduces the Efficacy of Nivolumab Treatment in Patients With Advanced Gastric Cancer. Anticancer Res. 2020; 40:7067-7075.
14. Ohata K, Kitagawa J, Niwa T, Takahashi-Yamauchi T, Harada S, Matsumoto T, Nakamura N, Hiroshi Nakamura H, Kanemura N, Shimizu M, Suzuki A. Comparison of breakthrough Gram-positive cocci infection during vancomycin versus teicoplanin therapy in patients receiving hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 2020; 45(6):1342-1348.
15. Minatogawa H, Izawa N, Kawaguchi T, Miyaji T, Shimomura K, Honda K, Iihara H, Ohno Y, Inada Y, Arioka H, Morita H, Hida N, Sugawara M, Katada T, Nawata S, Ishida H, Tsuboya A, Tsuda T, Yamaguchi T, Nakajima TE. Study protocol for SPARED trial: Randomized noninferiority phase III trial comparing dexamethasone on day 1 with dexamethasone on day 1-4 combined with neurokinin-1 receptor antagonist, palonosetron, and olanzapine (5 mg) in patients receiving cisplatin-based chemotherapy. BMJ Open. 2020; 10(12): e041737.
16. Yano H, Kuroda A, Okada H, Tomita H, Suzuki K, Takada C, Fukuta T, Kawasaki Y, Murakami I, Wakayama Y, Kano S, Tamaoki Y, Nishio A, Sampei S, Inagawa R, Kamidani R, Kakino Y, Yasuda R, Kitagawa Y, Fukuta T, Miyake T, Kanda N, Miyazaki N, Doi T, Yoshida T, Suzuki A, Yoshida S, Ogura S. Ultrastructural alteration of pulmonary tissue under conditions of high oxygen concentrations. Int J Clin Exp Pathol. 2020; 13(12):3004-3012.

著論文(和文)

1. 宇佐美英績、木村美智男、飯原大稔、谷沢克弥、大澤友裕、兼松哲史、平出耕石、吉村知哲.岐阜県におけるがん研修制度を利用した臨床研究マインドの育成.日本病院薬剤師会雑誌.56: 1335-1339、2020
2. 土屋雅美、河添仁、江面美緒、橋口宏司、飯原大稔、橋本浩伸.医療従事者及び医療系学生に対する国際ジャーナルクラブ活動とそのアウトカム.医療薬学.46: 664-671、2020
3. 境浩康、熊田恵介、佐野美佳、丹羽隆、飯原大稔、富松英人、今井健二、村上啓雄、清水雅仁.当院における画像診断報告書の確認不足事例(87例)の検討.総合診療.30: 1540-1544、2020

1. 飯原大稔(分担執筆).がん薬物療法のひきだし~腫瘍薬学の基本から応用まで~、「間質性肺炎」p403-409、2020.医学書院
2. 飯原大稔(分担執筆).薬トレ:薬剤師の臨床センスを磨くトレーニングブック:感染・がん「肺癌」p273-276、「腎癌」p355-356、2020.南山堂
3. 鈴木昭夫、安田浩二(分担執筆).モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい新実務実習テキスト2021-2022.p185-187、p276-285、2020.じほう
4. 鈴木昭夫、鈴木景子(分担執筆).New Strategy! 超微形態 ICU輸液がみえるグリコカリックス×アトラス.p8-11, p34-41、2020.株式会社メジカルビュー社

説等

1. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2020最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局、71: 155-161、2020. 南山堂
2. 飯原大稔、鈴木昭夫.シリーズ:抗がん薬治療の副作用No.2 ; 副作用管理:悪心・嘔吐.日本臨床腫瘍薬学会雑誌、13: 6-21、2020.一般社団法人日本臨床腫瘍薬学会
3. 鈴木昭夫.管理職はここを見ている!ICT・AST活動:薬剤部長の立場から.インフェクションコントロール.29: 94-96、2020.メディカ出版
4. 西田承平.特集:高齢化で問題となる介護現場での糖尿病療養~介護担当者への療養指導~;高齢糖尿病患者さんにおける薬物療法の問題点と介護者による支援の重要性. 糖尿病療養指導のためのDM Emsenble, 8(4): 16-22、2020. 公益社団法人日本糖尿病協会 日経メディカル出版
5. 鈴木昭夫.進め!! 医療薬学研究:病院における薬剤業務に基づく研究.月刊薬事、62: 1837-1843、2000. じほう
6. 鈴木昭夫.進め!! 医療薬学研究: 病院における薬剤業務に基づく研究.PHARM TECH JAPAN、36: 1547-1553、2000.じほう

ンポジウム

1. 飯原大稔、鈴木昭夫.がん・生殖医療における薬剤師の取組み.第10回日本がん・生殖医療学会学術集会 (2020年2月、埼玉) [シンポジウム]
2. 五明岳展、岩井正道、酒井千鶴、佐々木優佳、豊吉沙耶香、垣内大蔵、柳瀬恒明、遠渡純輝、大野康、飯原大稔、澤祥幸、廣瀬智恵美、福田純久、大澤友裕、林秀樹.非小細胞肺癌患者におけるアファチニブの体内動態および副作用に影響する遺伝的因子の解析.第60回日本呼吸器学会学術講演会 (2020年9月、WEB開催) [ミニシンポジウム]
3. 廣瀬敬、野呂林太郎、井川聡、別所昭宏、下川恒生、中嶌賢尚、湊浩一、関順彦、時任高章、原田敏之、笹田真滋、林秀樹、飯原大稔、岡本浩明、久保田馨.EGFR 遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する低用量アファチニブの第 II 相試験 TORG1632.第58回日本癌治療学会学術集会 (2020年10月、京都) [ワークショップ]
4. 林秀樹、廣瀬智恵美、飯原大稔、鈴木昭夫、河合琢良、生木庸寛、小原道子、小林篤史、甲斐絢子、日比野靖.臨床系教員として実施する教育・研究活動~学生とともに多職種連携~.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催) [シンポジウム]
5. 藤井宏典.がん化学療法におけるクリニカルクエスチョン解決のための薬剤業務に基づく後ろ向き臨床研究.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催) [シンポジウム]
6. 西田承平.改定コアカリキュラムに沿った実務実習の目指すところ 改定コア・カリキュラムに対応した岐阜大学病院における実務実習の取り組み.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催) [FD講演]
7. 鈴木景子.血清シンデカン-1は重症患者の早期臓器機能障害のマーカーとなりうるか?.第48回日本救急医学会総会・学術集会 (2020年11月、岐阜) [シンポジウム]

会報告(海外)

1. Noro R, Igawa S, Bessho A, Hirose T, Tsuneo S, Nakashima M, MInato K, Seki N, Tokito T, Harada T, Sasada S, Miyamoto S, Tanaka Y, Furuya N, Kaburagi T, Hayashi H, Iihara H, Naoki K, Okamoto H, Kubota K. A prospective, phase II trial of low-dose afatinib monotherapy for patients with EGFR, mutation-positive, non-small cell lung cancer(TORG1632). ESMO Virtual Congress 2020 (Sep 2020)
2. Igawa S, Noro S, Kubota S, Naoki S., Bessho A, Hirose T, Shimokawa T, Nakashima M, Minato K, Seki N, Tokito T, Harada T, Sasada S, Miyamoto S, Tanaka Y, Furuya N, Kaburagi T, Hayashi H, Iihara H, Okamoto H. A prospective, phase II trial of low-dose afatinib monotherapy for patients with EGFR, mutation-positive, non-small cell lung cancer(TORG1632). ESMO Asia Virtual Congress 2020 (Nov 2020)

会報告(国内)

1. 渡邊裕之、木村錦子、子守晶子、樋野光夫、高橋克之、飯原大稔、鎌田宏和、 橋本浩伸、東光久、神野正敏、辻力夫.奈良県の病院薬剤師を対象としたレジメンマネジメントに関する研修会の開催とその評価.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020年3月、福岡)
2. 佐藤幸奈、飯原大稔、木野村元彦、廣瀬智恵美、遠渡純輝、柳瀬恒明、垣内大蔵、佐々木優佳、五明岳展、酒井千鶴、岩井正道、大野康、鈴木昭夫.小細胞肺癌の二次治療としてのアムルビシン療法における発熱性好中球減少予防のためのペグフィルグラスチムの有用性の評価.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020年3月、福岡)
3. 佐藤幸奈、飯原大稔、木野村元彦、廣瀬智恵美、遠渡純輝、柳瀬恒明、垣内大蔵、佐々木優佳、五明岳展、大野康、鈴木昭夫.小細胞肺癌のアムルビシン療法における発熱性好中球減少症に対するペグフィルグラスチム予防投与の効果.第12回日本がん薬剤学会学術大会 (2020年5月、神戸)
4. 藤田行代志、飯原大稔、下川元継、早崎容、安部正和、竹中基記、山本扇里、新井隆広、櫻井美満、森美奈子、中村和人、角暢浩、村瀬紗姫、鈴木昭夫、森重健一郎.Evaluation of the antiemetic effect of olanzapine 5 mg plus standard triplet therapy on carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic cancer patients (婦人科がんにおけるカルボプラチンの悪心嘔吐に対する標準療法+オランザピンの検討).第58回日本癌治療学会学術集会 (2020年月10月、京都)
5. 道内玲奈、西田承平、小森善文、丹羽隆、津村直樹、矢島睦門、太田雅弘、丹羽道夫、飯原大稔、小林亮、鈴木昭夫.GS1コード認証システム導入による薬品過誤の発生防止効果の検討.第30回日本医療薬学会年会 (2020年10月、WEB開催)
6. 別所昭宏、野呂林太郎、梅野貴裕、猶木克彦、井川聡、廣瀬敬、村田泰規、下川恒生、中嶌賢尚、湊浩一、関順彦、時任高章、原田敏之、笹田真滋、林秀樹、飯原大稔、岡本浩明、久保田馨.EGFR遺伝子変異陽性進行非小細胞肺癌に対する低用量アファチニブの第II相試験 TORG1632試験.第61回日本肺癌学会学術集会 (2020年11月、岡山)
7. 藤井宏典、飯原大稔、山本扇里、牧山明資、奥村直樹、吉田和弘、鈴木昭夫.ニボルマブが投与された胃癌患者におけるがん悪液質と治療効果の関連.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬剤師会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催)

《ベストプレゼンテーション賞》
藤井宏典、飯原大稔、山本扇里、牧山明資、奥村直樹、吉田和弘、鈴木昭夫.ニボルマブが投与された胃癌患者におけるがん悪液質と治療効果の関連.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬剤師会東海支部合同学術大会2020 (2020年11月、WEB開催)

学研究費助成金

1. [代表者] 鈴木昭夫、[分担者] 林秀樹、田原耕平、小林亮:科学研究補助金基盤研究(C) (20K07152):小児がん患者に対する口内炎予防薬ポラプレジンク含有粘膜付着性フィルム製剤の開発;令和2-4年度
2. [代表者] 飯原大稔、[分担者] 鈴木昭夫、安部正和、林秀樹:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K07178):卵巣癌患者の生命予後・QOL向上を目的とした経口抗癌薬の戦略的副作用予防法の構築;令和2-4年度
3. [代表者] 林秀樹、[分担者] 鈴木昭夫、飯原大稔、轟木堅一郎、大野康、平井啓太:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K07157):個別化医療を指向した革新的測定技術の応用による抗体医薬の臨床薬物動態解析;令和2-4年度
4. [代表者] 小林亮、[分担者] 鈴木昭夫、岡田英志、渡邉崇量、富田弘之:科学研究補助金/基盤研究(C) (20K10400):分光スペクトルイメージ技術を用いた革新的な医薬品鑑査システムの開発;令和2-4年度
5. [代表者] 藤井宏典:科学研究補助金/若手研究(20K16081):骨髄抑制によるMDSC低下を指標とした膵癌化学療法における新規予後マーカーの開発;令和2-4年度
6. 丹羽隆:症例研究(20H01050):新規抗菌薬使用量サーベイランスシステムによる抗菌薬集計に関する研究.470,000円
7. 山崎瑞季:症例研究(20H01064):急性高山病に係る遺伝子多型の解析.390,000円

道関係

1. これで納得!お薬手帳の活用術. 経済月報.2020年6月8日

2019年

著論文(英文)

1. Fujibayashi A, Niwa T, Takeichi S, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Tsuchiya M, Yamamoto M, Hatakeyama D, Suzuki A, Baba H, Murakami N, Itoh Y. Clinical impact of a prospective audit with intervention and feedback without carbapenem restriction in patients receiving carbapenem injection. Int J Clin Pract. 2019; 73: e13262.
2. Yoshida T, Yoshida S, Okada H, Suzuki A, Niwa T, Suzuki K, Ohmori T, Kobayashi R, Baba H, Suzuki K, Murakami N, Itoh Y, Ogura S. Risk factors for decreased teicoplanin trough concentrations during initial loading in critically ill patients. Pharmazie. 2019; 74: 120-124.
3. Fujii H, Yamada Y, Watanabe D, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Dose adjustment of irinotecan based on UGT1A1 polymorphisms in patients with colorectal cancer. Cancer Chemother Pharmacol. 2019; 83: 123-129.
4. Iihara H, Shimokawa M, Abe M, Hayasaki Y, Fujita Y, Nagasawa Y, Sakurai M, Matsuoka R, Suzuki A, Morishige K. A study protocol for an open-label, single-arm, multicenter phase II trial to evaluate the efficacy and safety of combined triplet therapy and olanzapine for prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic cancer patients. BMJ Open. 2019; 9: e024357.
5. Iihara H, Fujii H, Yoshimi C, Kobayashi R, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Suzuki A. Prophylactic effect of scopolamine butylbromide, a competitive antagonist of muscarinic acetylcholine receptor, on irinotecan-related cholinergic syndrome. Cancer Chemother Pharmacol. 2019; 83: 393-398.
6. Matsuhashi N, Takahashi T, Fujii H, Iihara H, Suetsugu T, Iwata Y, Tajima JY, Imai T, Mori R, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K and Yoshida K. Preventive Effect and Safety of Pregabalin for FOLFOX-Related Peripheral Neurotoxicity in Patients with Advanced and Recurrent Colorectal Cancer: The Perpetual Study Estimated by United Sections in Gifu for Colorectal Cancer (Perseus CRC-01 Study). Clinics of Oncology. 2019; 1: 1-6.
7. Yamada Y, Ohno Y, Niwa T, Kato-Hayashi H, Hayashi H, Ibuka T, Araki H, Sugiyama T, Shimizu M, Suzuki A. Rapid attainment of target trough concentrations of tacrolimus for early improvement of clinical symptoms in patients with ulcerative colitis. J Clin Pharm Ther. 2019; 44: 409-414.
8. Ito-Takeichi S, Niwa T, Fujibayashi A, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Tsuchiya M, Yamamoto M, Hatakeyama D, Suzuki A, Baba H, Murakami N, Itoh Y. The impact of implementing an antifungal stewardship with monitoring of 1-3, β-D-glucan values on antifungal consumption and clinical outcomes. J Clin Pharm Ther. 2019; 44: 454-462.
9. Niwa T, Yonetamari J, Hayama N, Fujibayashi A, Ito-Takeichi S, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Tsuchiya M, Yamamoto M, Hatakeyama D, Hayashi H, Obara M, Sugiyama T, Baba H, Suzuki A, Murakami N. Clinical impact of matrix-assisted laser desorption ionization-time of flight mass spectrometry combined with antimicrobial stewardship interventions in patients with bloodstream infections in a Japanese tertiary hospital. Int J Clin Pract. 2019; 73(5): e13332.
10. Yamada Y, Fujii H, Ohata K, Kato-Hayashi H, Watanabe D, Ishihara D, Uemura S, Iwashita T, Imai H, Matsuhashi N, Takahashi T, Sugiyama T, Shimizu M, Yoshida K, Suzuki A. High total bilirubin level is a significant risk factor for severe neutropenia in patients receiving irinotecan-based chemotherapy. Med Oncol. 2019; 36(7): 63.
11. Hayashi H, Iihara H, Hirose C, Fukuda Y, Kitahora M, Kaito D, Yanase K, Endo J, Ohno Y, Suzuki A, Sugiyama T. Effects of Pharmacokinetics-related Genetic Polymorphisms on the Side Effect Profile of Afatinib in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer. Lung Cancer. 2019; 134: 1-6.
12. Iihara H, Shimokawa M, Gomyo T, Fujita Y, Yoshida T, Funaguchi N, Minato K, Kaito D, Osawa T, Yamada M, Hirose C, Suzuki A, Ohno Y. Clinical trial protocol of doublet therapy and olanzapine for carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with thoracic cancer: a multicenter phase II trial. BMJ Open. 2019; 9: e028056.
13. Horikawa Y, Suzuki A, Enya M, Hashimoto K, Nishida S, Kobayashi R, Ohashi, Yamazaki F, Totani R, Kobayashi H, Yamamoto M, Itoh Y, Takeda J. Evaluation of the Diabetes Regional Coordination Path using the Diabetes Coordination Notebook in community-based diabetes care. Diabetology International. 2019; 10: 188-197.
14. Shibata Y, Miyahara Y, Sadaka Y, Yasue M, Fujimura M, Soda M, Yamamoto M, Kato H, Suzuki A, Tsukamoto K, Hara T, Tsurumi H, Kitaichi K. Evaluation of the effectiveness of caspofungin against febrile neutropenia and the factors related to the alteration in its plasma concentration. J Infect Chemother. 2019; 25: 801-805.
15. Matsuhashi N, Takahashi T, Fujii H, Suetsugu T, Fukada M, Iwata Y, Tokumaru Y, Imai T, Mori R, Tanahashi T, Matsui S, Imai H, Tanaka Y, Yamaguchi K, Futamura M, Yoshida K. Combination chemotherapy with TAS-102 plus bevacizumab in salvage line treatment of metastatic colorectal cancer: A single center, retrospective study examining the prognostic value of the modified Glasgow Prognostic score in salvage-line therapy of metastatic colorectal cancer. Mol Clin Oncol. 2019; 11: 390-396.
16. Oda K, Okada H, Suzuki A, Tomita H, Kabayashi R, Sumi K, Suzuki K, Takada C, Ishihara T, Suzuki K, Kano S, Kondo K, Iwashita Y, Yano H, Zaikokuji R, Sampei S, Fukuta T, Kitagawa Y, Okamoto H, Watanabe T, Kawaguchi T, Kojima T, Deguchi F, Miyazaki N, Yamada N, Doi T, Yoshida T, Ushikoshi H, Yoshida S, Takemura G, Ogura S. Factors enhancing serum syndecan-1 concentrations: a large-scale comprehensive medical examination. J Clin Med. 2019; 8: 1320.
17. Yamada Y, Ohno Y, Kato Y, Kobayashi R, Hayashi H, Miyahara S, Nakane K, Mizutani K, Shigeaki Yokoi S, Fujii H, Iihara H, Ishihara T, Deguchi T, Sugiyama T, Suzuki A. Optimal dose of sunitinib for long-term treatment in Japanese patients with renal cell carcinoma. Cancer Chemother Pharmacol. 2019; 84: 987-992.
18. Shimada K, Hasegawa S, Nakao S, Mukai R, Matsumoto K, Tanaka M, Uranishi H, Masuta M, Nishida S, Shimizu S, Hayashi Y, Suzuki A, Nakamura M. Adverse event profile of ifosfamide-induced encephalopathy analyzed using the Food and Drug Administration Adverse Event Reporting System and the Japanese Adverse Drug Event Report databases. Cancer Chemother Pharmacol. 2019; 84: 1097-1105.
19. Hirose C, Iihara H, Funaguchi N, Endo J, Ito F, Yanase K, Kaito D, Sasaki Y, Gomyo T, Sakai C, Ohno Y, Suzuki A. Prophylactic effect of rikkunshito, an herbal medicine, for chemotherapy-induced nausea in thoracic cancer patients receiving carboplatin-based chemotherapy. Die Pharmazie. 2019; 74: 620-624.
20. Kato-Hayashi H, Niwa T, Ohata K, Harada S, Matsumoto T, Kitagawa J, Tsurumi H, Suzuki A. Comparative efficacy and safety of vancomycin versus teicoplanin in febrile neutropenic patients receiving hematopoietic stem cell transplantation. J Clin Pharm Ther. 2019; 44: 888-894.

1. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2019最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局 2019; 70: p167-172.南山堂
2. 安田浩二、鈴木昭夫(分担執筆).モデル・コアカリキュラムに沿った分かりやすい新実務実習テキスト 2019-2020.2019. じほう
3. 石原正志.特集・がん治療と薬物相互作用「ピットフォールに陥らないための基礎と実践」.薬局 2019; 70(7): p75-88.南山堂
4. 石原正志(分担執筆).Q&Aでわかるがん疼痛緩和ケア 第2版「オピオイドの副作用・相互作用」p243-250. 2019. じほう
5. 石原正志(分担執筆).臨床腫瘍薬学「神経膠腫」p302-310. 2019. じほう
6. 安田浩二、鈴木昭夫.院外処方せんへの検査値記載について.週刊 薬事新報 第311号:p7-10. 2019. 薬事新報社
7. 藤井宏典(分担執筆).がん化学療法レジメン管理マニュアル 第3版「大腸がん:FOLFOXIRI±BEV」p256-264.2019. 医学書院

別講演・ランチョンセミナー

1. 鈴木 昭夫.(ランチョンセミナー)「バイオシミラーの導入とフォーミュラリーの展開」 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2019 (2019年10月、名古屋)

ンポジウム

1. 飯原大稔、林秀樹、廣瀬智恵美、福田 純久、上森将吾、北洞美佳、佐藤幸奈、大澤友裕、垣内大蔵、柳瀬恒明、遠渡純輝、澤祥幸、大野康、杉山正、鈴木昭夫.臨床薬理学的解析に基づくアファチニブの治療効果改善と副作用軽減を目指した薬剤師主導型臨床研究.第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019年7月、京都) 2. 小林 亮.救急・集中治療領域における薬剤師の役割とチーム医療に基づく臨床研究の展開.日本集中治療医学会 東海北陸支部第3回支部学術集会 (2019年7月、浜松)
3. 林秀樹、飯原大稔、廣瀬智恵美、北洞美佳、佐藤幸奈、福田純久、上森将吾、大澤友裕、澤祥幸、大野康、鈴木昭夫、杉山正.薬学教育のなかでの臨床研究の試み~非小細胞肺がんにおける分子標的薬の臨床薬理研究~.第21回応用薬理シンポジウム (2019年9月、静岡)
4. 飯原大稔、遠渡純輝.症例検討「肺がん」(教育講座).第7回がん専門薬剤師アドバンスド研修会 (2019年10月、名古屋)
5. 林秀樹、飯原大稔、山下修司、鈴木昭夫、杉山正.薬学部教員としての臨床薬理研究と災害医療活動.第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (2019年10月、岐阜)
6. 藤井宏典、山田友奈美、飯原大稔、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫.UGT1A1遺伝子多型に基づくイリノテカンの有効性と安全性に関する検討.第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
7. 飯原大稔、大里洋一、陶山久司、守田亮、河添仁.Innovative cancer medical care by team science -The effects of psychological safety and Collaboration(チームサイエンスによる革新的ながん医療~心理的安全と協働による効果について~)(要望演題).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
8. 飯原大稔、藤井宏典、石原正志、廣瀬智恵美、大畑紘一、關谷久美子、北洞美佳、山本扇里、渡辺大地、左高史織、鈴木昭夫.岐阜大学病院の外来化学療法における副作用管理と生活の質の維持に対する薬剤師の貢献.第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
9. 林祐一、飯原大稔、鈴木昭夫.irAEに関する内科的理解と重篤なirAEに対する診断・治療.第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
10. 飯原大稔.免疫関連有害事象マネジメントへの薬剤師の取り組み ~岐阜大学医学部附属病院におけるチーム医療の実践 から~.第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)

会報告(海外)

1. Gomyo T, Iihara H, Hayashi H, Endo J, Ito F, Yanase K, Kaito D, Sasaki Y, Sakai C, Hirose C, Fukuda Y, Sugiyama T, Suzuki A, Ohno Y. Relationship between severity of adverse events of afatinib and its pharmacokinetics and pharmacogenomics for EGFR mutation-positive non-small cell lung cancer. American Thoracic Society International Conference 2019 (May 2019, Dallas)
2. Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hosina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y. A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial evaluating olanzapine 5mg combined with standard antiemetic therapy for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin based chemotherapy (J-FORCE study). ASCO Annual Meeting (May 2019, Chicago)
3. Iihara H, Shimokawa M, Hayashi T, Kawazoe H, Saeki T, Aiba K, Tamura K. A nationwide survey to investigate the incidence of CINV; a carboplatin-based analysis from the prospective registry by the CINV study group of Japan. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2019, San Francisco)
4. Abe M, Yanai T, Daga H, Takei D, Iwamoto Y, Minato K, Ueda H, Kitagawa K, Shinomiya M, Otobe E, Ariga H, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hosina Y, Tanaka K, Aoyama T, Shibata K, Tsuruta T, Hashimoto H. A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial evaluating olanzapine 5 mg and standard antiemetic therapy for preventing CINV caused by cisplatin-based chemotherapy : J-FORCE STUDY. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2019, San Francisco)
5. Minatogawa H, Izawa N, Kawaguchi T, Miyaji T, Yokomizo A, Horie Y, Shimomura K, Honda K, Morita H, Hida N, Tsuboya A, Tsuda T, Iihara H, Ohno Y, Yamaguchi T, Nakajima T. Phase III study of comparing dexamethasone on day 1 with day 1-4 with combined neurokinin-1 receptor antagonist, palonosetron and olanzapine in cisplatin-based chemotherapy: spared trial. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2019, San Francisco)
6. Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hoshina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y. A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin: J-FORCE Study. ESMO Congress 2019 (Sep 2019, Barcelona)
7. Hayashi T, Shimokawa M, Matsuo K, Iihara H, Nishimura J, Nakano T, Egawa T. Effectiveness of first-generation 5HT3 receptor antagonist plus dexamethasone plus aprepitant in controlling delayed chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients with colorectal cancer: a propensity score-matched analysis. ESMO Asia Congress 2019 (Nov 2019, Singapore)
8. Matsuo K, Shimokawa M, Hayashi T, Iihara H, Nakano T, EgawaT. Emetic risk of carboplatin plus pemetrexed is higher than that of carboplatin plus paclitaxel in patients with lung cancer: a propensity score-matched analysis. ESMO Asia Congress 2019 (Nov 2019, Singapore)

会報告(国内)

1. 志水真也、林祐一、西田承平、小林亮、鈴木昭夫.イホスファミド併用化学療法施行患者における中枢神経毒性の発現状況の検討.日本薬学会第139年会 (2019年3月、千葉)
2. 小林亮、山田紘嗣、山田悠人、鈴村祐司、鈴木昭夫.抗がん薬分解能を有する新規可視光応答型被膜の開発.日本薬学会第139年会 (2019年3月、千葉)
3. 山田悠人、石田将之、大野雄太、中根慶太、水谷晃輔、林秀樹、杉山正、鈴木昭夫. 腎細胞がん患者における副作用発現を回避したスニチニブ投与量の探索.第4回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 (2019年6月、静岡)
4. 上森将吾、林秀樹、飯原大稔、福田純久、廣瀬智恵美、北洞美佳、垣内太蔵、柳瀬恒明、遠藤純輝、大野康、鈴木昭夫、杉山正.非小細胞肺癌治療薬アファチニブの抗腫瘍効果と副作用重症度に対する血漿中濃度と関連遺伝子多型の影響.第4回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 (2019年6月、静岡)
5. 羽山希、山田悠人、林秀樹、三宅喬人、吉田省造、丹羽隆、鈴木昭夫、杉山正、小原道子.メトロニダゾール脳症が疑われた症例についての薬理遺伝学的考察.第4回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 (2019年6月、静岡)
6. 上森将吾、林秀樹、飯原大稔、福田純久、廣瀬智恵美、北洞美佳、柳瀬恒明、遠渡純輝、大野康、鈴木昭夫、杉山正.EGFRチロシンキナーゼ阻害薬アファチニブの血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が薬効と副作用重症度に及ぼす影響.医療薬学フォーラム2019/第27回クリニカルファーマシーシンポジウム (2019年7月、広島)
7. 中島和寿、橋本浩伸、駄賀晴子、武井大輔、妹尾啓司、藤田行代志、西村知恭、 國米由希、喜多川浩一、乾直輝、坂田幸雄、飯原大稔、全田貞幹、内富庸、山口拓洋、保科ゆかり、石川寛、矢内貴子、岩佐悟、安部正和.A phase III trial evaluating olanzapine 5mg combined with standard antiemetic therapy for cisplatin-based chemotherapy.第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019年7月、京都)
8. 近藤千紘、市成陽子、森田一、陶山久司、吉井由美、江面美緒、藤澤陽子、飯原大稔、苅谷三月、松本奈都美、中嶋早苗、大里洋一、寺崎史浩、山上睦実、二村学、佐治重衡、 Ueno T. Naoto.がんチーム医療ワークショップへの期待と課題.第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019年7月、京都)
9. 安部正和、矢内貴子、中尾將彦、武井大輔、阪田安彦、藤田行代志、西村知恭、松本知拓、飯原大稔、柴田和彦、全田貞幹、山口拓洋、橋本浩伸.シスプラチンを含む高度催吐性化学療法によるCINV予防に対する標準制吐療法+オランサピン5mgの有用性を検証するプラセボ対照二重盲検ランダム化第Ⅲ相比較試験.第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019年9月、青森)
10. 林稔展、下川元継、飯原大稔、松尾宏一、乾直輝、安部正和、橋本浩伸、沖田憲司、湊川紘子、小茂田昌代、西村潤一、山本信之、齊藤 光江.がん化学療法に対する制吐薬としてのオランザピンの使用実態調査(中間報告).第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019年9月、青森)
11. 木村沙織、池田朱里、一條萌乃、宮本航、尾関理恵、中川智之、大畑紘一、飯原大稔、齊藤光江、山田琴美、浅野俊彦、小茂田昌代.CINV対策充実を目指した電子患者日誌と薬学的管理システムの開発と実装予試験.第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019年9月、青森)
12. 西田承平、山田未知、原田紗希、下田浩欣、小林亮、鈴木昭夫.糖尿病患者における血糖コントロール悪化要因調査. 第25回糖尿病セミナー (2019年9月、岐阜) 13. 山田 紘嗣、小林 亮、志水 真也、山田 悠人、石田 将之、下田 浩欣、加藤 寛子、藤井 宏典、飯原 大稔、鈴木 昭夫.抗がん薬投与前に薬剤師が検査値チェックを行うことによる抗がん薬破棄件数の減少.第13回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム (2019年10月、岐阜)
14. 飯原大稔、下川元継、林稔展、河添仁、佐伯俊昭、相羽惠介、田村和夫. A nationwide survey to investigate the incidence of chemotherapy-induced nausea and vomiting; a carboplatin-based analysis from the prospective registry by the CINV study group of Japan(カルボプラチンに伴う悪心・嘔吐に関する多施設共同観察研究-日本CINV研究グループ-).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
15. 林秀樹、飯原大稔、廣瀬智恵美、福田純久、上森将吾、北洞美佳、垣内大蔵、柳瀬恒明、遠渡純輝、大野康、鈴木昭夫、杉山正. Effects of
Pharmacokinetics-related Genetic Polymorphisms on the Efficacy and the Side Effect Profile of Afatinib in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer(アファチニブの抗腫瘍効果と副作用に対する血漿中濃度と動態関連遺伝子多型の影響).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)【優秀演題】
16. 橋本浩伸、駄賀晴子、水谷英明、水上皓喜、湊浩一、上田弘樹、平野勝也、喜多川浩一、岡村純、坂田幸雄、飯原大稔、澁谷祐一、鈴木賢一、柴田和彦、安部正和. A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg combined with standard antiemetic therapy for cisplatin (J-FORCE)(標準制吐療法へのオランザピン5mg 上乗せを評価する第III 相試験(J-FORCE)).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)【優秀演題】
17. 藤井宏典、松橋延壽、高橋孝夫、北洞美佳、飯原大稔、鈴木昭夫、吉田和弘. Bevacizumab in combination with TAS-102 improves clinical outcomes in patients with refractory metastatic colorectal cancer: A retrospective study(転移性大腸癌患者におけるTAS-102に対するBmab併用の有効性及び安全性に関する検討).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
18. 廣瀬智恵美、藤井宏典、石原正志、飯原大稔、加藤寛子、大畑紘一、関谷久美子、北洞美佳、鈴木昭夫. Association between the quality of life assessed by EQ-5D-5L and adverse events in outpatients receiving cancer chemotherapy(外来がん化学療法を受けた患者におけるQOLと有害事象の関連).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
19. 山田友奈美、藤井宏典、渡辺大地、加藤寛子、大畑紘一、小林亮、上村真也、岩下拓司、清水雅仁、鈴木昭夫. mFOLFIRINOXが施行された進行膵癌患者における重篤な好中球減少と臨床効果との関連 (2019年10月、福岡)
20. 志水真也、林祐一、西田承平、藤井宏典、小林亮、鈴木昭夫. イホスファミド投与患者における中枢神経症状発現のリスク因子に関する検討 (2019年10月、福岡) 21. 近藤千紘、市成陽子、森田一、陶山久司、吉井由美、江面美緒、藤澤陽子、飯原大稔、苅谷三月、中嶋早苗、大里洋一、寺崎史浩、二村学、佐治重衡、上野直人. Future job type challenges for TeamOncology workshop(チームオンコロジーワークショップの職種別課題).第57回日本癌治療学会学術集会 (2019年10月、福岡)
22. 原田紗希、丹羽隆、星野佑介、伊藤朱里、藤林彩里、鈴木昭夫. ボリコナゾール注射剤から経口剤への変更による血中濃度推移の評価. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
23. 藤井宏典、廣瀬智恵美、石原正志、飯原大稔、加藤寛子、大畑紘一、関谷久美子、北洞美佳、鈴木昭夫. 外来がん化学療法において患者のQOLに影響を及ぼす有害事象の解析と薬学的介入によるQOL改善効果について. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
24. 北洞美佳、藤井宏典、廣瀬智恵美、山田友奈美、渡辺大地、飯原大稔、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫. 転移性大腸癌患者に対するTAS-102療法におけるBevacizumab併用の有無による臨床効果に関する後ろ向き観察研究. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
25. 國府田真綾、藤井宏典、廣瀬智恵美、大畑紘一、林秀樹、杉山正、鈴木昭夫. 外来膵癌化学療法における有害事象の発現とQOL低下に関する検討. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
26. 鈴木景子、藤井宏典、山内智代、加藤寛子、石原正志、飯原大稔、安田浩二、伊野陽子、玉木啓文、山下修司、井口和弘、野田義紘、寺町ひとみ、鈴木昭夫. 炎症性腸疾患患者に対する経口5-ASA製剤のアドヒアランスに関する検討~薬局・病院間の薬薬連携を通して~. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
27. 渡辺大地、藤井宏典、山田友奈美、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫. 腎機能低下がオキサリプラチンの有効性および安全性に与える影響. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
28. 大畑紘一、藤井宏典、左高史織、山田友奈美、加藤寛子、上村真也、岩下拓司、清水雅仁、鈴木昭夫. 高用量イリノテカンが投与された患者における重篤な好中球減少と血清ビリルビンに関する検討. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
29. 志水真也、林祐一、西田承平、藤井宏典、小林亮、鈴木昭夫. 肝・腎機能低下がイホスファミド関連中枢神経症状発現へ与える影響についての検討. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)
30. 左高史織、大畑紘一、加藤寛子、藤井宏典、飯原大稔、上村真也、岩下拓司、清水雅仁、鈴木昭夫. 膵癌患者におけるGEM+nab-PTX療法誘発悪心の要因解析に関する研究. 第29回日本医療薬学会年会 (2019年11月、福岡)

1. 《Best of ASCO》
Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hosina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y. A randomized, double-blind, placebo-controlled phase III trial evaluating olanzapine 5mg combined with standard antiemetic therapy for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin based chemotherapy (J-FORCE study) . ASCO Annual Meeting (May 2019, Chicago)
2. 《優秀ポスター賞》
山田悠人、石田将之、大野雄太、中根慶太、水谷晃輔、林秀樹、杉山正、鈴木昭夫. 腎細胞がん患者における副作用発現を回避したスニチニブ投与量の探索.第4回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 (2019年6月、静岡)
3. 《優秀ポスター賞》
上森将吾、林秀樹、飯原大稔、福田純久、廣瀬智恵美、北洞美佳、垣内太蔵、柳瀬恒明、遠藤純輝、大野康、鈴木昭夫、杉山正.非小細胞肺癌治療薬アファチニブの抗腫瘍効果と副作用重症度に対する血漿中濃度と関連遺伝子多型の影響.第4回日本臨床薬理学会 東海・北陸地方会 (2019年6月、静岡)
4. 《優秀発表賞》
羽山希、丹羽隆、藤林彩里、伊藤朱里、鈴木景子、馬場尚志、林 秀樹、鈴木昭夫、村上啓雄、杉山正、小原道子. 質量分析計による革新的菌種同定法を用いた迅速な抗菌薬決定と臨床アウトカムの改善.第65回日本薬学会 東海支部大会 (2019年7月、名古屋)
5. 《優秀演題賞》
安部正和、矢内貴子、中尾將彦、武井大輔、阪田安彦、藤田行代志、西村知恭、松本知拓、飯原大稔、柴田和彦、全田貞幹、山口拓洋、橋本浩伸. シスプラチンを含む高度催吐性化学療法によるCINV予防に対する標準制吐療法+ オランサピン5mgの有用性を検証するプラセボ対照二重盲検ランダム化第Ⅲ相比較試験. 第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019年9月、青森)
6. 《Best Poster ESMO Congress 2019》
Hashimoto H, Abe M, Nakao M, Mizutani H, Sakata Y, Fujita Y, Nishimura T, Hirano K, Okada H, Inui N, Sakata Y, Iihara H, Zenda S, Uchitomi Y, Yamaguchi T, Hoshina Y, Yanai T, Iwasa S, Yamamoto N, Ohe Y. A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving cisplatin: J-FORCE Study. ESMO Congress 2019 (Sep 2019, Barcelona)
7. 《優秀演題賞》
林秀樹、飯原大稔、廣瀬智恵美、福田純久、上森将吾、北洞美佳、垣内大蔵、柳瀬恒明、遠渡純輝、大野康、鈴木昭夫、杉山正. Effects of Pharmacokinetics-related Genetic Polymorphisms on the Efficacy and the Side Effect Profile of Afatinib in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer(アファチニブの抗腫瘍効果と副作用に対する血漿中濃度と動態関連遺伝子多型の影響). 第57回日本癌治療学会学術集会(2019年10月、福岡)
8. 《優秀演題賞》
橋本浩伸、駄賀晴子、水谷英明、水上皓喜、湊浩一、上田弘樹、平野勝也、喜多川浩一、岡村純、坂田幸雄、飯原大稔、澁谷祐一、鈴木賢一、柴田和彦、安部正和. A phase III trial evaluating olanzapine 5 mg combined with standard antiemetic therapy for cisplatin (J-FORCE)(標準制吐療法へのオランザピン5mg上乗せを評価する第III相試験(J-FORCE)). 第57回日本癌治療学会学術集会(2019年10月、福岡)

学研究費助成金

1. [代表者]轟木堅一郎、[分担者]池袋一典、橋本博、林秀樹、鈴木昭夫:科学研究補助金基盤研究(B) (19H03360):抗体特異的な核酸アプタマーの創出とバイオ・プロセス・クリニカルアナリシスへの活用;平成31-34年度
2. [代表者]塚田敬義、[分担者]村上啓雄、鈴木昭夫、谷口泰弘:科学研究補助金基盤研究(C) (19K10530):がん化学療法における適応外使用の新規審査アルゴリズムの開発;平成31-33年度
3. 石原正志:科学研究費奨励研究(19H00361):オピオイド誘発性便秘に対するナルデメジンの投与法の確立に関する研究.500千円
4. 鈴木景子:科学研究費奨励研究(19H00425):集中治療領域における内皮グリコカリックスの障害が抗菌薬の薬物動態に及ぼす影響.510千円

道関係

1. 藤井宏典、丹羽隆、鈴木昭夫.ASTと外来癌化学療法でエビデンスに基づく処方提案の実践.Innovative Pharmacist VOL. 4、2019

2018年

著論文(英文)

1. Hayashi Y, Shibata H, Kudo T, Nishida S, Ishikawa R, Moriya C, Suzuki A, Kimura A, Inuzuka T. Drug-induced pressure ulcers in a middle-aged patient with an early-stage Parkinson’s disease. Internal Medicine. 57: 1483-1486, 2018.
2. Nawa-Nishigaki M, Kobayashi R, Suzuki A, Hirose C, Matsuoka R, Mori R, Futamura M, Sugiyama T, Yoshida K, Itoh Y. Control of nausea and vomiting in patients receiving anthracycline/cyclophosphamide chemotherapy for breast cancer. Anticancer Res. 38: 877-884, 2018.
3. Todo M, Ueda S, Osaki A, Sugitani I, Takahashi T, Takahashi M, Makabe H, Saeki T, Itoh Y. Improvement of treatment outcomes after implementation of comprehensive pharmaceutical care in breast cancer patients receiving everolimus and exemestane. Pharmazie. 73: 110-114, 2018.
4. Nishida S, Hayashi Y, Suzuki A, Kobayashi R, Inuzuka T, Itoh Y. Relationship between number of drugs and duration of hospital stay in elderly patients with neuromuscular diseases. Geriatr Gerontol Int. 18: 1018-1024, 2018.
5. Hirose S, Matsuura K, Kato-Hayashi H, Suzuki A, Ohata K, Kobayashi R, Ibuka T, Araki H, Shimizu M, Itoh Y. Gastrointestinal bleeding associated with chronic excessive use overdosing with topical ketoprofen patch in elderly patient. Scand J Gastroenterol. 53: 120-123, 2018.
6. Ohno Y, Niwa T, Hirai K, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi Y, Hayashi H, Suzuki A, Itoh Y. Time-dependent decline in serum phenytoin concentration with heightened convulsive seizure risk by prolonged administration of fosphenytoin in Japanese: a retrospective study. The Drug Monit. 40: 507-511, 2018.
7. Funato M, Ozeki M, Suzuki A, Ishihara M, Kobayashi R, Fukao T, Ioth Y. Prophylactic effect of polaprezinc, a zinc-L-carnosine, against chemotherapy-induced oral mucositis in pediatric patients undergoing autologous stem cell transplantation. Anticancer Res. 38: 4691-4697, 2018.
8. Suzuki K, Okada H, Okamoto H, Suzuki A, Suzuki K, Yamada Y, Hayashi H, Yasuda R, Fukuta T, Kitagawa Y, Miyake T, Watanabe T, Doi T, Kumada K, Ushikoshi H, Yoshida S, Sugiyama T, Itoh Y, Ogura S. Effect of High-Flow High-Volume-Intermittent Hemodiafiltration on Metformin-Associated Lactic Acidosis with Circulatory Failure. J Med Case Rep. 29: 280, 2018.
9. Fujii H, Hirose C, Ishihara M, Iihara H, Imai H, Matsuhashi N, Takahashi T, Yamaguchi K, Yoshida K, Suzuki A. Improvement of dysgeusia by polaprezinc, a zinc-L-carnosine, in outpatients receiving cancer chemotherapy. Anticancer Res. 36: 6367-6373, 2018.
10. Yamada Y, Fujii H, Watanabe D, Kato-Hayashi H, Ohata K, Kobayashi R, Uemura S, Iwashita T, Shimizu M, Suzuki A. Severe neutropenia is associated with better clinical outcomes in patients with advanced pancreatic cancer who received modified FOLFIRINOX therapy. Cancers. 10: 454, 2018.
11. Fujibayashi A, Niwa T, Tsuchiya M, Takeichi S, Suzuki K, Ohta H, Niwa A, Yamamoto M, Hatakeyama D, Baba H, Suzuki A, Murakami N, Itoh Y. Antimicrobial stewardship intervention for the clinical pathways improves the appropriateness of the surgical antimicrobial prophylaxis in surgical or non-surgical invasive therapies. Int J Clin Pract. e13293, 2018

1. 飯原大稔(分担執筆).がん薬物療法副作用管理マニュアル「薬剤性肺障害」p181-195.医学書院、2018
2. 飯原大稔、伊藤善規(分担執筆).医薬品副作用アセスメント(日本医薬品安全性学会監修).「発がん性が高い医薬品と取扱い」p29-34.南山堂、2018
3. 丹羽隆、村上啓雄.AMR対策につながる抗菌薬の使い方実践ガイド:第1章 AMR対策のために知っておきたいこと、6 抗菌薬使用モニタリングの方法と活用のコツ.月刊薬事1月臨時増刊号60:p222-22、2018

説等

1. 星野良、石原正志、船渡三結、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬による便秘の予防薬としての緩下剤の有用性評価.医薬ジャーナル 54:319-323、2018
2. 林祐一、鈴木昭夫.医師・薬剤師協働による患者中心のポリファーマシー対策:神経筋疾患.月刊薬事 60:2054-2058、2018
3. 石原正志、飯原大稔.いざというときのために知っておきたいオンコロジーエマージェンシー:過敏症反応、アナフィラキシーショック.月刊薬事 60:627-633.じほう、2018
4. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2018最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局 69:145-152.南山堂、2018
5. 小林亮、飯原大稔、鈴木昭夫.特集「薬剤師が貢献する乳がん診療と臨床研究の最前線」薬剤師による副作用マネジメント:制吐療法.乳癌の臨床 33:207-218.篠原出版新社、2018

別講演・ランチョンセミナー

1. 西田承平.「糖尿病の療養指導について」 第176回揖斐郡薬剤師会研修会(2018年2月、岐阜)
2. 丹羽隆.(教育講演)「抗菌薬適正使用を推進する-理論と実践-」 第1回鳥取県感染制御薬剤師セミナー (2018年3月、米子)

ンポジウム

1. 小林亮.慢性疼痛の薬物治療に対する薬剤師の関わり.第47回日本慢性疼痛学会 (2018年2月、大阪)
2. 丹羽隆、馬場尚志、村上啓雄.効果的な抗菌薬適正使用支援を押し進めるために必要なエレメントは? 多職種で行う抗菌薬適正使用支援の推進.第33回日本環境感染学会総会・学術集会 (2018年2月、品川)
3. 飯原大稔.大学病院における Oncology Pharmacist の育成.日本臨床腫瘍薬学会学術大会2018 (2018年3月、横浜)
4. 西田承平.多職種連携によるポリファーマシー解決に向けた臨床研究の展開.第4回医薬品安全性学会 (2018年8月, 岡山)
5. 鈴木昭夫.薬剤師のための漢方講座「薬剤師が知っておくべき漢方知識」がん化学療法における支持療法としての漢方薬の使い方.第35回和漢医薬学会学術大会 (2018年9月,岐阜)
6. 飯原大稔.(教育セミナー) 最新のエビデンスに基づくがん化学療法制吐対策~ガイドラインの改定を踏まえて~.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月, 福岡)
7. 藤井宏典.食道癌および胃癌患者におけるシスプラチン誘発悪心に関する研究~用量検索を含めたリスク因子解析~.東海北陸ブロック Oncology Pharmacist Cpmmunity Forum 2018 (2018年9月、愛知)
8. 鈴木昭夫.がん治療研究の新展開:薬物動態と副作用の制御.日本薬学会東海支部 合同学術大会2018 (2018年11月、静岡)
9. 林祐一、西田承平、鈴木昭夫.進化するポリファーマシー対策~患者中心のポリファーマシー対策を考える~.第28回日本医療薬学会年会 (2018年11月、神戸

会報告(海外)

1. Abe M, Iihara H, Shimokawa M, Hayasaki Y, Fujita Y, Kanuma T, Matsuoka R, Sakurai M, Morishige KI. A open-label, multicenter, phase II study evaluating 5mg olanzapine combined with standard antiemetic triplet therapy for prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in gynecologic patients. The 17th Biennial Meeting of the International Gynecologic Cancer Society (Sep 2018, Kyoto)
2. Iihara H, Shimokawa M, Abe M., Hayasaki Y, Fujita Y, Nagasawa Y, Sakurai M, Suzuki A, Morishige KI. Triplet antiemetic therapy and 5mg olanzapine for carboplatin-induced nausea and vomiting in patients with gynecologic cancer: a multicenter phase II study. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2018, Vienna)
3. Iihara H, Shimokawa M, Ishihara M, Gomyo T, Fujita Y, Yoshida T, Funaguchi N, MinatoK, Kaito D, Osawa T, Yamada M, Ohno Y. Combination of doublet therapy and 5mg of olanzapine for prevention of carboplatin-induced nausea and vomiting in thoracic cancer patients: a multicenter phase II study. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (Jun 2018, Vienna)
4. Fukuda Y, Hayashi H, Iihara H, Mizusaki N, Hirose C, Yanase K, Ohno Y, Itoh Y, Sugiyama T, Obara M. Effect of Afatinib plasma levels and pharmacokinetics-related genetic polymorphisms on the degree of side effects in patients with non-small cell lung cancer. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Jul 2018, Kyoto)
5. Yamada Y, Niwa T, Katoh H, Suzuki A, Ibuka T, Araki H, Hayashi H, Shimizu M, Itoh Y, Sugiyama T. Rapid attainment to target trough concentrations of tacrolimus for early improvement of clinical symptoms in patients with ulcerative colitis. The 18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology (Jul 2018, Kyoto)
6. Nishida S, Hayashi Y, Hirai K, Kobayashi R, Niwa T, Hayashi H, Sugiyama T, Shimohata T, Suzuki A. The effect of plasma exchange therapy on the concentration of fosphenytoin in the blood. 16th Asian Oceania congress of neurology (Nov 2018, Soul)

会報告(国内)

1. 加藤寛子、大畑紘一、山内智世、丹羽隆、中村信彦、中村博、二宮空暢、北川順一、鈴木昭夫、鶴見寿、伊藤善規.造血幹細胞移植後の発熱性好中球減少症に対するVCMとTEICの有用性と安全性の検討.第40回日本造血細胞移植学会総会 (2018年2月、札幌)
2. 福田純久、林秀樹、飯原大稔、水崎直樹、廣瀬智恵美、柳瀬恒明、大野康、伊藤 善規、杉山 正、小原 道子.非小細胞肺癌患者におけるEGFR チロシンキナーゼ阻害薬の血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が副作用重症度に及ぼす影響.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)
3. 小林亮、名和美奈子、廣瀬智恵美、松岡梨恵、鈴木昭夫、森龍太郎、二村学、杉山正、吉田和弘、伊藤善規.乳癌アントラサイクリン/シクロホスファミド併用療法に対する制吐対策としてのオランザピンの有効性の評価.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)
4. 鈴木景子、吉田省造、小林亮、鈴木昭夫、丹羽隆、土井智章、馬場尚志、村上啓雄.救急・集中治療領域におけるテイコプラニン初期投与設計に影響を及ぼす要因の解析.第66回日本化学療法学会学術集会 (2018年6月、岡山)
5. 飯原大稔、下川元継、佐伯俊昭、相羽惠介、田村和夫.カルボプラチン含有レジメンに伴う悪心・嘔吐の観察研究:がん治療とCINV研究会による多施設共同観察研究のサブグループ解析.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月、福岡)
6. 遠藤咲智子、木村沙織、池田朱里、一條萌乃、宮本航、小石典子、矢田目麻衣、山中亜祐美、尾関理恵、飯原大稔、齊藤光江、中野博文、小茂田昌代.地域包括ケアにおける薬剤師の処方提案を支援するアカデミック・ディテーリング支援システムの構築.第3回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2018年9月、福岡)
7. 熊田恵介、佐藤泰昌、岡田英志、内藤順子、松本淳、安田浩二.高度救命救急センターにおける漢方薬処方の実態調査.第48回日本東洋医学会東海支部学術総会 (2018年11月、名古屋)
8. 藤林彩里、丹羽隆、羽山希、鈴木景子、林秀樹、小原道子、馬場尚志、鈴木昭夫、村上啓雄.MALDI-TOF/MS導入による抗菌薬適正使用支援の強化がもたらす血液培養陽性例の臨床アウトカムへの効果.第66回日本化学療法学会西日本支部総会 (2018年11月、鹿児島)
9. 渡辺大地、藤井宏典、山田友奈美、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫.オキサリプラチンが投与された大腸癌患者における腎機能低下と副作用発現との関連. 第28回日本医療薬学会年会(2018年11月、神戸)
10. 廣瀬智恵美、藤井宏典、石原正志、飯原大稔、今井寿、松橋延壽、高橋孝夫、山口和也、吉田和弘、鈴木昭夫.がん化学療法誘発性味覚障害に対するポラプレジンクの有効性に関する検討. 第28回日本医療薬学会年会(2018年11月、神戸)
11. 山田友奈美、藤井宏典、渡辺大地、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、鈴木昭夫.大腸癌患者におけるUGT1A1遺伝子多型に基づくイリノテカンの用量設定に関する検討. 第28回日本医療薬学会年会(2018年11月、神戸)
12. 大畑紘一、加藤寛子、山内智世、小林亮、松本拓郎、中村信彦、北川順一、兼村信宏、清水雅仁、鈴木昭夫. 末梢血幹細胞移植において目標数のCD34陽性細胞が採取できない要因に関する検討. 第28回日本医療薬学会年会(2018年11月、神戸)
13. 西田承平、林祐一、平井啓太、小林亮、丹羽隆、林秀樹、杉山正、下畑享良、鈴木昭夫.血漿交換がホスフェニトインの血中濃度に及ぼす影響.第28回日本医療薬学会(2018年11月、神戸)

1. 《学生優秀発表賞》
福田純久、林秀樹、飯原大稔、水崎直樹、廣瀬智恵美、柳瀬恒明、大野康、伊藤善規、杉山正、小原道子.非小細胞肺癌患者におけるEGFR チロシンキナーゼ阻害薬の血漿中濃度と動態関連遺伝子多型が副作用重症度に及ぼす影響.日本薬学会第138年会 (2018年3月、金沢)
2. 《日本化学療法学会西日本支部支部長賞》
藤林彩里、丹羽隆、羽山希、鈴木景子、林秀樹、小原道子、馬場尚志、鈴木昭夫、村上啓雄.MALDI-TOF/MS導入による抗菌薬適正使用支援の強化がもたらす血液培養陽性例の臨床アウトカムへの効果.第66回日本化学療法学会西日本支部総会 (2018年11月、鹿児島)

道関係

1. 丹羽隆、鈴木昭夫.「抗菌薬適正使用の支援・推進における薬剤師の活動~岐阜大学医学部附属病院 薬剤部の取り組み~」.Pallette Vol.108
2. 丹羽隆、鈴木昭夫.「感染制御専門薬剤師が感染症専門医と協力して推し進める抗菌薬適正使用の2つの取り組み」.PHARMACIST VIEW Vol. 27

2017年

著論文(英文)

1. Yoshida S, Suzuki A, Ohmori T, Niwa T, Okada H, Suzuki K, Kobayashi R, Doi T, Kitaichi K, Matuura K, Murakami N, Ogura S and Itoh Y. A simplified chart for determining the initial loading dose of teicoplanin in critically ill patients. Die
Pharmazie. 72: 53-57. 2017.
2. Harada S, Suzuki A, Nishida S, Kobayashi R, Tamai S, Kumada K, Murakami N, Itoh Y. Reduction of medication errors related to sliding scale insulin by introduction of a standardized order sheet. J Eval Clin Pract. 23: 582-585. 2017.
3. Imai H, Kaira K, Naruse I, Hayashi H, Iihara H, Kita Y, Mizusaki N, Asao T, Itoh Y, Sugiyama T, Minato K, Yamada M. Successful afatinib treatment of advanced non-small-cell lung cancer patients undergoing hemodialysis. Cancer Chemother Pharmacol. 79: 209-213. 2017.
4. Hayashi H, Suzuki A, Ohata K, Ishihara M, Kubota Y, Kobayashi R, Shibata Y, Nakamura H, Nakamura N, Kitagawa J, Tsurumi H, Shimizu M and Itoh Y. Control of constipation in patients receiving CHOP or CHOP-like chemotherapy regimens for non-Hodgkin's lymphoma. Biol. Pharm. Bull. 40: 698-702. 2017.
5. Yoshida S, Suzuki K, Suzuki A, Okada H, Niwa T, Kobayashi R, Murakami N, Ogura S and Itoh Y. Risk factors for the failure of treatment of Pseudomonas aeruginosa bacteremia in critically ill patients. Die Pharmazie. 7 (7453): 428-32. 2017.
6. Soda M, Fujitani M, Michiuchi R, Shibayama A, Kanamori K, Yoshikuni S, Ohno Y, Tsuchiya T, Suzuki A, Horie K, Deguchi T, Itoh Y and Kitaichi K. Association between tacrolimus pharmacokinetics and CYP3A5 and MDR1 exon 21 polymorphisms. Transplantat Proc. 49: 1492-98. 2017.
7. Furukawa C, Fujii N, Matsunaga T, Endo S, Hasegawa H, Itoh Y, Yamaguchi M, Yamazaki Y, Ikari A. Up-regulation of transient receptor potential melastatin 6 channel expression by tumor necrosis factor-alpha in the presence of epidermal growth factor receptor tyrosine kinase inhibitor. J Cell Physiol. 232: 2841-50, 2017.
8. Kaito D, Iihara H, Funaguchi N, Endo J, Ito F, Yanase K, Toyoshi S, Sasaki Y, Hirose C, Arai N, Kitahora M, Ohno Y, Itoh Y, Minatoguchi S. Efficacy of Single-dose First-generation 5-HT3 Receptor Antagonist and Dexamethasone for Preventing Nausea and Vomiting Induced by Low-dose Carboplatin-based Chemotherapy. Anticancer Res. 37: 1965-70, 2017.
9. Hayashi Y, Godai A, Yamada M, Yoshikura N, Harada N, Koumura A, Kimura A, Okayasu S, Matsuno Y, Kinosada Y, Itoh Y, Inuzuka T. Reduction in the numbers of drugs administered to elderly in-patients with polypharmacy by a multidisciplinary review of medication using electronic medical records. Geriat Gerontol Int. 17: 653-658, 2017.
10. Ohno Y, Otsuka Y, Nohara M, Furihata T, Kuse Y, Itoh Y, Hara H, Anzai N. Characterization of an L-carnitine transport system in murine photoreceptor cell line. Biol Pharm Bull. 40: 2110-2116, 2017.
11. Fujii H, Iihara H, Kajikawa N, Kobayashi R, Suzuki A, Tanaka Y, Yamaguchi K, Yoshida K, Itoh Y. Control of nausea based on risk analysis in patients with gastrointestinal cancer who received cisplatin-based chemotherapy. Anticancer Res. 37: 6831-6837, 2017.
12. Soda M, Ito S, Matsumaru N, Nakamura S, Nagase I, Takahashi H, Ohno Y, Yasuda M, Yamamoto M, Tsukamoto K, Itoh Y, Deguchi T, Kitaichi K. Evaluation of the microbiological efficacy of a single 2-g dose of an extended-release azithromycin by population pharmacokinetics and simulation in Japanese patients with gonococcal urethritis. Antimicrob Agent Chemother 2017: 62. pii: e01409-17. doi: 10.1128/AAC.01409-17.

著論文(和文)

1. 安西将大、香村彰宏、林祐一、西田承平、犬塚貴.ウレアーゼ産生菌の尿路感染から高アンモニア血症を来した1例―薬剤性の尿閉が一因となり意識障害を来したパーキンソン病症例.日本老年医学会雑誌 54:560-566、2017

説等

1. 原田紗希、西田承平、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.インスリンスライディングスケールに関連したメディケーションエラーとその改善への取り組み.医薬ジャーナル 53:687-692、2017
2. 飯原大稔、吉見千明.メイン特集・2017年版がん患者指導にそのまま使える最新の注目薬51「がん化学療法の注目薬:殺細胞性抗がん薬、免疫チェックポイント阻害薬」.プロフェッショナルがんナーシング 7:32-40.MCメディカ出版、2017
3. 藤井宏典、飯原大稔.特集・Evidence Update 2017最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局 68:127-132.南山堂、2017
4. 藤井宏典、飯原大稔.特集・挫瘡と挫瘡様皮疹のマネジメント-薬物療法の最前線と実践のポイント-「挫瘡様皮疹を考慮したがん化学療法における薬学的管理の実践」.薬局 68:456-464.南山堂、2017
5. 安田浩二、鈴木昭夫、塚田敬義、村上啓雄、伊藤善規.<特集>医薬品の禁忌・適応外使用「岐阜大学医学部附属病院における対応」.医薬ジャーナル 53:125-132、2017
6. 石田将之、加藤寛子、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.がん治療時の口内炎予防薬としてのポラプレジンク含有トローチ剤の有用性.医薬ジャーナル 53:145-150、2017

別講演・ランチョンセミナー

1. 石原正志.(特別講演)「緩和ケアにおける便秘治療のエッセンス」 がん疼痛治療特別セミナー in KUMAMOTO (2017年2月、熊本)
2. 石原正志.(ランチョンセミナー)「緩和ケアにおける便秘治療のエッセンス」 第1回鹿児島県病院薬剤師学術集会 (2017年2月、鹿児島)
3. 石原正志.薬剤師による研究のススメ 「制酸剤が酸化マグネシウムによるオピオイド鎮痛薬の便秘予防効果に及ぼす影響」 日本医療薬学会 第5回がん専門薬剤師全体会議2017 (2017年5月、大阪)
4. 伊藤善規.(特別講演)「岐阜大学医学部附属病院における医療安全への取り組み」 第44回香川県臨床薬剤師研修会 (2017年7月、高松)
5. 丹羽隆.「Antimicrobial stewardshipの実践とその評価」Pharmaceutical Care Forum Mie (2017年10月、四日市)
6. 丹羽隆.「Antimicrobial stewardshipの実践とアウトカム」広島感染制御薬剤師セミナー基礎コース (2017年10月、広島)

ンポジウム

1. 吉見千明.AYA世代のがん患者が抱える問題点~サバイバー薬剤師からのメッセージ~.日本臨床腫瘍薬学会2017 (2017年3月、新潟)
2. 飯原大稔.がん専門薬剤師になるための50症例 書き方.第9回日本がん薬剤学会学術大会 (2017年5月、大阪)
3. 石原正志.オピオイドによる便秘に対する予防的緩下剤投与の有効性と注意点について.日本緩和医療薬学会2017 (2017年6月、札幌)
4. 石原正志.緩和ケアにおける便秘に対する緩下剤の使用方法.日本緩和医療薬学会2017 (2017年6月、札幌)
5. 飯原大稔.岐阜大学医学部附属病院におけるチーム医療を実践した肺癌化学療法への薬剤師の取り組み.第58回日本肺癌学会学術集会 (2017年10月,横浜)

会報告(海外)

1. Nishida S, Suzuki A, Hayashi Y, Kobayashi R, Inuzuka I, Itoh Y. A study for drugs with increased risk for worse clinical outcomes in elderly patients receiving multi-drug therapy. 77th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences (Sep 2017 Seoul, Korea)
2. Hayashi Y, Nishida S, Tamai S, Suzuki A, Kimura A, Itoh Y, Inuzuka T. Necessity of a drug-related item in a geriatric inpatient fall assessment tool. 77th FIP World Congress of Pharmacy and Pharmaceutical Sciences (Sep 2017 Seoul, Korea)

会報告(国内)

1. 原田紗希、西田承平、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.薬物療法に関する糖尿病教室の意義と治療効果に与える影響.日本薬学会第137年会 (2017年3月、仙台) 2. 山田紘嗣、小林亮、鈴村祐司、上野隆弘、鈴木昭夫、伊藤善規.新規可視光応答型被膜による抗がん剤の分解効果の検討.臨床腫瘍薬学会2017学術大会 (2017年3月、新潟)
3. 西田承平、林祐一、吉見千明、小林亮 、鈴木昭夫、犬塚貴、伊藤善規.神経内科病棟において有害事象の発現が入院期間に及ぼす影響.日本老年医学会 第59回学術集会 (2017年6月、名古屋)
4. 船渡三結、石原正志、小林亮、鈴木昭夫、小関道夫、深尾敏幸、伊藤善規.小児患者における造血幹細胞移植前化学療法に伴う口内炎に対するポラプレジンクの予防効果.日本緩和医療薬学会2017 (2017年6月、札幌)
5. 星野良、石原正志、船渡三結、小林 亮、鈴木昭夫、伊藤善規.オピオイド鎮痛剤による便秘予防薬として有用な緩下剤処方に関する検討.第25回医療薬学フォーラム2017 (2017年7月、鹿児島)
6. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、小林亮、鈴木昭夫、田中善弘、山口和也、吉田和弘、伊藤善規.悪心のコントロール不良を及ぼすシスプラチンの用量決定に関する検討.第27回日本医療薬学会年会 (2017年11月、千葉)
7. 竹市朱里、丹羽隆、鈴木景子、藤林彩里、太田浩敏、中山麻美、土屋麻由美、山本昌代、畠山大二郎、鈴木昭夫、村上啓雄、伊藤善規.抗真菌薬注射剤が投与された全患者への適正使用介入による臨床アウトカム評価.第27回日本医療薬学会年会 (2017年11月、千葉)
8. 藤林彩里、丹羽隆、竹市朱里、鈴木景子、太田浩敏、中山麻美、土屋麻由美、山本昌代、畠山大二郎、鈴木昭夫、村上啓雄、伊藤善規.カルバペネム系抗菌薬投与患者における抗菌薬監視体制の臨床アウトカム評価.第27回日本医療薬学会年会 (2017年11月、千葉)
9. 西田承平、林祐一、鈴木昭夫、小林亮、吉見千明、犬塚貴、伊藤善規.神経内科病棟における高齢患者のポリファーマシー対策について.第27回日本医療薬学会 (2017年11月、千葉)
10. 飯原大稔、林秀樹、水崎直樹、廣瀬智恵美、大野康、杉山正、伊藤善規.非小細胞肺癌患者におけるアファチニブ治療の副作用に対する血漿中濃度と関連遺伝子の影響.第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017年12月、横浜)
11. 高橋孝夫、飯原大稔、藤井宏典、松橋延壽、棚橋利行、松井聡、今井寿、田中善宏、山口和也、二村学、伊藤善規、吉田和弘.L-OHPを含む化学療法を受けた女性大腸癌症例におけるパロノセトロンの制吐評価.第55回日本癌治療学会学術集会 (2017年10月、横浜)
12. 解良恭一、今井久雄、成清一郎、飯原大稔、杉山正、伊藤善規、砂長則明、久田剛志、林秀樹.血液透析中にアファチニブ投与した進行非小細胞肺癌の検討.第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017年4月、東京)

1. 《日本医療薬学会がん専門薬剤師認定制度委員会優秀症例賞》
飯原大稔.日本医療薬学会 第5回がん専門薬剤師全体会議 (2017年5月、大阪)

部資金

1. 伊藤善規、鈴木昭夫:副作用モニタリング機能における共同開発(株式会社タカゾノ).2016年8月12日~2017年7月31日
2. 伊藤善規、鈴木昭夫:抗癌剤暴露対策製品の開発(株式会社タカゾノ).2016年7月15日~2018年7月31日

学研究費助成金

1. [代表者]鈴木昭夫、[分担者]小林 亮、林 秀樹:科学研究補助金基盤研究(C) (17K08440):がん治療における口内炎に対する新規開発ポラプレジンク含有トローチ製剤の予防効果;平成29-31年度 (平成29年度分;1,820千円/3,770千円)
2. [代表者]小林 亮、[分担者]鈴木昭夫、林 秀樹;科学研究補助金基盤研究(C) (17K08441):オランザピンの抗がん剤誘発性悪心・嘔吐に対する臨床的有効性とその作用機序の解明;平成29-31年度(平成29年度分;1,820千円/4,030千円)
3. [代表者]林 祐一、[分担者]鈴木昭夫;科学研究補助金基盤研究(C) (17K09231):インセンティブ付与制度が多剤内服高齢者に与える影響の解明と制度設計に関する研究;平成29-31年度 (平成30年度分;1,820千円/3,640千円)
4. 鈴木景子:科学研究費奨励研究(17H00489):救命集中治療領域におけるβ-ラクタム系抗菌薬の薬物血中濃度モニタリング.500千円
5. 名和美奈子:科学研究費奨励研究(17H00502):乳がん化学療法における標準性と対策に対するオランザピン併用の有効性に関する検討.530千円
6. 西田承平:科学研究費奨励研究(17H00529):有害事象の減少を目的としたポリファーマシー対策の確立とその有用性の評価.440千円
7. 吉見千明:科学研究費奨励研究(17H00536):頭頸部癌患者の放射線治療におけるQOL評価に関する検討.530千円
8. 石原正志:科学研究費奨励研究(17H00543):薬剤性便秘に対する緩下剤の投与方法の確立に関する研究.500千円
9. 小森善文:科学研究費奨励研究(17H00564):リアルタイムに診療情報を反映する新規調剤監査支援システムの開発.530千円

2016年

著論文(英文)

1. Iihara H, Fujii H, Yoshimi C, Yamada M, Suzuki A, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y. Control of chemotherapy-induced nausea in patients receiving outpatient cancer chemotherapy. Int J Clin Oncol 21: 409-418, 2016.
2. Iihara H, Ishihara M, Fujii H, Yoshimi C, Yamada M, Suzuki A, Yamaguchi K, Futamura M, Yoshida K, Itoh Y. Comparison of the Control of Nausea and Vomiting among Several Moderately Emetic-Risk Chemotherapy Regimens. J Cancer 7: 569-575, 2016.
3. Kobayashi R, Suzuki A, Matsuura K, Yamada N, Nakano M, Deguchi T, Yasuda K, Itoh Y. Risk analysis for cisplatin-induced nephrotoxicity during first cycle of chemotherapy. Int J Clin Exp Med 9: 3635-3641, 2016.
4. Takahashi T, Terada T, Arikawa H, Kizaki K, Terawaki H, Imai H, Itoh Y, Era S. Quantitation of oxidative modifications of commercial human albumins for clinical use: thiol oxidation and carbonylation. Biol Pharm Bull 39: 401-408, 2016.
5. Suzuki A, Kobayashi R, Syakui T, Kubota Y, Fukita M, Kuze B, Aoki M, Sugiyama T, Mizuta K and Itoh Y. Oral mucositis prolongs irradiation period and time to discharge after completion of radiotherapy in patients with head and neck cancer: reversal by polaprezinc, a zinc L-carnosine complex. Head Neck 38(9): 1387-92, 2016.
6. Niwa T, Watanabe T, Goto T, Ohta T, Nakayama A, Suzuki K, Shinoda Y, Tsuchiya M, Yasuda K, Murakami N, Itoh Y. Daily review of antimicrobial use facilitates the early optimization of antimicrobial therapy and improves clinical outcomes of patients with bloodstream infections. Biol Pharm Bull 39: 721-7, 2016.
7. Niwa T, Watanabe T, Suzuki K, Hayashi H, Ohta H, Nakayama A, Tsuchiya M, Yasuda K, Murakami N, Itoh Y. Early optimization of antimicrobial therapy improves clinical outcomes of patients administered agents targeting methicillin-resistant Staphylococcus aureus. J Clin Pharm Ther 41: 19-25, 2016.
8. Nakagawa T, Itoh M, Ohta K, Hayashi Y, Hayakawa M, Yamada Y, Akanabe H, Chikaishi T, Nakagawa K, Itoh Y, Muro T, Yanagida D, Nakabayashi D, Mori T, Saito K, Ohzawa K, Suzuki C, Li S, Ueda M, Wang M-X, Nishida E, Islam S, Tana, Kobori M, Inuzuka T. Improvement of memory recall by quercetin in rodent contextual fear conditioning and human early-stage Alzheimer's disease patients. NeuroReport 27(9): 671-6, 2016.
9. Fujii H, Iihara H, Suzuki A, Kobayashi R, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y Hypomagnesemia is a reliable predictor for efficacy of anti-EGFR monoclonal antibody used in combination with first-line chemotherapy for metastatic
colorectal cancer. Cancer Chemother Pharmacol 77(6): 1209-15, 2016.
10. Ohno Y, Kato Y, Kobayashi R, Iihara H, Suzuki A, Hayashi H, Sugiyama T, Itoh Y. Cost-effective use of aprepitant in multiple-day chemotherapy regimens. Int J Clin Exp Med 9: 19280-90, 2016.
11. Hayashi H, Kobayashi R, Suzuki A, Yamada Y, Ishida M, Shakui T, Kitagawa J, Hayashi H, Sugiyama T, Takeuchi H, Tsurumi H, Itoh Y. Preparation and clinical evaluation of a novel lozenge containing polaprezinc, a zinc-L-carnosine, for prevention of oral mucositis in patients with hematological cancer who received high-dose chemotherapy. Medical Oncology 2016, DOI: 10.1007/s12032-016-0795-z.
12. Yasuda H, Ohashi A, Kamiya T, Hara H, Adachi T, Nishida S, Suwa T, Takeda J, Itoh Y, Adachi T. Exendin-4 induces extracellular-superoxide dismutase through histone H3 acetylation superoxide dismutase through histone H3 acetylation in human retina endothelial cells. J Clin Biochem Nutr 59: 174-81, 2016.
13. Hayashi H, Kita Y, Iihara H, Yanase K, Ohno Y, Hirose C, Yamada M, Todoroki K, Kitaichi K, Minatoguchi S, Itoh Y, Sugiyama T. Simultaneous and rapid determination of gefitinib, erlotinib, and afatinib plasma levels using liquid chromatography/tandem mass spectrometry in patients with non-small-cell lung cancer. Biomed Chromatogr 30: 1150-4, 2016.
14. Ibuka H, Ishihara M, Suzuki A, Kagaya H, Shimizu M, Kinosada Y, Itoh Y. Antacid attenuates the laxative action of magnesia in cancer patients receiving opioid analgesic. Journal of Pharmacy and Pharmacology 68(9): 1214-21, 2016.
15. Yoshida S, Okada H, Suzuki A, Suzuki K, Niwa T, Doi T, Shirai K, Suzuki K, Kitagawa Y, Fukuta T, Okamoto H, Oda K, Ohmori T, Nakano S, Nakano M, Yoshida T, Kumada K, Ushikoshi H, Toyoda I, Murakami N, Itoh Y and Ogura S. Rapid Attainment of Optimal Trough Concentrations in Organ Failure Mitigated by Teicoplanin. J Intensive Crit Care 2: 36, 2016.
16. Suzuki A, Kobayashi R, Fujii H, Iihara H, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y. Control of Nausea and Vomiting in patients with Colorectal Cancer Receiving Chemotherapy with Moderate Emetic Risk. Anticancer Research 36(12): 6527-6533, 2016.
17. Kawaguchi Y, Hanaoka J, Hayashi H, Mizusaki N, Iihara H, Itoh Y, Sugiyama T. Clinical Efficacy of Afatinib Treatment for a Patient with Leptomeningeal Carcinomatosis. Chemotherapy 62: 147-150, 2016.
18. Muraki Y, Yagi T, Tsuji Y, Nishimura N, Tanabe M, Niwa T, Watanabe T, Fujimoto S, Takayama K, Murakami N, Okuda M. Japanese antimicrobial consumption surveillance: first report on oral and parenteral antimicrobial consumption in Japan (2009-2013). J Global Antimicrobial Resistance 7: 19-23, 2016.

著論文(和文)

1. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.転移大腸癌患者における抗EGFRモノクローナル抗体による低マグネシウム血症およびざ瘡様皮疹の発現状況と治療効果との関連.癌と化学療法 43:229-233、2016
2. 林祐一、西田承平、竹腰顕、村上宗玄、山田恵、木村亜暁夫、鈴木昭夫、犬塚貴.持続性アンギオテンシンⅡタイプⅠ受容体拮抗薬の投与に伴い慢性リチウム中毒を呈した高齢者の1例.日本老年医学会雑誌 53:244-249、2016

1. 飯原大稔.「第36回岐阜県医師会メディカルセミナー-がん:最近の話題-」がん化学療法の最先端.岐阜県医師会医学雑誌29:p17-27.社団法人岐阜県医師会、2016
2. 飯原大稔(分担執筆).青山剛、東加奈子、川上和宣、宮田広樹(編集).がん化学療法レジメン管理マニュアル(第2版) 「がん化学療法を安全に行うために:制吐療法」 p12-25.医学書院、2016
3. 飯原大稔. ABCコンセプトモデルに基づくチーム医療の実践~がん化学療法における岐阜大学での取り組み~.福島県病院薬剤師会 病診薬だより 109:83-93.福島県病院薬剤師会、2016
4. 飯原大稔、石原正志、藤井宏典(分担執筆)、南博信、平井みどり(監修).がん薬物療法マネジメントブック 「胃癌」p43-45、「悪心・嘔吐」p166-176、「皮膚障害」p201-205、「骨髄抑制」p220-225、「薬剤性肺障害」p247-P255、「消化管穿孔」p300-303、「貧血」p349-357.じほう、2016

説等

1. 石原正志、飯原大稔.特集Evidence Update 2016最新の薬物治療のエビデンスを付加的に利用する「エキスパートが注目する最新エビデンスをアップデート!:大腸癌治療薬」.薬局 67:p142-147、2016
2. 藤井宏典、飯原大稔.臨床の疑問に答える がん薬物療法アップデート「薬物療法のスタンダードとマネジメント:肺癌<薬剤師の腕の見せ所>」.月刊薬事臨時増刊号 58:p223-233、2016
3. 小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価.医薬ジャーナル 52:1134-1139、2016
4. 高橋孝夫、松橋延壽、飯原大稔、伊藤善規、吉田和弘.有害事象のグレード評価;CTCAE.消化器外科 39:p285-294、2016
5. 鈴木景子、丹羽隆.インフルエンザ曝露後予防投薬(post-exposure prophylaxis)の考え方.インフェクションコントロール 25:69-70、2016
6. 丹羽隆、村上啓雄、伊藤善規.アウトブレイク発生!? 何の消毒薬をどう使う?! メチシリン耐性黄色ブドウ球菌.薬局 67:248-250、2016
7. 伊藤善規.がん治療における口内炎の対策.医薬品安全性学 2:81-101、2016

別講演・ランチョンセミナー

1. 伊藤善規.(教育講演)「外来化学療法における全患者面談と副作用対策の臨床的意義」 第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会 (2016年1月、神戸)
2. 伊藤善規.(基調講演)「支持療法研究の基礎から臨床開発へ」 医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシーシンポジウム (2016年6月、大津)
3. 伊藤善規.(会長講演)「医薬品の適正使用・安全性評価の観点から」 第2回日本医薬品安全性学会学術大会 (2016年7月、岐阜)
4. 伊藤善規.(教育講演)「第2回日本医薬品安全性学会学術大会」 第2回日本医薬品安全性学会学術大会 (2016年7月、岐阜)
5. 石原正志.(特別講演)「緩和ケアにおける便秘治療のエッセンス」 2016 SCORE-G(がんの痛みと症状緩和に関する多施設共同臨床研究会)Summer Seminar in Karuisawa (2016年8月、長野)
6. 石原正志.(特別講演)「HIV感染症治療に薬剤師が関われること」 静岡県病院薬剤師会・平成28年度HIV感染症薬物療法研修会 (2016年10月、静岡)
7. 伊藤善規.(ランチョンセミナー)「がん治療における副作用対策の臨床的意義」 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016 (2016年10月、岐阜)
8. 石原正志.(特別講演)「緩和ケアにおける便秘治療のエッセンス」 第257回がん研有明病院学術研究講演会 (2016年12月、東京)

ンポジウム

1. 石原正志.NSTメディカルスタッフセッション(初級編)2016「静脈栄養の基本 NSTにおける薬剤師の役割」.第19回日本病態栄養学会 (2016年1月、横浜)
2. 丹羽隆.(シンポジウム) ICT ラウンドでこれだけは関わりたい薬剤師としての介入ポイント 抗菌薬適正使用に対する薬剤師としての介入ポイント.第31 回日本環境感染学会総会・学術集会 (2016年2月、京都)
3. 飯原大稔.(学術セミナー) エビデンスに基づくがん化学療法制吐対策-岐阜大学医学部附属病院の取り組み-.第8回JSOPP(日本がん薬剤学会)学術大会 (2016年6月、名古屋)
4. 丹羽隆.(シンポジウム) 抗菌薬適正使用推進のアウトカム.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
5. 飯原大稔.(シンポジウム) 岐阜大学医学部附属病院におけるがん化学療法に対する制吐対策への薬剤師の取り組みとその成果.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
6. 石原正志.(シンポジウム) 医療用麻薬の適正使用のために薬剤師ができること.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
7. 藤井宏典.(シンポジウム)県病院薬剤師会による多施設共同研究の推進と治療エビデンスの構築に向けた取り組み オピオイド鎮痛薬内服投与時における緩下剤予防投与の有用性評価に関する多施設共同研究-J-RIGID Study-.第32回東海医療薬学シンポジウム(2016年7月、愛知)
8. 丹羽隆.薬剤耐性の現状と薬剤師の関わり 感染制御専門薬剤師の役割-抗菌薬適正使用の実践とアウトカム-.日本薬学会主催 第28回微生物シンポジウム (2016年9月、名古屋)
9. 飯原大稔.(シンポジウム) がん化学療法における制吐対策への薬剤師の取り組み.第26回日本医療薬学会年会 (2016年9月、京都)
10. 飯原大稔.(シンポジウム) EGFR-TKIの血中濃度と副作用に関する薬剤師主導型臨床研究.第26回日本医療薬学会年会 (2016年9月、京都)
11. 飯原大稔.(スキルセミナー)循環器薬服薬指導の必須知識.日本リハビリテーション学会主催スキルアップセミナー(2016年11月、岐阜)
12. 丹羽隆.(ワークショップ) 薬剤師は病院感染症診療のどこまでコミットできるか Antimicrobial stewardshipの実践とアウトカム.第64回日本化学療法学会西日本支部総会 (2016年11月、沖縄)

会報告(国内)

1. 西村佳代子、田口綾乃、藤井宏典、市成陽子、石原正志、白木亮、村上啓雄.外来化学療法施行患者に対する栄養状態の評価.第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2016年2月、福岡)
2. 渡邉珠代、丹羽隆、土屋麻由美、太田浩敏、村上啓雄.わが国の医療機関における新型インフルエンザ対策状況~全国の医療機関へのアンケート調査報告~.第31回日本環境感染学会総会学術集会 (2016年2月、京都)
3. 太田浩敏、土屋麻由美、山本昌代、渡邉珠代、丹羽隆、村上啓雄:当院における洗浄消毒後の内視鏡内腔清浄度調査.第31回日本環境感染学会総会学術集会 (2016年2月、京都)
4. 原田紗希、西田承平、岡安伸二、小林亮、鈴木昭夫、玉井小百合、熊田恵介、村上啓雄、伊藤善規.インスリンスライディングスケールに関連したインシデント減少への取り組み.日本薬学会第136年会 (2016年3月、横浜)
5. 眞栄城安貴、曽田翠、片桐七海、鈴木昭夫、小林亮、丹羽隆、鈴木景子、吉田省造、小倉真治、伊藤善規、北市清幸. HPLCを用いたヒト血漿中ダプトマイシン濃度測定の確立.日本薬学会第136年会 (2016年3月、横浜)
6. 渡邉珠代、丹羽隆、鈴木景子、村上啓雄.岐阜県感染防止対策加算の算定病院での血液培養の実態についての検討.第90回日本感染症学会総会 (2016年4月、仙台) 7. 土屋麻由美、横山奈緒美、深尾亜由美、山本昌代、垣見克紀、渡邉珠代、丹羽隆、鈴木景子、太田浩敏、中山麻美、村上啓雄.手指消毒回数増加に向けた取り組みの評価.第5回日本感染管理ネットワーク学会学術集会 (2016年5月、別府)
8. 石田将之、林寛子、吉見千明、山田悠人、小林亮、鈴木昭夫、林秀樹、竹内洋文、杉山正、伊藤善規.化学療法時の口内炎予防薬としてのポラプレジンク含有トローチ剤の有用性.医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシ―シンポジウム (2016年6月、滋賀)
9. 鈴木景子、吉田省造、小林亮、鈴木昭夫、丹羽隆、中野通代、渡邉珠代、村上啓雄.高次救命治療センターにおける緑膿菌血流感染症に対する抗菌薬治療効果の検討.第64回日本化学療法学会総会 (2016年6月、神戸)
10. 水崎直樹、林秀樹、飯原大稔、北夕太郎、今井久雄、成清一郎、解良恭一、伊藤喜規、杉山正.非小細胞肺癌患者におけるアファチニブの血漿中濃度に対する血液透析の影響.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
11. 原田紗希、西田承平、岡安伸二、小林亮、鈴木昭夫、玉井小百合、熊田恵介、村上啓雄、伊藤善規.院内共通指示テンプレートの導入に伴うインスリンスライディングスケール関連のインシデントの減少.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
12. 石田将之、林寛子、吉見千明、山田悠人、小林亮、鈴木昭夫、林秀樹、竹内洋文、杉山正、伊藤善規.化学療法時の口内炎に対するポラプレジンク含有トローチ剤の口内炎予防効果.第2回日本医薬品安全性学会学術集会 (2016年7月、岐阜)
13. 片桐七海、眞栄城安貴、曽田翠、鈴木昭夫、小林亮、丹羽隆、鈴木景子、吉田省造、小倉真治、伊藤善規、北市清幸.血漿中濃度測定に基づいたダプトマイシン適正使用への取り組み.第2回日本医薬品安全性学会学術大会 (2016年7月、岐阜)
14. 西垣美奈子、森龍太郎、森光華澄、二村学、吉田和弘.乳癌AC療法における標準制吐対策に対するオランザピン併用の有効性に関する研究.第24回日本乳癌学会 (2016年7月、東京)
15. 西岡佐和子、鈴木信世、高橋あずさ、広田瑞季、松井布、石井杏奈、河原栞、齋藤舞、池田朱里、佐藤駿、寺本優太、合田新平、飯原大稔、三浦佳代、齊藤光江、重野芳、齊藤有希、仁賀勝彦、塩川孝輔、小茂田昌代.スマートフォンを活用した患者日誌の開発~外来薬剤師のCINV対策充実に向けて~.第1回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2016年9月、東京)
16. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、小林亮、鈴木昭夫、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.抗EGFR抗体による低マグネシウム血症およびざ瘡様皮疹の発現と治療効果との関連.第26回日本医療薬学会年会 (2016年9月、京都)
17. 吉見千明、關谷久美子、小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.頭頸部癌放射線化学線療法におけるポラプレジンクの口内炎予防と臨床効果及び新規剤型の展開.第26回日本医療薬学会年会 (2016年9月、京都)
18. 梶川典子、藤井宏典、飯原大稔、小林亮、鈴木昭夫、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.大腸癌化学療法における患者リスクに応じた制吐対策の提案.第26回日本医療薬学会年会 (2016年9月、京都)
19. 廣瀬智恵美、名和美奈子、松岡梨恵、藤井宏典、飯原大稔、小林 亮、二村学、鈴木昭夫、吉田和弘、伊藤善規.乳癌アントラサイクリン/シクロホスファミド併用療法による嘔吐発現に関与する要因の解析.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016 (2016年10月、岐阜)
20. 西田承平、林祐一、吉見千秋、小林亮、鈴木昭夫、犬塚貴、伊藤善規.神経内科病棟において有害事象の発現が入院期間に及ぼす影響~高齢者における問題~.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2016 (2016年10月、岐阜)
21. 藤本修平、八木哲也、飯沼由嗣、村木優一、石黒信久、田辺正樹、筒井敦子、矢原耕史、大島利夫、八束眞一、静野健一、荻野毅史、遠藤敏尚、畑中公基、太田浩敏、土屋麻由美、丹羽隆、荒川宜親、村上啓雄、柴山恵吾.感染対策の地域連携支援システム(RICSS)の開発と将来.第45回薬剤耐性菌研究会 (2016年10月、広島) 22. 松岡梨恵、石原正志、鶴見広美、生駒良和、加藤寛子、伊藤善規、鶴見寿.当院におけるDolutegravirの使用状況とその効果の検討.第30回日本エイズ学会学術集会 (2016年11月、鹿児島)
23. 水崎 直樹、林 秀樹、飯原 大稔、北 夕太郎、今井 久雄、成清 一郎、解良 恭一、伊藤 善規、杉山 正.非小細胞肺癌患者におけるアファチニブの血漿中濃度に血液透析は影響するか?.第37回日本臨床薬理学会学術総会(2016年12月、米子)
24. 今井久雄、解良恭一、成清一郎、飯原大稔、杉山正、伊藤善規、浅尾高、湊浩一、林秀樹.血液透析中のEGFR陽性進行非小細胞肺癌症例に対しアファチニブ投与に際し血中濃度を測定した3症例の検討.第57回日本肺癌学会学術集会(2016年12月、福岡)

1. 《優秀ポスター賞》
石田将之、林寛子、吉見千明、山田悠人、小林亮、鈴木昭夫、林秀樹、竹内洋文、杉山正、伊藤善規.化学療法時の口内炎予防薬としてのポラプレジンク含有トローチ剤の有用性.医療薬学フォーラム2016/第24回クリニカルファーマシ―シンポジウム (2016年6月、滋賀)
2. 《SCORE-G奨励賞》
石原正志.緩和ケアにおける便秘治療のエッセンス.がんの痛みと症状緩和に関する多施設共同臨床研究会 (2016年8月、長野)

部資金

1. 伊藤善規、鈴木昭夫:副作用モニタリング機能における共同開発(株式会社タカゾノ).2016年8月12日~2017年7月31日
2. 伊藤善規、鈴木昭夫:抗癌剤暴露対策製品の開発(株式会社タカゾノ).2016年7月15日~2018年7月31日

学研究費助成金

1. [代表者]鈴木昭夫、[分担者]小林 亮、林 秀樹:科学研究補助金基盤研究(C) (17K08440):がん治療における口内炎に対する新規開発ポラプレジンク含有トローチ製剤の予防効果;平成29-31年度 (平成29年度分;1,820千円/3,770千円)
2. [代表者]小林 亮、[分担者]鈴木昭夫、林 秀樹;科学研究補助金基盤研究(C) (17K08441):オランザピンの抗がん剤誘発性悪心・嘔吐に対する臨床的有効性とその作用機序の解明;平成29-31年度(平成29年度分;1,820千円/4,030千円)
3. [代表者]林 祐一、[分担者]鈴木昭夫;科学研究補助金基盤研究(C) (17K09231):インセンティブ付与制度が多剤内服高齢者に与える影響の解明と制度設計に関する研究;平成29-31年度 (平成30年度分;1,820千円/3,640千円)
4. 鈴木景子:科学研究費奨励研究(17H00489):救命集中治療領域におけるβ-ラクタム系抗菌薬の薬物血中濃度モニタリング.500千円
5. 名和美奈子:科学研究費奨励研究(17H00502):乳がん化学療法における標準性と対策に対するオランザピン併用の有効性に関する検討.530千円
6. 西田承平:科学研究費奨励研究(17H00529):有害事象の減少を目的としたポリファーマシー対策の確立とその有用性の評価.440千円
7. 吉見千明:科学研究費奨励研究(17H00536):頭頸部癌患者の放射線治療におけるQOL評価に関する検討.530千円
8. 石原正志:科学研究費奨励研究(17H00543):薬剤性便秘に対する緩下剤の投与方法の確立に関する研究.500千円
9. 小森善文:科学研究費奨励研究(17H00564):リアルタイムに診療情報を反映する新規調剤監査支援システムの開発.530千円

道関係

1. 鈴木昭夫.(座談会)「薬剤師による臨床業務のエビデンス構築」.PharmaScope 23 (2016年3月)、田辺三菱.
2. 飯原大稔.アファニチブでPK/PD解析.薬事日報(2016年9月26日)第11776号.薬事日報社

2015年

著論文(英文)

1. Soda M, Shibata Y, Yasue M, Fujimura M, Takahashi H, Nakamura S, Yamamoto M, Tsukamoto K, Suzuki A, Hara T, Tsurumi H, Itoh Y, Kitaichi K. Simple HPLC method for the determination of caspofungin in Human plasma. Clin Pharmacol Biopharm, in press.
2. Yamaguchi T, Hayashi H, Isogai S, Hayashi M, Uozu S, Goto Y, Nakanishi T, Sugiyama T, Itoh Y, Imaizumi K. Afatinib administration in a patient with non-small cell lung cancer harboring uncommon EGFR mutation G719A undergoing hemodialysis. Cancer Treatment Communications, in press
3. Yamada M, Iihara H, Fujii H, Ishihara M, Matsuhashi N, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y. Prophylactic effect of oral minocycline in combination with topical steroid and skin care against Panitumumab-induced acneiform rash in metastatic colorectal cancer patients. Anticancer Res 35: 6175-6182, 2015.
4. Mizutani K, Tomoda M, Ohno Y, Hayashi H, Fujita Y, Kawakami K, Kameyama K, Kato T, Sugiyama T, Itoh Y, Ito M, Deguchi T. The effects of cabazitaxel in renal cell carcinoma cell lines. Anticancer Research 35: 6671-7, 2015.
5. Yanase K, Funaguchi N, Iihara H, Yamada M, Kaito D, Endo J, Ito F, Ohno Y, Tanaka H, Itoh Y, Minatoguchi S. Prevention of radiation esophagitis by polaprezinc (zinc L-carnosine) in patients with non-small cell lung cancer who received chemoradiotherapy. Int J Clin Exp Med. 8: 16215-22, 2015.

著論文(和文)

1. 渡邉珠代、丹羽隆、土屋麻由美、外海友規、太田浩敏、村上啓雄.岐阜県内感染防止対策加算算定全病院での感染対策活動に関するサーベイランス結果報告.日本環境感染学会誌、30(1):44-55、2015
2. 鈴木智之、土屋麻由美、丹羽隆、渡邉珠代、太田浩敏、深尾亜由美、藤本修平、村上啓雄.当院におけるMRSA感染制御活動の経済的評価に関する検討.日本環境感染学会誌、30(2):91-96、2015
3. 舟口祝彦、中島康博、垣内大蔵、柳瀬恒明、伊藤文隆、遠渡純輝、森下めぐみ、浅野雅広、飯原大稔、森秀法、大野康、湊口信也.腎機能低下進行非小細胞肺癌におけるPemetrexed単剤療法の検討.癌と化学療法、42:705-708、2015
4. 浜田幸宏、丹羽 隆、村木優一、青山智、上田秀親、奥平正美、木村匡男、小林義和、塩田有史、平下智之、本田勝亮、間瀬広樹、松岡知子、望月敬浩、森 章哉、片山歳也、森 健、三鴨廣繁.日本人患者におけるMeropenemの高用量投与の安全性および有効性に関する多施設共同後方視的研究.日本化学療法学会雑誌、63:560-567、2015

1. 安田浩二、伊藤善規(分担執筆).実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-2015年版.廣川書店
2. 鈴木昭夫、丹羽隆、伊藤善規 (分担執筆).世界の薬価・医療制度 早引き書~2015年度刷新版.(株)技術情報協会.
3. 飯原大稔、鈴木昭夫、伊藤善規.(編集)伊藤善規.エビデンスに基づくがん化学療法制吐対策:国際ガイドラインとの比較を交えた岐阜大学病院の取り組み.医薬ジャーナル社、2015

説等

1. 安田浩二、伊藤善規(分担執筆).治療における最近の新薬の位置付け〈薬効別〉~抗アレルギー薬.医薬ジャーナル増刊号<新薬展望2015> 51(S-1):P442-450、2015
2. 村上啓雄、渡邉珠代、深尾亜由美、土屋麻由美、丹羽隆、太田浩敏、中山麻美、河合直樹.特集 感染制御と連携-検査部門はどのようにかかわっていくべきか 地域における連携の実際. 臨床検査.59(4):348-355、2015
3. 伊藤善規.抗アレルギー薬ペミロラストがパクリタキセル過敏症予防薬として実用化されるまで.特集:婦人科悪性腫瘍治療に対するドラッグリポジショニングの幕開け-既存薬に秘められた新たな可能性.薬産科と婦人科 10:1093-1098、2015
4. 丹羽隆.新規抗MRSA薬ダプトマイシンの臨床効果は?.Farumashia、51:465、2015
5. 丹羽隆、伊藤善規. 抗菌薬使用量の新たな評価指標Days of Therapyとは?.月刊薬事、57:1075-1078、2015
6. 藤井宏典、飯原大稔、高橋孝夫.がん治療への薬学的介入と症例サマリ 分子標的抗がん薬を併用した大腸がん化学療法への薬学的介入.薬局 66:2565-2572、2015
7. 飯原大稔、高橋孝夫.薬と検査2015「大腸癌」.薬局 66:1007-1032、2015

会報告(特別講演)

1. 伊藤善規.病棟薬剤業務のアウトカム.第4回 Active Pharmacist Seminar in Hyogo (2015年1月)
2. 伊藤善規.がん化学療法に薬剤師はいかに関わるか?~外来および入院がん患者への関わり~.日本臨床腫瘍学会2015 (2015年3月、京都)

会報告(シンポジウム・ランチョンセミナー)

1. 丹羽隆.(Future Generation Lecture) Defined daily dose (DDD)とDays of therapy (DOT)を用いた抗菌薬使用量の評価.第30回日本環境感染学会総会・学術集会(2015年2月、神戸)
2. 丹羽隆.(シンポジウム) Antimicrobial Stewardshipに薬剤師として如何に介入すべきか 全注射用抗菌薬を対象とした大学病院の取り組み.第63回日本化学療法学会総会(2015年6月、東京)
3. 丹羽隆.(シンポジウム) 専門薬剤師の将来を考える~育薬に貢献できる専門性とは~感染制御専門薬剤師による抗菌薬適正使用の実践とアウトカム.医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム(2015年7月、名古屋)
4. 鈴木昭夫.(シンポジウム) 日常薬剤業務において得られたクリニカルエビデンス~エビデンス構築のための提言~、病棟薬剤業務における有害事象への取り組みが入院期間と医療経済へ及ぼす影響.医療薬学フォーラム2015/第23回クリニカルファーマシーシンポジウム(2015年7月、名古屋)
5. 小林亮.(シンポジウム) 抗がん剤もしくは放射線による口内炎の対策.第1回日本医薬品安全性学会学術大会((2015年7月、福山)
6. 飯原大稔.(ワークショップ) 岐阜大学医学部附属病院における外来化学療法への薬剤師の取り組み.第13回日本臨床腫瘍学会学術集会(2015年7月、札幌)
7. 石原正志.(シンポジウム) 「HIV感染症を知ろう!HIV感染症と悪性腫瘍」. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2015(2015年11月、愛知)

会報告(国内)

1. 土屋麻由美、渡邉珠代、丹羽隆、太田浩敏、村上啓雄.当院における血液培養検体採取主義と汚染率の関連.第30回日本環境感染学会総会・学術集会(2015年2月、神戸)
2. 渡邉珠代、土屋麻由美、丹羽隆、太田浩敏、村上啓雄.岐阜県内感染防止対策加算算定全病院でのサーベイランスによる感染対策地域連携の成果.第30回日本環境感染学会総会・学術集会(2015年2月、神戸).
3. 小林亮、鈴木昭夫、飯原大稔、岡安伸二、伊藤善規.耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価‐処方介入による有害事象の改善が入院期間へ及ぼす影響‐.日本薬学会第135年会(2015年3月、神戸)
4. 渡邉珠代、丹羽隆、村上啓雄. わが国の医療機関における季節性インフルエンザ対策状況~全国の医療機関へのアンケート調査報告~.第89回日本感染症学会総会・学術講演会(2015年4月、京都)
5. 鈴木景子、吉田省造、小林亮、鈴木昭夫、白井邦博、土井智章、丹羽隆、中野通代、村上哲雄.岐阜大学病院 高次救命治療センターにおける緑膿菌に対するピペラシリンの有効性の検討.第63回日本化学療法学会総会(2015年6月、東京)
6. 村木優一、西村信弘、冨田隆志、丹羽隆、高山和郎、高倉俊二、村上啓雄.全国の国公立大学病院における抗菌薬適正使用に対する介入の効果.第63回日本化学療法学会総会(2015年6月、東京)
7. 吉見千明、飯原大稔、市成陽子、森川あけみ、高橋孝夫、安藤真由実、吉田和弘、伊藤善規.イリノテカンに由来するコリン作動性症状に関する調査と症状緩和に対するブチルスコポラミンの有効性に関する研究.第13回日本臨床腫瘍学会学術集会(2015年7月、札幌)
8. 石原正志、鈴木昭夫、加賀谷肇、伊藤善規. 制酸剤が酸化マグネシウムによるオピオイドの便秘予防効果に及ぼす影響. 第9回日本緩和医療薬学会年会(2015年10月、横浜)
9. 渡邉珠代、丹羽隆、村上啓雄. 当院におけるMRSA菌血症の検討.第63回日本化学療法学会西日本支部総会(2015年10月、奈良)
10. 浜田幸宏、丹羽隆、村木優一、青山智、上田秀親、奥平正美、木村匡男、小林義和、塩田有史、平下智之、本田勝亮、間瀬広樹、松岡知子、望月敬浩、森 章哉、片山歳也、森 健、三鴨廣繁.日本人患者におけるMeropenemの高用量投与の安全性および有効性に関する多施設共同後方視的研究.第63回日本化学療法学会西日本支部総会(2015年10月、奈良)
11. 酌井敏伸、林寛子、吉見千明、小林亮、鈴木昭、林秀樹、竹内洋文. 化学療法時の口内炎予防薬としてのポラプレジンク含有トローチ剤の開発.日本病院薬剤師会東海ブロック日本薬学会東海支部合同学術大会2015(2015年11月、名古屋)
12. 松尾宏一、吉村知哲、飯原大稔、岩本卓也、緒方憲太郎、川上和宣、組橋由記、黒田純子、林稔展、米村雅人(学術第3小委員会).外来化学療法における薬剤師の業務展開に関する調査研究.平成27年年度日本病院薬剤師会病院薬局協議会/学術フォーラム(2015年11月、横浜)
13. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、松橋延壽、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.転移大腸癌患者における抗EGFRモノクローナル抗体による低マグネシウム血症及びざ瘡様皮疹の発現状況と治療効果との関連.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)
14. 加藤優、大野雄太、小林亮、飯原大稔、鈴木昭夫、林秀樹、杉山正、伊藤善規.FP療法およびBEP療法におけるアプレピタント投与延長の有効性とその費用対効果解析.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)
15. 丹羽隆、渡邉珠代、後藤貴之、太田浩敏、中山麻美、鈴木景子、土屋麻由美、安田浩二、村上啓雄、伊藤善規.全注射用抗菌薬の監視体制による血液培養陽性症例の臨床効果の改善.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)
16. 大野雄太、平井啓太、丹羽隆、鈴木景子、大畑紘一、大竹真梨花、廣瀬智恵美、鈴木昭夫、伊藤善規.ホスフェニトイン長期投与における血中濃度および最適投与量の検討.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)
17. 三谷健人、曽田翠、宮原由里、片桐七海、鈴木昭夫、小林亮、丹羽隆、鈴木景子、吉田省造、小倉真治、伊藤善規、北市清幸.HPLCを用いた簡便な血漿中ピペラシリン濃度測定法の確立.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)
18. 米玉利準、太田浩敏、中山麻美、白井菜月、丹羽麻由美、伊藤彰洋、丹羽隆、土屋麻由美、古田伸行、渡邉珠代、伊藤弘康、村上啓雄、清島 満.当院におけるPOT 法を用いたMRSAの分子疫学解析.第62回日本臨床検査医学会学術集会(2015年11月、岐阜)
19. 太田浩敏、土屋麻由美、中山麻美、米玉利準、白井菜月、丹羽麻由美、伊藤彰洋、丹羽隆、古田伸行、渡邉 珠代、伊藤弘康、村上啓雄、清島満.次元キャリアマップからのMRSAアウトブレイク検出と遺伝学的検証.第62回日本臨床検査医学会学術集会(2015年11月、岐阜)
20. 鶴見寿、石原正志、鶴見広美、渡邉珠代、山口公大、後藤尚絵.抗HIV療法を10年以上継続している症例の検討-地方病院における同一主治医による観察-.第29回日本エイズ学会学術集会(2015年11月、東京)
21. 渡邉珠代、石原正志、林寛子、松岡梨恵、鶴見広美、鶴見寿、村上啓雄.職員に対して抗HIV薬による暴露予防内服についての検討.第29回日本エイズ学会学術集会(2015年11月、東京)
22. 井門敬子、木村博史、吉野宗宏、岩舘文佳、工藤正樹、阿部憲介、内山真理子、石原正志、日笠真一、治田匡平、木村智子、常友盛勝、井上千鶴、藤井健司、嶺豊春、屋地慶子、田中亮裕、荒木博陽.薬学部実務実習におけるHIV実習普及に向けての検討.第29回日本エイズ学会学術集会(2015年11月、東京)
23. 北夕太郎、林秀樹、飯原大稔、轟木堅一郎、山田摩耶、廣瀬智恵美、大野康、柳瀬恒明、湊口信也、伊藤善規、杉山正.アファチニブの血漿中濃度測定法構築と副作用に対する血漿中濃度の影響.第36回日本臨床薬理学会学術総会(2015年12月、東京)

1. 《優秀演題賞》加藤優、大野雄太、小林亮、飯原大稔、鈴木昭夫、林秀樹、杉山正、伊藤善規.FP療法およびBEP療法におけるアプレピタント投与延長の有効性とその費用対効果解析.第25回日本医療薬学会年会(2015年11月、横浜)

学研究費助成金

1. 山田摩耶:科学研究費奨励研究(15H00531):EGFR阻害剤の皮膚障害に対するミノサイクリン予防投与の有用性評価に関する研究. 400千円(2015年度)

道関係

1. 小林亮、鈴木昭夫、伊藤善規.「病棟薬剤業務実施ワークシート」を用いた病棟業務の評価」.Pallette Vol.98
2. 薬剤師の有用性を数値で明確化.薬事日報(2015年4月6日)
3. 鈴木昭夫、“薬剤師の効果”をデータで示す-病棟薬剤師アウトカムのススメ(1).CBnewsマネジメント
(http://www.cabrain.net/management/article/newsId/45782.html)、キャリアブレイン
4. 鈴木昭夫、“薬剤師の効果”をデータで示す-病棟薬剤師アウトカムのススメ(2).CBnewsマネジメント
(http://www.cabrain.net/management/article/newsId/45890.html)、キャリアブレイン
5. 鈴木昭夫、“薬剤師の効果”をデータで示す-病棟薬剤師アウトカムのススメ(3).CBnewsマネジメント
(http://www.cabrain.net/management/article/newsId/45963.html)、キャリアブレイン

2014年

著論文(英文)

1. Niwa T, Watanabe T, Suzuki A, Ohmori T, Tsuchiya M, Suzuki T, Ohta H, Murakami N, Itoh Y. Reduction of linezolid-associated thrombocytopenia by the dose adjustment based on the risk factors such as basal platelet count and body weight. Diagn Microbiol Infect Dis 79: 93-97, 2014.
2. Hayashi H, Kobayashi R, Suzuki A, Ishihara M, Nakamura N, Kitagawa J, Kanemura N, Kasahara S, Kitaichi K, Hara T, Tsurumi H, Moriwaki H, Itoh Y., Polaprezinc prevents oral mucositis in patients treated with high dose chemotherapy followed by hematopoietic stem cell transplantation, Anticancer Res 34: 7271-7, 2014.
3. Suzuki A, Kobayashi R, Okayasu S, Kuze B, Aoki M, Mizuta K, Itoh Y. Pharmacotherapy for adverse events reduces the length of hospital stay in patients admitted to otolaryngology ward: a single arm intervention study. PLOS ONE. 9(12), 2014.

著論文(和文)

1. 林寛子、丹羽隆、竹市朱里、今西義紀、外海友規、岡安伸二、北市清幸、安田公夫、村上啓雄、伊藤善規.夜勤時におけるバンコマイシン初期投与設計体制の確立とその成果.医療薬学 40:85-93、2014
2. 川上和宜、吉村知哲、日置三紀、組橋由記、林稔展、飯原大稔、黒田純子、緒方憲太郎、米村雅人、岩本卓也、松尾宏一.がん診療連携拠点病院を対象とした外来化学療法における薬剤師の業務展開に関する調査結果.日本病院薬剤師会雑誌 50: 305-311、2014
3. 丹羽隆、外海友規、鈴木景子、渡邉珠代、土屋麻由美、太田浩敏、村上啓雄.Defined daily dose (DDD)とDays of therapy (DOT)を用いた抗菌薬使用量の評価.日本環境感染学会誌 29:333-339、2014
4. 石原正志、池末裕明、千堂年昭、荒木博陽、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬による消化管系副作用対策に関する多施設共同研究(J-RIGID study)のサブ解析-各県における緩下剤処方状況と評価-.日本病院薬剤師会雑誌.50:1117-1121、2014

1. 飯原大稔、伊藤善規.プロトコルに基づく薬物治療管理の実践例 がん患者.薬局 65:2227-2235.南山堂、 2014
2. 山田摩耶、石原正志、飯原大稔、伊藤善規.患者のQOL向上と薬剤師の関わり 外来化学療法室における薬剤師の関わりと取り組み.医薬ジャーナル50:1436-1441.医薬ジャーナル社、2014
3. 安田浩二、伊藤善規(分担執筆).実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-2014年版.廣川書店
4. 高橋孝夫、松橋延壽、吉田和弘、飯原大稔、藤井宏典、伊藤善規、高橋繭、安藤真由美.外来化学療法におけるチーム医療-大腸癌治療を中心に-.消化器外科 37:305-313. へるす出版、 2014
5. 丹羽隆、伊藤善規(分担執筆).学ぶ、取り組む、実践する! AST(抗菌薬適正使用支援チーム).医薬ジャーナル社、119-126、2014
6. 岡安伸二、小森善文、伊藤善規(分担執筆).抗がん薬調製業務/散薬調剤業務におけるバーコードの活用(臨時増刊号:医療用医薬品のバーコード活用マニュアル).月刊薬事 56:1677-1681.じほう、2014

説等

1. 飯原大稔、鈴木昭夫、伊藤善規.1.抗がん剤投与時の制吐対策.医薬ジャーナル 50:73-80、2014
2. 丹羽隆、伊藤善規.病院薬剤師と感染制御. 病院 73:770-773、2014

会報告(海外)

1. Watanabe T, Niwa T, Tsuchiya Y, Tonogai Y, Nakayama A, Ohta H, Murakami N.Policies for prevention of influenza transmission in health care facilities in Japan, ID week 2014 (October 2014, Philadelphia, USA)

会報告(国内)

1. 土屋麻由美、渡邉珠代、丹羽隆、太田浩敏、横山奈緒美、村上啓雄.当院におけるインフルエンザ対策~問診票記載による面会スクリーニングの試み~.第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014年2月、東京)
2. 丹羽隆、外海友規、渡邉珠代、土屋麻由美、太田浩敏、深尾亜由美、村上啓雄.抗菌薬使用量の指標としてのDefined daily doseとDays of therapyの比較検討.第29回日本環境感染学会総会・学術集会 (2014年2月、東京)
3. 渡邉珠代、土屋麻由美、太田浩敏、丹羽隆、村上啓雄.岐阜県内の感染防止対策加算算定病院での薬剤耐性菌の検出状況.第25回日本臨床微生物学会総会 (2014年2月、名古屋)
4. 西村信弘、高山和郎、新岡丈典、三浦剛、丹羽隆、村木優一、富田隆志、浦上宗治、荒川創一、一山智.国公立大学附属病院感染対策協議会における抗菌薬使用量サーベイランスの現状報告.第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会合同学会 (2014年6月、福岡)
5. 吉田省造、鈴木昭夫、白井邦博、小林亮、鈴木景子、村上啓雄. 肺炎に対する抗菌薬(ABPC/SBT)投与期間の検討.第88回日本感染症学会学術講演会・第62回日本化学療法学会総会合同学会 (2014年6月、福岡)
6. 小林亮、鈴木昭夫、飯原大稔、岡安伸二、伊藤善規.耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価‐1.有害事象に対する治療効果が入院期間と医療経済効果へ及ぼす影響‐.医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム(2014年6月、東京)
7. 水上奈美、飯原大稔、山田摩耶、廣瀬千恵美、小林亮、鈴木昭夫、杉山正、伊藤善規.呼吸器内科病棟における有害事象に対する取り組みとその成果.医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム (2014年6月、東京)
8. 長谷川彩、飯原大稔、舟口祝彦、山田摩耶、柳瀬恒明、吉村由紀子、所真理子、大野康、伊藤善規.化学放射線療法が施行される非小細胞肺癌患者における食道炎予防に対するポラプレジンクの効果.医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム (2014年6月、東京)
9. 木田有香、小林亮、鈴木昭夫、杉山正、伊藤善規.耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価‐2. 放射線化学線療法における口内炎予防の取り組みが入院期間と医療費経済効果へ及ぼす影響‐.医療薬学フォーラム2014/第22回クリニカルファーマシーシンポジウム (2014年6月、東京)
10 藤井宏典、飯原大稔、鈴木昭夫、小林亮、田中善弘、山口和也、二村学、吉田和弘、伊藤善規.高度催吐性リスク抗がん剤による制吐不良患者におけるオランザピンの制吐効果の調査.第52回日本癌治療学会学術集会 (2014年8月、横浜)
11. 鈴木景子、丹羽隆、外海友規、渡邉珠代、太田浩敏、土屋麻由美、安田浩二、村上啓雄、伊藤善規.全注射用抗菌薬監視体制による抗MRSA薬使用症例の治療成績の向上.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
12. 小林亮、鈴木昭夫、飯原大稔、岡安伸二、伊藤善規.耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価-有害事象に対する治療および予防による医療経済効果-.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
13. 川島優季、岡安伸二、原田紗希、西田承平、鈴木昭夫、小林亮、杉山正、伊藤善規.2型糖尿病患者における退院後血糖コントロール悪化のリスク要因解析.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
14. 宮原志帆、大野雄太、今西義紀、小林亮、鈴木昭夫、杉山正、伊藤善規.スニチニブの治療継続に影響を及ぼす要因の解析.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
15. 石原正志、吉見千明、飯原大稔、藤井宏典、山田摩耶、西垣美奈子、小森善文、鈴木昭夫、伊藤善規.オキサリプラチンによる末梢神経障害に対するプレガバリンの費用対効果.第8回日本緩和医療薬学会学年会 (2014年10月、愛媛)
16. 林寛子、石原正志、渡邉珠代、鶴見広美、山口公大、後藤尚絵、馬渕量子、伊藤善規、鶴見 寿.地域病院でのHIV診療におけるテノホビル/エムトリシタビン(TDF/FTC)の腎機能への影響.日本エイズ学会学術集会 (2014年12月)
17. 渡邉珠代、石原正志、鶴見広美、山口公大、林寛子、村上啓雄、鶴見 寿.岐阜大学医学部附属病院(岐阜県中核拠点病院)における日和見合併症の発生状況.日本エイズ学会学術集会 (2014年12月)

会報告(特別講演)

1. 伊藤善規.特別講演「病院薬剤業務のアウトプット~医療の質と経営への貢献~」滋賀県病院薬剤師会総会 (2014年4月12日、守山)
2. 伊藤善規.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年6月、福岡)
3. 伊藤善規.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年7月、広島)
4. 鈴木昭夫.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年7月、仙台)
5. 鈴木昭夫.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年9月、札幌)
6. 鈴木昭夫.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年10月、名古屋)
7. 伊藤善規.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年10月、東京)
8. 伊藤善規.病棟薬剤業務のアウトカム.日本薬剤師会主催、平成26年度病院診療所薬剤師研修会(2014年11月、大阪)
9. 伊藤善規.病棟薬剤業務の展開とアウトカム評価に関する多施設共同研究実施の提案.日本病院薬剤師会主催、病院・大学・薬局薬剤師のための臨床研究セミナー2014(2014年11月、東京)
10. 伊藤善規.がん化学療法における薬剤業務について.第13回香川県癌治療薬剤業務研究会(2014年11月、高松)

会報告(シンポジウム・ランチョンセミナー)

1. 飯原大稔.がん専門薬剤師になるための50症例 書き方.第6回日本がん薬剤学会学術大会 (2014年5月、東京)
2. 石原正志.「排便マネジメント~難治性便秘に対する多職種アプローチ~」.第19回日本緩和医療学会 (2014年6月、神戸)
3. Iihara H, Ishihara M, Fujii H, Nishigaki M, Yamada M, Yoshimi C, Takahashi M, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y. Pharmacists contribute to safe management in outpatient cancer chemotherapy.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2014年7月、福岡)
4. 飯原大稔.薬物療法を支えるための工夫「がん診療におけるCDTMとしての診察前面談の取り組み」.第11回日本乳癌学会中部地方会 (2014年9月、岐阜)
5. 鈴木昭夫.薬剤師外来病棟サポート/日本版CDTMにおけるアウトカム評価について.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
6. 石原正志.免疫機能低下時における複合的マネジメント.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)

1. 小林亮.《優秀演題賞》 耳鼻科病棟における病棟薬剤業務の取り組みと評価-有害事象に対する治療および予防による医療経済効果-.第24回日本医療薬学会年会 (2014年9月、名古屋)
2. 西田承平.《Blue Light Up賞》 2型糖尿病患者における退院後血糖コントロール悪化のリスク要因解析.Blue Light Up Conference in GIFU 一般演題コンペ (2014年11月、岐阜)

学研究費助成金

1. 伊藤善規;科学研究補助金基盤研究(C)(25460208):がん化学療法における口内炎の予防薬としてのポラプレジンク製剤の開発に関する研究;平成25-27年度;4,680千円(2,730:1,170:780)
2. 飯原大稔:科学研究費奨励研究(26929001):化学放射線療法による食道炎に対するポラプレジンクの予防効果に関する研究。500千円(2014年度)
3. 石原正志:科学研究費奨励研究(26929004):抗がん剤による悪心・食欲不振に対する抗精神病薬の有効性に関する研究.500千円(2014年度)
4. 丹羽隆:科学研究費奨励研究(26929022):感染対策チームによる抗MRSA薬の使用に対する介入効果の検討.500千円(2014年度)

道関係

1. 伊藤善規.論壇「病棟薬剤業務にどう取り組むべきか」.薬事新報、No.2818 (1月1日号)
2. 中日新聞(2014年3月25日掲載):「つなごう医療」岐阜大病院の外来抗がん剤治療:薬剤師が「診察前面談」
3. 伊藤善規、鈴木昭夫.KISSEI KUR Vol.8 No.1

2013年

著論文(英文)

1. Aoki S, Iihara H, Nishigaki M, Imanishi Y, Yamauchi K, Ishihara M, Kitaichi K, Itoh Y. Difference in the emetic control among highly emetogenic chemotherapy regimens: implementation for appropriate use of aprepitant. Mol Clin Oncol 1: 41-46, 2013.
2. Okamoto R, Itoh Y, Murata U, Kobayashi D, Hosoi M, Mine K. Reduction of group II metabotropic glutamate receptors during development of benzodiazepine dependence. Pharmacology 91: 145-152, 2013.
3. Fujii H, Iihara H, Takahashi T, Yoshida Y, Itoh Y. Improvement of adherence to guidelines for antiemetic medication enhances emetic control in patients with colorectal cancer receiving chemotherapy of moderately emetic risk. Anticancer Res 33: 5549-5556, 2013.

著論文(邦文)

1. 吉見千明、山田摩耶、藤井宏典、西垣美奈子、飯原大稔、北市清幸、高橋繭、倉橋小代子、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.外来がん化学療法室でのチーム医療における薬剤師の役割:診察前患者面談の有用性評価.癌と化学療法 40(3): 349-354, 2013
2. 小川裕美、安田浩二、兼松哲史、高井満、伊藤善規.フェンタニルパッチの採用と医療過誤対策についての調査.日本病院薬剤師会雑誌、49:971-974、2013

1. 北市清幸. 第13章 オータコイド. 「わかりやすい 薬の効くプロセス」 第2版(小野寺憲治 監修) ネオメディカル pp.372-387, 2013.

説等

1. 高橋孝夫、吉田和弘、飯原大稔、伊藤善規.大腸癌に対するチーム医療で行う外来化学療法-術後補助化学療法を中心に-.外来癌化学療法 4: 31-37, 2013.
2. 丹羽隆.抗菌薬適正使用推進プログラム(Antimicrobial Stewardship)の完全実施体制の確立とアウトカム評価、医療薬学、39:125-133、2013.
3. 岡安伸二.くすりの効果における「困った」を解決 ビグアナイド薬、チアゾリジン薬、DPP-4阻害薬.糖尿病ケア6:534-547,2013.MCメディカ出版.
4. 岡安伸二、堀聡納、北市清幸、諏訪哲也、堀川幸男、山本眞由美、武田純、伊藤善規.メトホルミン塩酸塩による下痢発現のリスク要因の解析と下痢予防のための対策立案.医薬ジャーナル49:1533-1540、2013.医薬ジャーナル社.
5. 丹羽隆、伊藤善規.特集Infection Control Tips「抗菌薬の適正使用」Tips-①Antimicrobial stewardshipの考え方、薬局、64:2495-2499、2013.じほう.
6. 安田満、丹羽隆.特集2 切り取って使える保存版泌尿器科薬剤ノート①排尿障害・結石・感染の薬 4.性感染症に用いられる薬、泌尿器ケア、18:968-972、2013.MCメディカ出版.
7. 村上啓雄、深尾亜由美、渡邉珠代、土屋麻由美、太田浩敏、丹羽隆.「地域連携・相互支援のICTのお悩み相談室Q&A」厚生労働省モデル事業における院内感染対策地域支援ネットワーク、INFECTION CONTROL、22:1018-1021、2013.
8. 渡邉珠代、土屋麻由美、丹羽隆、太田浩敏、鈴木智之、深尾亜由美、村上啓雄.感染制御における地域ネットワークの実際、感染症、43:217-222、2013.
9. 村上啓雄、田村孝、丹羽隆.大学病院におけるNSTの現状と課題-適切な栄養管理システムのあり方、医学のあゆみ、247: 1143-1148、2013.

会発表(海外)

1. H. Iihara, C. Yoshimi, M. Yamada, H. Fujii, M. Nishigaki, M. Ishihara, M. Takahashi, S. Kurahashi, T. Takahashi, K. Yoshida, Y. Itoh., Risk and benefit of pregabalin for the treatment of chemotherapy-induced peripheral neuropathy. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (June, 2013, Berlin, Germany)
2. H. Fujii, H. Iihara, M. Nishigaki, A. Suzuki, M. Ishihara, Y. Itoh., Rational use of aprepitant based on the individual chemotherapy regimen among highly emetic risk category. MASCC/ISOO International Symposium on Supportive Care in Cancer (June, 2013, Berlin, Germany)
3. Watanabe T., Tsuchiya M., Suzuki T., Niwa T., Ohta H., Murakami N. Seroprevalence of measles, rubella, mumps, and varicella among health care workers in Japan, 2nd International Conference on Prevention and Infection Control (ICPIC 2013) (June, 2013, Geneva, Switzerland).

会発表(国内)

1. 渡邉珠代、太田浩敏、丹羽隆、鈴木智之、村上啓雄.当院におけるカンジダ菌血症の検討.真菌症フォーラム第14回学術集会 (2013年2月、東京)
2. 深尾亜由美、丹羽隆、土屋麻由美、渡邉珠代、鈴木智之、太田浩敏、村上啓雄.グルコン酸クロルヘキシジン含有ドレッシング材使用によるCLABSI予防効果の検討、第28回日本環境感染学会総会 (2013年3月、横浜)
3. 丹羽隆、土屋麻由美、渡邉珠代、鈴木智之、太田浩敏、深尾亜由美、村上啓雄.ICTの周術期・処置時クリニカルパスへの関与による抗菌薬の適正化とその評価、第28回日本環境感染学会総会 (2013年3月、横浜)
4. 渡邉珠代、土屋麻由美、太田浩敏、丹羽隆、鈴木智之、村上啓雄.岐阜県内の感染防止対策加算算定病院でのICT活動状況調査報告、第28回日本環境感染学会総会 (2013年3月、横浜)
5. 土屋麻由美、丹羽隆、渡邉珠代、鈴木智之、太田浩敏、高橋孝夫、村上啓雄.食道癌手術におけるSSI発生リスク因子の検討、第28回日本環境感染学会総会 (2013年3月、横浜)
6. 山田摩耶、飯原大稔、安田浩二、吉見千明、藤井宏典、西垣美奈子、石原正志、高橋繭、倉橋小夜子、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.外来化学療法室における化学療法日誌システムの構築と全患者を対象とした薬剤師による面談のアウトカム評価、日本薬学会第133年会 (2013年3月、横浜)
7. 小林亮、鈴木昭夫、飯原大稔、岡安伸二、伊藤善規.病棟薬剤業務実施ワークシートを用いた病棟業務の評価、日本薬学会第133年会 (2013年3月、横浜)
8. 大森智史、鈴木昭夫、丹羽隆、牛越博昭、白井邦博、吉田省造、小倉真治.βラクタム系抗菌薬のLC-MS/MS同時測定法の確立およびその応用、第21回日本集中治療医学会 東海北陸地方会 (2013年6月、岐阜)
9. 渡邉珠代、丹羽隆、太田浩敏、土屋麻由美、鈴木智之、村上啓雄.当院でのMRSA感染症に対するLinezolid(許可制)の使用成績、第4回MRSAフォーラム (2013年7月、東京)
10. 林寛子、石原正志、兼村信宏、笠原千嗣、北市清幸、原武志、鶴見寿、森脇久隆、伊藤善規.造血幹細胞移植前化学療法に伴う口内炎に対するポラプレジンクの予防効果、第11回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2013年8月、仙台)
11. 石原正志、池末裕明、千堂年昭、荒木博陽、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬投与時の便秘対策におけるパンテチンの有効性評価:多施設共同研究 J-RIGID study のサブ解析、第7回日本緩和医療薬学会 (2013年9月、千葉)
12. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.中等度催吐性リスクの化学療法における悪心嘔吐発現の予測因子に関する調査、第23回日本医療薬学会年会 (2013年9月、千葉)
13. 鈴木麻由美、藤井宏典、山田摩耶、吉見千明、西垣美奈子、石原正志、北市清幸、杉山正、伊藤善規、吉田和弘.パニツムマブによるざ瘡様皮疹に対するミノサイクリンの効果、第23回日本医療薬学会年会 (2013年9月、千葉)
14. 竹市朱里、丹羽隆、林寛子、今西義紀、外海友規、岡安伸二、北市清幸、安田公夫、伊藤善規.バンコマイシン初期投与早見表の臨床的有用性の検討、第23回日本医療薬学会年会 (2013年9月、千葉)
15. 丹羽隆、渡邊珠代、鈴木昭夫、外海友規、土屋麻由美、鈴木智之、太田浩敏、岡安伸二、北市清幸、村上啓雄、伊藤善規.リスク要因の有無に基づいたリネゾリドの用量調節による血小板減少発現率の低下、第23回日本医療薬学会年会 (2013年9月、千葉)
16. 山田菜央実、鈴木昭夫、今西義紀、仲野正博、安田公夫、伊藤善規.シスプラチンによる腎障害予防のための輸液の適正使用について、第23回日本医療薬学会年会 (2013年9月、千葉)
17. 藤井宏典、飯原大稔、石原正志、松橋延壽、野中健一、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.大腸がん化学療法における遅発性制吐対策としてのデキサメタゾンの有効性に関する研究、第51回日本癌治療学会学術集会 (2013年10月、京都)
18. 石原正志、鶴見寿、寺沢恵子、高橋昌明、柴田雅章、鶴見広美、渡邉珠代、中村信彦、河田祐里、林寛子、北市清幸、村上啓雄、伊藤善規、森脇久隆.HIV感染妊婦におけるロピナビルの血中濃度推移、第27回日本エイズ学会学術集会 (2013年11月、熊本)
19. 鈴木昭夫、飯原大稔、小林亮、岡安伸二、伊藤善規.耳鼻科における病棟薬剤業務の取り組みとその評価.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部 合同学術大会2013 (2013年11月、鈴鹿)
20. 渡邉珠代、丹羽隆、太田浩敏、村上啓雄.当院におけるMRSA感染症に対するダプトマイシンの使用成績.第61回日本化学療法学会西日本支部総会 (2013年11月、大阪)

会発表(特別講演)

1. 伊藤善規.岡山県病院薬剤師会北地区研修会特別講演「がん化学療法に薬剤師は如何に関わるべきか?~最近の悩み~」 (2013年1月、岡山)
2. 伊藤善規.三重県病院薬剤師会生涯研修会特別講演「外来がん化学療法における薬剤師外来の展開と成果」 (2013年3月、四日市)
3. 伊藤善規.第18回長崎クリニカルファーマシー研究会.特別講演「今後の病院薬剤師業務~薬剤業務に基づく研究のすすめ~」 (2013年3月、長崎)
4. 伊藤善規.特別講演「薬剤業務に基づく研究のアウトカム評価の重要性」第35回秋田県臨床薬学研究会 (2013年7月、秋田)

会発表(シンポジウム・ランチョンセミナー)

1. 飯原大稔.シンポジウム がん化学療法における薬剤師のリーダーシップ、医療薬学フォーラム2013 (2013年7月、金沢)
2. 伊藤善規.シンポジウム 「抗がん剤の副作用対策の進歩:抗がん剤による悪心・嘔吐」第40回日本毒性学会学術年会 (2013年6月、千葉)
3. 飯原大稔.シンポジウム がんチーム医療における薬剤師の役割、第51回日本癌治療学会学術集会 (2013年10月、京都)
4. 高橋孝夫、野中健一、松橋延壽、飯原大稔、伊藤善規、吉田和弘.シンポジウム 医師からの要望と期待-CDTMに繋がる当院での試み-、第51回日本癌治療学会学術集会 (2013年10月、京都)
5. 伊藤善規.ランチョンセミナー「次世代薬剤師とは?」第46回東海薬剤師学術大会 (2013年11月、岐阜)
6. 鈴木昭夫.耳鼻科および口腔外科病棟における薬剤業務の展開とアウトカム.第52回医療薬学会公開シンポジウム (2013年12月、岡山)

学研究費助成金

1. 伊藤善規;科学研究補助金基盤研究(C)(25460208):がん化学療法における口内炎の予防薬としてのポラプレジンク製剤の開発に関する研究;平成25-27年度;4,680千円(2,730:1,170:780)
2. 石原正志:科学研究費奨励研究(25929003):造血幹細胞移植前処置による口内炎に対するポラプレジンクの予防効果に関する研究;500千円
3. 今西義紀:科学研究費奨励研究(25929005):シスプラチンによる腎障害マーカーとしてのシスタチンCの有用性の検討;500千円
4. 鈴木昭夫:科学研究費奨励研究(25929013):シスプラチン投与時の腎障害の発現に及ぼす要因の解析とその予防対策の確立;500千円

道関係

1. 伊藤善規、遠藤秀治.「新時代を迎えた病院薬剤師~さらなる飛躍に向けた業務展開と課題」ファーマスコープ(特別号).田辺三菱
2. NHK総合テレビ・クローズアップ現代「ムダの“見える化”医療ビッグデータ」 (2013年10月放映)

2012年

著論文(英文)

1. Ishihara M, Ikesue H, Matsunaga H, Suemaru K, Kitaichi K, Suetsugu K, Oishi R, Sendo T, Araki H, Itoh Y. The Japanese Study Group for the Relief of Opioid-Induced Gastrointestinal Dysfunction (J-RIGID). A multi-institutional study analyzing effect of prophylactic medication for prevention of opioid-induced gastrointestinal dysfunction. Clin J Pain 28:373-381, 2012.
2. Nishigaki M, Kawahara K, Nawa M, Futamura M, Nishimura M, Matsuura K, Kitaichi K, Kawaguchi Y, Tsukioka T, Yoshida K, Itoh Y. Development of fast dissolving oral film containing dexamethasone as an antiemetic medication clinical usefulness. Int J Pharmac 424: 12-17, 2012.
3. Okayasu S, Kitaichi K, Hori A, Suwa T, Horikawa Y, Yamamoto M, Takeda J, Itoh Y. The evaluation of risk factors associated with adverse drug reactions by metformin in type 2 diabetes mellitus. Biol Pharm Bull 36: 933-937, 2012.
4. Iihara H, Matsuura K, Ishihara M, Takahashi T, Kawaguchi Y, Yoshida K, Itoh Y. Pharmacists contribute to the improved efficiency of medical practices in the outpatient cancer chemotherapy clinic. J Eval Clin Pract 18: 753-760, 2012.
5. Ishisaka M., Kakefuda K., Oyagi A., Ono Y., Tsuruma K., Shimazawa M., Kitaichi K., Hara H. Diacylglycerol kinase β knockout mice exhibit attention-deficit behavior and an abnormal response on methylphenidate-induced hyperactivity. PlosOne, online, 2012.
6. Nawata Y, Kitaichi K, Yamamoto T. Increases of CRF in the amygdala are responsible for reinstatement of methamphetamine-seeking behavior induced by footshock. Pharmacol Biochem Behav., 101 297-302, 2012.
7. Niwa T, Shinoda Y, Suzuki A, Ohmori T, Yasuda M, Ohta H, Fukao A, Kitaichi K, Matsuura K, Sugiyama T, Murakami N, Itoh Y. Outcome measurement of extensive implementation of antimicrobial stewardship in patients receiving intravenous antibiotics in a Japanese university hospital. Int J Clin Pract, 66: 999-1008, 2012.
8. Endo J, Iihara H, Yamada M, Yanase K, Kamiya F, Ito F, Funaguchi N, Ohno Y, Minatoguchi S, Itoh Y. A randomized controlled noninferiority study comparing antiemetic effect between intravenous granisetron and oral azasetron based on estimated 5-HT3 receptor occupancy. Anticancer Res 32: 3939-3948, 2012.

著論文(邦文)

1. 丹羽隆、篠田康孝、鈴木昭夫、大森智史、太田浩敏、深尾亜由美、安田満、北市清幸、松浦克彦、杉山正、村上啓雄、伊藤善規. Infection Control Teamによる全入院患者を対象とした注射用抗菌薬適正使用推進実施体制の確立とアウトカム評価. 医療薬学 38: 273-281, 2012.
2. 村上啓雄、深尾亜由美、丹羽隆、太田浩敏、伊藤善規.大学病院での取り組み.適切なチーム医療活動と各職種メンバーの役割-岐阜大学医学部附属病院ICTにおける抗菌薬適正使用の取り組み-Antimicrobial Stewardship.月刊地域医学 26: 316-321, 2012.

1. 伊藤善規、飯原大稔(分担執筆).エビデンスに基づいたがん薬物療法エキスパートマニュアル.(第1版)石岡千加史、井上忠夫(編集).総合医学社, 2012
2. 安田浩二、伊藤善規、ほか(分担執筆). 2012年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-.廣川書店, 2012
3. 大石了三、池末裕明、伊藤善規(編集). がん化学療法ワークシート(第4版).じほう, 2012
4. 安田浩二、ほか(分担執筆).病院薬剤師業務テキスト 第5版(2012年).日本病院薬剤師会東海ブロック, 2012
5. 飯原大稔(分担執筆)、青山剛、東加奈子、川上和宣、宮田広樹(編集).がん化学療法レジメン管理マニュアル(第1版).医学書院, 2012
6. 飯原大稔.標準制吐対策でコントロール不良も非定型抗精神病薬が奏功した症例.月刊薬事 じほう, 2012
7. 高橋孝夫、吉田和弘、飯原大稔、高橋繭.消化器がん化学療法主要レジメン理解&看護ポイント FOLFIRI±BVおよびFOLFOX±BV.消化器外科NURSING MCメディカ出版, 2012

説等

1. 伊藤善規.業務に基づく研究の推進による薬剤師の責任と権限の拡大を.ぎふ病薬 54: 3-11,2012.

会発表(海外)

1. Iihara H, Endo J, Yamada M, Kitaichi K, Yanase K, Kamiya F, Ito F, Funaguchi N, Ohno Y, Minatoguchi S, Itoh Y, The antiemetic effects of oral azasetron in lung cancer patients treated with moderately emetogenic chemotherapy: comparison with intravenous granisetron, European Respiratory Society Annual Congress 2012 (September, 2012. Vienna, Austria)
2. Yanase K, Ohno Y, Kamiya F, Endo J, Ito F, Funaguchi N, Iihara H, Minatoguchi S, Endoscopic narrow-band imaging-quantitative assessment of airway vascularity of sarcoidosis, European Respiratory Society Annual Congress 2012 (September, 2012. Vienna, Austria)

会発表(国内)

1. 白木亮、西村佳代子、石原正志、村上啓雄、森脇久隆.消化器疾患患者の主観的包括的評価と在院日数.第27回日本静脈経腸栄養学会 (2012年2月、神戸)
2. 石原正志、池末裕明、松永尚、末丸克矢、北市清幸、大石了三、千堂年昭、荒木博陽、伊藤善規.内服強オピオイド鎮痛薬投与時の緩下剤および制吐剤予防投与の有用性評価に関する多施設共同研究:J-RIGID study.日本薬学会第132年会 (2012年3月、札幌)
3. 林寛子、丹羽隆、山内惠太、今西義紀、鈴木昭夫、大森智史、北市清幸、松浦克彦、伊藤善規.夜勤時対応を考慮したバンコマイシン初期投与量早見表作成とその評価.日本薬学会第132年会 (2012年3月、札幌)
4. 安田浩二、山田紘嗣、小森善文、丹羽隆、北市清幸、松浦克彦、伊藤善規.適正使用に基づいた薬剤業務の医療経済的評価.医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム (2012年7月、博多)
5. 今西義紀、藤井宏典、青木慎也、飯原大稔、北市清幸、仲野正博、高橋孝夫、出口隆、吉田和弘、伊藤善規.抗がん剤投与後におけるデキサメタゾンの制吐効果:レジメン間における効果の違い.医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム (2012年7月、博多)
6. 吉見千明、山田摩耶、藤井宏典、西垣美奈子、飯原大稔、北市清幸、高橋繭、倉橋小代子、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.外来がん化学療法室における薬剤師による診察前患者面談の導入とその有用性評価.医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム (2012年7月、博多) 【優秀ポスター賞受賞】
7. 西垣美奈子、森光華澄、名和正人、二村学、川口順敬、吉田和弘.遅発性悪心・嘔吐に対する新規開発デキサメタゾン含有口腔内速溶解フィルム製剤の有用性に関する研究.第20回日本乳癌学会 (2012年7月、熊本)
8. 山田摩耶、飯原大稔、遠渡純輝、北市清幸、松浦克彦、大野康、伊藤善規.5-HT3受容体占有理論に基づいたアザセトロン内服薬とグラニセトロン注射薬の制吐効果の無作為化非劣性比較試験から中~高リスク化学療法が施行される肺がん患者に対する急性期悪心・嘔吐予防対策としてのアザセトロンの有用性:グラニセトロンとの比較.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
9. 小川晃宏、吉見千明、飯原大稔、北市清幸、高橋繭、倉橋小代子、高橋孝夫、吉田和弘、杉山正、伊藤善規.がん化学療法による末梢神経障害に対するプレガバリンの効果.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
10. 船渡三結、林寛子、石原正志、北市清幸、安田公夫、伊藤善規.造血幹細胞移植前処置時の大量化学療法で起こる口内炎に対するポラプレジンク/アルギン酸ナトリウムの効果.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
11. 田中麻友、飯原大稔、北市清幸、高橋繭、倉橋小代子、高橋孝夫、吉田和弘、安田公夫、伊藤善規.外来がん化学療法施行患者におけるセツキシマブによる皮膚障害の発現状況と対策.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
12. 岡安伸二、飯原大稔、窪田傑文、池田三千夫、近藤剛弘、永井孝尚、番千鶴、北市清幸、松浦克彦、伊藤善規.外来がん化学療法施行患者に対するお薬手帳の活用とその評価-第2報-.第45回日本薬剤師学術大会 (2012年10月、浜松)
13. 渡邉珠代、丹羽隆、太田浩敏、鈴木智之、土屋麻由美、伊藤善規、清島満、村上啓雄、藤本修平.当院における抗菌薬適正使用推進の取り組みと薬剤耐性菌検出状況.第41回薬剤耐性菌研究会 (2012年10月、下呂)
14. 渡邉珠代、太田浩敏、丹羽隆、鈴木智之、村上啓雄.当院におけるカンジダ菌血症の検討.第60回日本化学療法学会西日本支部総会 (2012年11月、福岡)
15. 鈴木昭夫、飯原大稔、小林亮、岡安伸二、伊藤善規.耳鼻科領域における病棟薬剤業務への取り組み.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2012 ((2012年11月、岐阜)

会発表(シンポジウム)

1. 飯原大稔.がん化学療法チーム医療における薬剤師の役割. 21世紀薬剤師フォーラム -チーム医療における薬剤師の役割- (2012年2月、名古屋)
2. 飯原大稔.特別講演「外来化学療法における薬剤師の役割」岐阜県県病院薬剤師会東濃ブロック学術集会 (平成23年2月、瑞浪)
3. 伊藤善規.シンポジウム「口腔内速溶解フィルムに潜在する製剤開発のシーズ.次世代型経口製剤に求められる臨床機能性」.日本薬学会第132年会 (2012年3月、札幌)
4. 丹羽隆.シンポジウム「テイコプラニンでは個別の投与設計が有用-有効血中濃度到達率の向上への取り組みと要因解析-」.第29回日本TDM学会 (2012年6月、神戸)
5. 伊藤善規.招待講演「臨床現場で遭遇するテーマをどのように研究として取り上げ、エビデンスとしていくか」.実践的医療薬学教育開発シンポジウム (2012年5月、千葉)
6. 伊藤善規.イブニングセミナー「抗がん剤およびオピオイド鎮痛薬使用時の副作用対策~制吐対策・便秘対策を中心に~」.第17回日本緩和医療学会学術大会 (2012年6月、神戸)
7. 伊藤善規.シンポジウム「医療連携による薬学的エビデンス構築のための臨床研究.[医療現場での臨床研究の進め方-薬学的エビデンス構築に向けて-]」.医療薬学フォーラム2012.第20回クリニカルファーマシーシンポジウム (2012年7月、福岡)
8. 丹羽隆.奨励賞受賞講演 抗菌薬適正使用推進プログラム(Antimicrobial Stewardship)の完全実施体制の確立とアウトカム評価. 第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
9. 丹羽隆.シンポジウム「抗菌薬適正使用と経済効果」.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
10. 松浦克彦、伊藤善規.シンポジウム「未承認薬および適応外医薬品の使用に関する倫理審査への薬剤師の関わり」.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
11. 飯原大稔.ランチョンセミナー「チーム医療を実践した大腸癌化学療法」.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
12. 岡安伸二.特別講演「糖尿病治療の実際~インクレチンとメトホルミンを中心に~」.第11回中濃地区糖尿病チーム医療カンファレンス (2012年10月、関)
13. 岡安伸二.ミニレクチャー「メトホルミン塩酸塩の下痢発現リスク因子に関する検討」.第38回岐阜糖尿病病診連携懇話会 (2012年12月、岐阜)

1. 吉見千明.優秀ポスター賞.外来がん化学療法室における薬剤師による診察前患者面談の導入とその有用性評価. 医療薬学フォーラム2012 第20回クリニカルファーマシーシンポジウム (2012年7月、福岡)
2. 丹羽隆.平成24年度日本医療薬学会奨励賞.抗菌薬適正使用推進プログラム(Antimicrobial Stewardship)の完全実施体制の確立とアウトカム評価.第22回日本医療薬学会年会 (2012年10月、新潟)
3. 岡安伸二.Blue Light Up賞.メトホルミン塩酸塩の下痢発現リスク因子に関する検討.Blue Light Up Conference in GIFU 一般演題コンペ (2012年11月、岐阜)

学研究費助成金

1. 研究代表者:紀ノ定保臣、研究分担者:伊藤善規;科学研究補助金基盤研究(B):医薬品適正使用支援システムの開発と高度医療専門職人材育成への応用;平成25-26年度;16,050千円(6,050:4,500:5,500)
2. 研究代表者:伊藤善規;科学研究補助金基盤研究(C):新規デキサメタゾン含有口腔内溶解フィルム製剤の制吐薬としての臨床評価に関する研究;平成22-24年度;4,290千円(2,730:910:650)
3. 下田浩欣:科学研究費奨励研究(24926006):救急集中治療域におけるテイコプラニンの母集団薬物動態解析に関する研究.500千円
4. 大森智史:科学研究費奨励研究(24927003):救命救急患者におけるテーラーメード型薬物投与設計確立に関する研究.500千円
5. 安田浩二:科学研究費奨励研究(24929021):タブレットPCと電子カルテの連携による持参薬鑑別報告の有用性に関する研究.500千円

道関係

1. 伊藤善規.薬薬連携から医薬薬連携へ.クレデンシャル(4月号).43: 12-13, 2012
2. BS日テレ;外来化学療法におけるチーム医療(岐阜大学医学部附属病院).「医療の扉」取材.2012年4月22日放送
3. 対談:伊藤善規・山田安彦「受容体占有理論に基づく制吐薬の選択・評価」.メディカルレビュー社.2012年4月3日
4. 岐阜大学医学部附属病院薬剤部「専門知識と経験を持った薬剤師が積極的に処方提案し、チーム医療に貢献.Farma Chugai 9: 6-9, 2012
5. 伊藤善規.対談:伊藤善規,遠藤秀治,守屋猛,柏毅彦「これからの病棟業務はいかにあるべきか」ファーマスコープ.田辺三菱.2012年7月20日

2011年

著論文(英文)

1. Imanishi Y, Matsui K, Ishida K, Ito S, Matsuura K, Deguchi T, Itoh Y. Pharmacokinetic properties of once-daily oral formulation of tacrolimus in patients with renal transplantation. Arzneimittel-Forshung 61 (3): 191-196, 2011.
2. Ohmori T, Suzuki A, Niwa T, Ushikoshi H, Shirai K, Yoshida S, Ogura S, Itoh Y. Simultaneous determination of eight b-lactam antibiotics in human serum by liquid chromatography-tandem mass spectrometry. J Chromatogr B 879: 1038-1042, 2011.
3. Fujii H, Iihara H, Matsuura K, Takahashi T, Yoshida K, Itoh Y. Evaluation of efficacy and safety of generic levofolinate in patients who received colorectal cancer chemotherapy. Medical Oncol 28: 488-493, 2011.
4. Okayasu S, Matsuura K, Kondoh Y, Tsuruta E, Takashima E, Suzuki M, Nagai T, Yasuda K, Itoh Y. A survey of incidence of diarrhea associated with a single-dose azithromycin formulation in collaboration with hospital pharmacy and community pharmacies. Pharmazie 66: 226-229, 2011.
5. Ishihara M, Kitaichi K, Matsuura K, Nakamura H, Tsurumi H, Moriwaki H, Itoh Y. Rikkunshi-to partially reverses cancer chemotherapy-induced decrease in plasma valproic acid concentration in a patient with malignant lymphoma. Chinese Med 2, 58-61, 2011.
6. Takeshita M, Banno Y, Nakamura M, Otsuka M, Teramachi H, Tsuchiya T, Itoh Y. The pivotal role of intracellular calcium in oxaliplatin-induced inhibition of neurite outgrowth but not cell death in differentiated PC12 cells. Chemical Res Toxicol 24: 1845-1852, 2011.

著論文(邦文)

1. 大林浩幸、宮川武彦、古井秀彦、小林博、松浦克彦、伊藤善規.岐阜県病院薬剤師会登録の全施設における院内吸入指導の実態調査.岐阜県医師会医学雑誌 24:83-90, 2011

1. 飯原大稔.最新制吐対策.月刊薬事 じほう、 2011
2. 飯原大稔.外来患者の服薬支援 支持療法(イメンド)の処方患者.調剤と情報 じほう、2011
3. 安田浩二、伊藤善規、ほか(松田重三、ほか編集)(分担執筆).薬学生のための臨床実習マニュアル.医学評論社、2011
4. 安田浩二、伊藤善規、ほか(分担執筆). 2011年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-. 廣川書店, 2011
5. 丹羽隆、伊藤善規、ほか(分担執筆).周術期における感染制御.周術期管理チームテキスト(第2版).日本麻酔科学会、2011
6. 石原正志.専門薬剤師Up-to-Date.月刊薬事 じほう、 2011

説等

1. 松田公子、宮本篤、伊藤善規、江口久恵、大倉輝明、加勢泰子、下村光一、白石正、丹原敏男、仲村スイ子、早狩誠、松原和夫、源川奈穂、堀内龍也.医療の質向上のためのチーム医療への薬剤師の関与とその成果に関する論文実例集(1)がん化学療法領域における薬剤師の取り組みと成果.日本病院薬剤師会雑誌 47: 983-1002, 2011.
2. 松田公子、宮本篤、伊藤善規、江口久恵、大倉輝明、加勢泰子、下村光一、白石正、丹原敏男、仲村スイ子、早狩誠、松原和夫、源川奈穂、堀内龍也.医療の質向上のためのチーム医療への薬剤師の関与とその成果に関する論文実例集(2)感染制御領域における薬剤師の取り組みと成果.日本病院薬剤師会雑誌 47: 1231-1240, 2011.
3. 松田公子、宮本篤、伊藤善規、江口久恵、大倉輝明、加勢泰子、下村光一、白石正、丹原敏男、仲村スイ子、早狩誠、松原和夫、源川奈穂、堀内龍也.医療の質向上のためのチーム医療への薬剤師の関与とその成果に関する論文実例集(3)TDM領域.日本病院薬剤師会雑誌 47: 1373-1383, 2011.

会発表(海外)

1. Niwa T, Shinoda Y, Suzuki A, Ohmori T, Yasuda M, Ohta H, Fukao A, Sugiyama T, Murakami N, Itoh Y. Outcomes of antimicrobial stewardship intervention in Japanese university hospital, SHEA2011 annual scientific meeting (April, 2011. Dallas, Texas).
2. Ohno Y, Endo J, Funaguchi N, Ito F, Kamiya F, Yanase K, Mori H, Asano M, Iihara H, Minatoguchi S. A study of the successful execution rate by the CDDP+VNB bi-weekly treatment of the lung cancer postoperative patient, 14th world conference on lung cancer (July, 2011 Amsterdam, Netherlands)
3. Ohno Y, Kamiya F, Yanase K, Ito F, Mori H, Nishigaki K, Funaguchi N, Endo J, Iihara H, Aoyama T, Minatoguchi S. Relationship between the G-CSF and bone metabolism in patients with advanced non-small cell lung cancer patients, 14th world conference on lung cancer (July, 2011 Amsterdam, Netherlands)

会発表(国内)

1. 西垣美奈子、河原加奈、西村美佐夫、渡辺千尋、飯原大稔、松浦克彦、川口順敬、吉田和弘、伊藤善規.乳癌患者を対象としたデキサメタゾン含有口腔内速溶解フィルムの制吐薬としての有用性に関する研究.日本薬学会第131年会 (2011年3月、静岡)
2. 山内惠太、渡辺朋子、今西義紀、飯原大稔、松浦克彦、伊藤善規.抗がん剤が連日投与されるレジメンでのアプレピタントの使用法について.日本薬学会大131年会 (2011年3月、静岡)
3. 鈴木昭夫、吉田省造、大森智史、白井邦博、丹羽 隆、中野通代、小倉真治、伊藤善規.救急集中治療領域におけるテイコプラニン初期投与設計に影響を及ぼす要因の解析 第59回日本化学療法学会総会 (2011年6月、札幌)
4. 藤井宏典、飯原大稔、西垣美奈子、山田摩耶、吉見千明、北市清幸、松浦克彦、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規.大腸がん化学療法における遅発性制吐効果を目的としたデキサメタゾンの必要性について.第19回医療薬学フォーラム (2011年7月、旭川)
5. 河原加奈、西垣美奈子、西村美佐夫、飯原大稔、松浦克彦、川口順敬、吉田和弘、伊藤善規.乳癌患者を対象とした遅発性悪心・嘔吐に対するデキサメタゾン含有口腔内速溶解フィルム製剤の有用性に関する研究.医療薬学フォーラム2011クリニカルファーマシーシンポジウム (2011年7月,旭川)
6. 井沢知子、橋本浩伸、中山貴寛、佐治重衡、清水千佳子、上田宏、飯原大稔、佐藤由美子、上野直人.Japan Team Oncology Program チームオンコロジー.com掲示板の内容分析から探る患者と医療者のソーシャルネットサービスニーズ.第9回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2011年7月、横浜)
7. 中村宏洋、北市清幸、石原正志、飯原大稔、後藤尚絵、兼村信宏、笠原千嗣、松浦克彦、鶴見寿、杉山正、森脇久隆、伊藤善規.CHOP療法におけるプレドニゾロンの投与経路の違いによる制吐コントロールの差異. 第21回日本医療薬学会年会 (2011年10月、神戸)
8. 山内惠太、飯原大稔、松浦克彦、北市清幸、伊藤善規.がん化学療法における遅発性嘔吐に対するアプレピタント連続投与の効果.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2011 (2011年11月、名古屋)
9. 岡安伸二、北市清幸、堀聡納、諏訪哲也、堀川幸男、山本眞由美、武田純、伊藤善規.メトホルミン塩酸塩の有効性と安全性の評価.日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2011 (2011年11月、名古屋)
10. 山田摩耶、岡安伸二、飯原大稔、窪田傑文、鈴木教広、辻野美保、永井孝尚、番千鶴、北市清幸、伊藤善規.外来がん化学療法施行患者に対するお薬手帳の活用とその評価.第44回東海薬剤師学術大会 (2011年11月、四日市)
11. 石原正志、鶴見寿、鶴見広美、永野淳二、兼村信宏、林寛子、笠原千嗣、後藤尚絵、伊藤善規、森脇久隆.Efavirenzによる副作用との鑑別が困難であったクリプトコッカス髄膜炎を発症したAIDS症例. 第25回日本エイズ学会学術集会・総会 (2011年11月、東京)

会発表(シンポジウム)

1. 鈴木昭夫.これからの薬剤師業務-救急領域における業務に基づく研究-.日本薬学会東海支部特別講演会 (2011年1月、愛知)
2. 丹羽隆.抗菌薬適正使用推進と薬剤師の役割.第26回日本環境感染学会総会 (2011年2月、横浜)
3. 伊藤善規.特別講演「今後の病院薬剤師業務~薬剤業務に基づく研究のすすめ~」.文部科学省GP「6年制薬学教育を主軸とする薬系・医系・看護系大学による広域総合教育連携」事業 (2011年2月、名古屋)
4. 石原正志.要望講演「HIV感染症治療における薬剤師の役割~当院での薬剤師の関わりについて~」.第6回岐阜HIV/AIDS研究会・講演会 (2011年5月、岐阜)
5. 伊藤善規.特別講演「これからの病院薬剤師の業務」.第58回北海道薬学大会 (2011年5月、札幌)
6. 伊藤善規.特別講演「病院薬剤師の将来~専門性を活かしチーム医療へ貢献~」.第28回岐阜県精神科病院協会薬剤師会研修会 (2011年5月、岐阜)
7. 岡安伸二.パネルディスカッション「薬学生実務実習委員会の取り組み」.第27回東海医療薬学シンポジウム (2011年6月、名古屋)
8. 伊藤善規.シンポジウム「病院薬剤師によるドラッグ・リプロファイリング」;シンポジスト「高用量デキサメタゾン含有口腔内速溶解フィルムの開発と臨床応用」.医療薬学フォーラム2011クリニカルファーマシーシンポジウム (2011年7月、旭川)
9. 鈴木昭夫.救急・集中治療領域における薬剤師業務. PCフォーラム三重第119回例会 (2011年10月、津)
10. 飯原大稔.次世代のオンコロジーリーダーに求められるエッセンス.第21回日本医療薬学会年会 (平成23年10月、神戸)
11. 伊藤善規.基調講演「医薬薬連携の具体例とアウトカム評価」.第73回九州山口薬学大会 (2011年11月、沖縄)
12. 伊藤善規.特別講演「病院薬剤師の今後の業務展開を考える~専門性を活かした薬剤適正使用の推進~」岡山県病院薬剤師会北部会研修会 (2011年11月、津山)
13. 石原正志.特別講演「当院で経験した日和見感染症について~経験例への薬剤師の関わり~」東北ブロックAIDS/HIV薬剤師研修会 (2011年11月、仙台)

研費等競争的資金

1. 伊藤善規:科学研究補助金基盤研究(C) (22590134):新規デキサメタゾン含有口腔内溶解フィルム製剤の制吐薬としての臨床評価に関する研究.2010年度;2,730千円
2. 西垣美奈子:科学研究費奨励研究(23928017):抗がん剤による味覚障害に対する補中益気湯とポラプレジンクの比較研究.400千円
3. 岡安伸二:科学研究費奨励研究(23929004):メトホルミン塩酸塩による下痢発現を回避するための薬剤師の積極的介入の評価.400千円
4. 飯原大稔:科学研究費奨励研究(23929001):肺癌患者における5HT3受容体拮抗薬の経口剤および点滴剤の有効性と安全性の検討.500千円

2010年

文(英文)

1. Ishihara M, Iihara H, Okayasu S, Yasuda K, Matsuura K, Suzui M, Itoh Y. Pharmaceutical interventions facilitate premedication and prevent opioid-induced constipation and emesis in cancer patients. Support Care Cancer 18; 1531-1538, 2010.
2. Maeda A, Yano T, Itoh Y, Kakumori M, Kubota T, Egashira N, Oishi R. Down-regulation of RhoA is involved in the cytotoxic action of lipophilic statins in HepG2 cells. Atherosclerosis, 208: 112-118, 2010.
3. Naoi K, Sunagawa N, Morioka T, Nakashima M, Ishihara M, Fukamachi K, Itoh Y, Tsuda H, Yoshimi N, Suzui M. Enhancement of tongue carcinogenesis in Hras128 transgenic rats treated with 4-nitroquinoline 1-oxide. Oncology Rep 23: 337-344, 2010.
4. Niwa T, Imanishi Y, Ohmori T,Matsuura K, Murakami N, Itoh Y. Significance of individual adjustment of initial loading dosage of teicoplanin based on population pharmacokinetics. Int J Antimicrobial Agents, 35,507-510, 2010.
5. Watanabe T, Ishihara M, Matsuura K, Mizuta K, Itoh Y. Polaprezinc prevents oral mucositis associated with radiochemotherapy in patients with head and neck cancer. Int J Cancer 127: 1984?1990, 2010.
6. Suzuki A, Imanishia Y, Nakano S, Niwa T, Ohmori T, Shirai K, Yoshida S, Furuta N, Takemura M, Ito H, Ieiri I, Seishima M, Ogura S, Itoh Y. Usefulness of serum cystatin C to determine the dose of vancomycin in critically ill patients. J Pharm Pharmacol 62: 901-907, 2010.

文(邦文)

1. 下田浩欣、松浦克彦、伊藤善規.タダラフィル錠(アドシルカR錠20mg)粉砕時の安定性に関する試験.日本病院薬剤師会雑誌 46(10):1374-1376, 2010

1. 安田浩二、伊藤善規、ほか(分担執筆). 2010年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-. 廣川書店, 2010

会発表(海外)

1. Yoshida I, Nakashima M, Ishihara M, Morioka T, Itoh Y, Yoshimi N, Suzui M. Growth inhibitory activity of ethanol extracts of Chinese and Brazilian propolis in human colon carcinoma cell lines. AACR 101st Annual Meeting 2010 (April 17-21, 2010,Washigton DC)
2. Suzui M, Yoshida I, Ishihara M, Nakashima M, Matsunaga T, Hara A, Fukamachi K, Tusda H. Increased PKC expression in diacylglycerol-induced mammary carcinogenesis in the human c-Ha-ras proto-oncogene transgenic rat, AACR 101st Annual Meeting 2010 (April 17-21, 2010,Washigton DC)

会発表(国内)

1. 鈴木昭夫、吉田省造、大森智史、白井邦博、丹羽隆、中野通代、小倉真治、伊藤善規.救急・集中治療領域におけるテイコプラニン初期投与設計に影響を及ぼす要因の解析.第58回日本化学療法学会西日本支部 (2010年11月、大分)
2. 石原正志、馬渕量子、鶴見広美、笠原千嗣、後藤尚絵、林寛子、鶴見寿、伊藤善規、森脇久隆.腎機能障害のため薬剤用量調節に難渋したAIDS症例~薬剤師の立場から~.第24回日本エイズ学会学術大会集会総会 (2010年11月、東京)
3. 丹羽隆、鈴木昭夫、大森智史、安田満、太田浩敏、深尾亜由美、松浦克彦、村上啓雄、伊藤善規.ICT薬剤師による注射用抗菌薬使用患者全例チェックの有用性.第20回日本医療薬学会年会 (2010年11月、千葉)
4. 鈴木昭夫、大森智史、丹羽隆、吉田省造、白井邦博、松浦克彦、小倉真治、伊藤善規.抗MRSA薬が投与された救急患者における急性腎障害発症率と血液浄化導入の割合.第20回日本医療薬学会年会 (2010年11月、千葉)
5. Masashi Ishihara, Katsumi Fukamachi, Mitsuru Futakuchi, Hiroyuki Tsuda, Yoshinori Itoh, Masumi Suzui. Inhibition of colon carcinogenesis by acyclic retinoid. 第69回日本癌学会学術総会 (2010年9月、東京)
6. 石原正志、栃井加奈子、渡邉朋子、飯原大稔、岡安伸二、松浦克彦、伊藤善規.オピオイド鎮痛薬の副作用回避に向けた薬剤師の継続的な取り組み.第4回日本緩和医療薬学会 (2010年9月、鹿児島)
7. 松井久美、今西義紀、石田健一郎、伊藤慎一、松浦克彦、出口隆、伊藤善規.新規腎移植患者におけるタクロリムス徐放性製剤の薬物血中濃度と副作用発現状況の調査.医療薬学フォーラム2010 (2010年7月、広島)
8. 安田浩二、今西義紀、松浦克彦、伊藤善規.デュロテップMTパッチの適応追加に伴う岐阜県病院薬剤師会における取組み.医療薬学フォーラム2010 (2010年7月、広島)
9. 山内惠太、丹羽隆、林寛子、山田紘嗣、松浦克彦、伊藤善規.潰瘍性大腸炎におけるタクロリムス血中濃度の検討.医療薬学フォーラム2010 (2010年7月、広島)
10. 石原正志、森脇健太、伊藤善規、深町克巳、二口充、酒々井真澄.プロポリスの抗がん活性に関する分子作用機序解析.第56回 日本薬学会東海支部 総会・大会 (2010年7月、岐阜)
11. 岡安伸二、下田浩欣、大庭志野、伊藤善規、紀ノ定保臣、永田知里、武田 純、山本眞由美.糖尿病に対するイメージ形成に影響する要因の解析~岐阜市民を対象とした糖尿病実態調査の結果より~.第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (2010年5月、岡山)
12. 下田浩欣、岡安伸二、清水克敏、大庭 志野、伊藤善規、紀ノ定保臣、永田知里、武田純、山本眞由美.糖尿病の指摘を受けることと特定保健食品の使用動向について-岐阜市民を対象とした糖尿病実態調査の結果より-.第53回日本糖尿病学会年次学術集会 (2010年5月、岡山)
13. 山田摩耶、飯原大稔、河原加奈、上村裕美、松浦克彦、伊藤善規.外来化学療法室での制吐対策における薬剤師の関与とその評価.日本薬学会第130年会 (2010年3月、岡山)
14. 渡邉朋子、石原正志、松浦克彦、水田啓介、伊藤善規.頭頸部癌患者における放射線化学療法誘発口内炎に対するポラプレジンクの予防効果.日本薬学会第130年会 (2010年3月、岡山)
15. 大森智史、鈴木昭夫、谷崎隆太郎、竹田啓、丹羽隆、松浦克彦、後藤千寿、吉田省造、小倉真治、伊藤善規.薬物中毒患者での血中濃度測定系の確立:サリチル酸定量法の応用例. 第30回 日本中毒学会西日本部会 (2010年2月、岐阜)
16. 下田浩欣、松浦克彦、西村美佐夫、月岡忠夫、伊藤善規. がん化学療法における制吐対策を目的とした高用量デキサメタゾン含有フィルム製剤の開発. PLCM(耕薬)研究会 (2010年1月、名古屋)

会発表(シンポジウム)

1. 松浦克彦. 医療現場のニーズ「薬剤師の立場から」. 経済産業省 平成 22 年度地域新成長産業創出促進委託事業 医療・福祉機器の新産業創出セミナー (2010年12月、岐阜)
2. 鈴木昭夫. 救急・集中治療領域における腎機能評価法の確立に向けた取り組み. 日本病院薬剤師会東海ブロック・日本薬学会東海支部合同学術大会2010 (2010年11月、静岡)
3. Iihara H, Matsuura K, Ishihara M, Takahashi T, Kawaguchi Y, Yoshida K, Itoh Y. The role of Pharmacist for Team Oncology in Japan 9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society (August 25-27, 2010, Gifu)
4. 丹羽隆. 病院薬剤師の業務を臨床研究にするための方策:抗菌薬の適正使用の推進. 医療薬学フォーラム2010 (2010年7月、広島)
5. 飯原大稔、松浦克彦、石原正志、倉橋小代子、高橋孝夫、川口順敬、吉田和弘、伊藤善規. 外来がん化学療法へのがん専門薬剤師の関与による診療効率の改善および安全性対策の推進. 日本薬学会第130年会 (2010年3月、岡山)
6. 伊藤善規、大石了三. 基礎ならびに臨床知見に基づくパクリタキセル過敏症予防薬としてのペミロラストの有用性. 日本薬学会第130年会 (2010年3月、岡山)

研費等競争的資金

1. 伊藤善規:科学研究補助金基盤研究 (22590134);新規デキサメタゾン含有口腔内溶解フィルム製剤の制吐薬としての臨床評価に関する研究;平成22年度;2,730千円
2. 石原正志:科学研究費奨励研究:頭頸部癌の放射線化学療法による口内炎に対するポラプレジンクの予防効果に関する研究. 480千円
3. 鈴木昭夫:科学研究費奨励研究:救急領域における血清シスタチンCを用いた抗菌薬投与設計への応用に関する研究. 500千円
4. 山内恵太:科学研究費奨励研究:非代償性肝硬変患者におけるシスタチン-Cを用いた抗菌薬投与設計の確立. 540千円

2009年

文(英文)

1. Taguchi K, Iihara H, Ishihara M, Komori Y, Tanizawa K, Matsuura K, Itoh Y. Comparison of antiemetic efficacy between single and repeated treatments with a 5-HT3 receptor antagonist in breast cancer patients with high-risk emetogenic chemotherapy. Anticancer Res 29: 1721-1725, 2009.
2. Niwa T, Suzuki A, Sakakibara S, Kasahara S, Yasuda M, Fukao A, Matsuura K, Goto C, Itoh Y. Retrospective cohort chart review study of factors associated with the development of thrombocytopenia in Japanese adult patients given intravenous Linezolid. Clin Ther 31(10): 2126-2133, 2009
3. Okayasu S, Nakamura M, Chigusa K, Sakurai K, Matsuura K, Yamamoto M, Kinosada Y, Itoh Y. Development of computer-assisted biohazard safety cabinet for preparation and verification of injectable anticancer agents. Chemotherapy 55:234-240, 2009
4. Nishimura M, Matsuura K, Tsukioka T, Yamashita H, Inagaki N, Sugiyama T, Itoh Y. In vitro and in vivo characteristics of prochlorperazine oral disintegrating film. Int J Pharmac 368: 98-102, 2009
5. Shimoda H, Taniguchi K, Nishimura M, Matsuura K, Tsukioka T, Yamashita H, Inagaki N, Hirano K, Yamamoto M, Kinosada Y, Itoh Y. Preparation of a fast dissolving oral thin film containing dexamethasone: a possible application to antiemesis during cancer chemotherapy. Eur J Pharm Biopharm 73(3): 361-365, 2009.
6. Kawashiri T, Egashira N, Itoh Y, Shimazoe T, Ikegami Y, Yano T, Yoshimura M, Oishi R. Neurotropin reverses the paclitaxel-induced neuropathy without affecting anti-tumour efficacy. Eur J Cancer 45: 154-163, 2009.
7. Ishihara M, Naoi K, Hashita M, Itoh Y, Suzui M. Growth inhibitory activity of ethanol extracts of Chinese and Brazilian propolis in four human colon carcinoma cell lines. Oncol Rep 22: 349-354, 2009
8. Nakamura M, Ohmori T, Itoh Y, Terashita M, Hirano K. Simultaneous determination of benzodiazepines and their metabolites in human serum by liquid chromatography-tandem mass spectrometry using a high-resolution octadecyl silica column compatible with aqueous compounds. Biomed Chromatogr 23: 357-364, 2009
9. Yano T, Itoh Y, Kawamura E, Maeda A, Egashira N, Nishida M, Kurose H, Oishi R. Amphotericin B-induced renal tubular cell injury is mediated by Na+ influx through ion-permeable pores and subsequent activation of MAP kinases and elevation of intracellular Ca2+. Antimicrob Agents Chemother 53: 1420-1426, 2009
10. Nemoto S, Nakamura M, Osawa Y, Kono S, Itoh Y, Okano Y, Murate T, Hara A, Ueda H, Nozawa Y, Banno Y. Sphingosine kinase isoforms regulate oxaliplatin sensitivity of human colon cancer cells through ceramide accumulation and Akt activation. J Biol Chem 284: 10422-10432, 2009.

文(邦文)

1. 渡辺享平、野村佳代、大津史子、後藤伸之、須田範行、松浦克彦、宮崎靖則、山川雅之、山口雅也、渡辺一宏、中村敏明、政田幹夫. センチネルリンパ節生検用色素製剤の市販化に向けた使用・調製実態調査. 医療薬学, 35, 2009

1. 丹羽隆、伊藤善規. 感染制御トピックス[2] 医療関連感染サーベイランス. 月刊薬事, 51,1849-1852, 2009
2. 鈴木昭夫、丹羽隆、伊藤善規. 患者の腎・肝・心機能を考慮した投与設計. 月刊薬事, 51,1853-1857, 2009
3. 丹羽隆、伊藤善規. 感染制御のテクニック-②院内ラウンドでの介入 抗MRSA薬. 薬局, 60,2559-2564, 2009
4. 丹羽隆、伊藤善規. メカニズムから理解する疾患と薬物治療:尿路感染症. ApoTalk, 8,6-7, 2009

1. 伊藤善規、岡安伸二、後藤千寿、杉山正、中村光浩、堀内正、松浦克彦、安田浩二、ほか(分担執筆). モデル・コアカリキュラムに沿ったわかりやすい病院実務実習テキスト. じほう, 2009
2. 伊藤善規、岡安伸二、ほか(監修:山本眞由美)(分担執筆). 大学生の健康ナビ キャンパスライフの健康管理. 岐阜新聞社, 2009
3. 伊藤善規、安田浩二、ほか(福田保、ほか編集)(分担執筆). 第5版 疾患と今日の処方. 医歯薬出版, 2009
4. 安田浩二、伊藤善規、ほか(分担執筆). 2009年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-. 廣川書店, 2009

会発表(国内)

1. 飯原大稔、石原正志、倉橋小代子、高橋孝夫、吉田和弘、松浦克彦、伊藤善規. 外来がん化学療法室における安全性ならびに診療効率の向上に向けた薬剤師の取り組み. クリニカルパス学会 (2009年12月、岐阜)
2. 岡安伸二、馬淵温子、谷沢克弥、神野円、松浦克彦、伊藤善規. 疼痛コントロール不良のがん患者に関与した病院薬剤師と保険薬局薬剤師の連携の実例. 第42回東海薬剤師学術大会 (2009年11月、岐阜)
3. 石原正志、中島 誠、伊藤善規、酒々井真澄. ヒト大腸がん細胞における中国産およびブラジル産プロポリスのエタノール抽出物の増殖抑制活性. 第19回日本薬学会東海支部学術大会 (2009年11月、四日市)
4. 山内惠太、今西義紀、山田紘嗣、丹羽隆、鈴木昭夫、松浦克彦、伊藤善規. 肝硬変患者でのバンコマイシンTDMにおける腎機能マーカーとしてのシスタチンCの有用性. 第19回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会 (2009年11月、四日市)
5. 山田法顕、竹田啓、中島靖浩、谷崎隆太郎、鈴木昭夫、大森智史、吉田省造、白井邦博、豊田泉、小倉真治. 集中治療量域での感染管理~Gram染色を臨床診断に導入して~. 日本救急医学会総会 (2009年10月、岩手)
6. 今西義紀、松井久美、小森善文、石田健一郎、伊藤慎一、松浦克彦、出口隆、伊藤善規. 新規腎移植患者における徐放性タクロリムス製剤の薬物動態の検討. 第19回日本医療薬学会年会 (2009年10月、長崎)
7. 丹羽隆、鈴木昭夫、大森智史、吉川武志、安田満、深尾亜由美、松浦克彦、後藤千寿、村上啓雄、伊藤善規. リネゾリドによる血小板減少の発現に影響を及ぼす因子の検討―用量調節の必要性-. 第19回日本医療薬学会年会 (2009年10月、長崎)
8. 藤井宏典、飯原大稔、渡邊千尋、石原正志、小森善文、松浦克彦、後藤千寿、高橋孝夫、吉田和弘、伊藤善規. レボホリナートの先発品及び後発品における有効性及び安全性に関する調査. 第19回日本医療薬学会年会 (2009年10月、長崎)
9. 大森智史、鈴木昭夫、丹羽隆、伊藤稔子、松浦克彦、後藤千寿、小倉真治、伊藤善規. 高度救命救急センターにおけるインシデント対策への薬剤師の関与とその評価. 第19回日本医療薬学会年会 (2009年10月、長崎)
10. 小森善文、飯原大稔、石原正志、藤井宏典、安田浩二、松浦克彦、後藤千寿、伊藤善規. 外来がん化学療法室における薬剤師の業務およびその評価. 医療薬学会 (2009年10月、長崎)
11. 岡安伸二、松浦克彦、中村光浩、杉山正、紀ノ定保臣、山本眞由美、伊藤善規. 抗がん剤無菌調製におけるRSSコードを利用した薬剤認証機能の有用性の評価. 医療薬学フォーラム2009第17回 クリニカルファーマシーシンポジウム (2009年7月、京都)
12. 鈴木昭夫、大森智史、小森善文、丹羽隆、今西義紀、松浦克彦、吉田省造、白井邦博、小倉真治、伊藤善規. 高次救命救急センターにおける塩酸バンコマイシンの適正使用に向けた薬剤師の関与とその評価. 医療薬学フォーラム2009第17回 クリニカルファーマシーシンポジウム (2009年7月、京都)
13. 石原正志、中島誠、伊藤善規、酒々井真澄. プロポリスのヒト大腸がん細胞株に対する増殖抑制効果. 日本薬学会東海支部学術大会 (2009年7月、名古屋)
14. 西村美佐夫、下田浩欣、松浦克彦、月岡忠夫、岡安伸二、山本眞由美、杉山正、伊藤善規. 服用性に付加価値のあるデキサメタゾン含有フィルム製剤の開発. 日本ジェネリック医薬品学会 (2009年6月、東京)
15. 鈴木昭夫、大森智史、丹羽隆、今西義紀、吉田省造、白井邦博、小倉真治. 救急領域における抗MRSA薬の適正使用に向けた薬剤師の関わり. 臨床救急医学会 (2009年6月、大阪)
16. 渡辺朋子、松浦克彦、飯原大稔、竹中元康、植木啓文、清水朋子、田村孝志、伊藤善規. フェンタニルパッチの使用によって鎮痛耐性発現の可能性が考えられた1症例. 日本薬学会129年回 (2009年3月、京都)
17. 下田浩欣、松浦克彦、西村美佐夫、月岡忠夫、岡安伸二、山本眞由美、杉山正、伊藤善規. がん化学療法における制吐対策を目的とした高用量デキサメタゾン含有フィルム製剤の開発. 第129回日本薬学会 (2009年3月、京都)
18. 飯原大稔、松浦克彦、中村卓巨、石原正志、小森善文、渡邉朋子、渡邊千尋、後藤千寿、伊藤善規. アントラサイクリン・シクロホスファミド併用療法による難治性の悪心・嘔吐にジフェンヒドラミンが有効であった2症例. 日本薬学会 第129年会 (2009年3月、京都)
19. 大森智史、鈴木昭夫、丹羽隆、石田成吏洋、吉田省造、白井邦博、小倉真治、伊藤善規. 短腸症候群における腸液コントロールに高用量ロペラミドが奏功した事例. 日本薬学会第129年会 (2009年3月、京都)
20. 石原正志、松浦克彦、曽田翠、榊原省司、西村佳代子、木下幸子、深尾亜由美、白木亮、伊藤善規、酒々井真澄、村上啓雄. TPNの適正使用に関する院内調査. 第2回 日本静脈経腸栄養学会東海支部学術集 (2009年3月、岐阜)

会発表(シンポジウム)

1. 杉山 正. RSSシンボルを利用した抗がん剤無菌調製鑑査システムの有用性. 第12回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2009年7月(福岡) 2. 石原 正志. 医薬品適正使用に向けた薬剤師の介入と評価~オピオイド鎮痛薬による副作用の回避~. 第18回日本病院薬剤師会 東海ブロック学術大会, 2009年3月(岐阜)

研費等競争的資金

1. 丹羽隆:(21928022)リネゾリドによる副作用の骨髄抑制発現における要因解析と対策に関する研究. 510千円
2. 鈴木昭夫:(21928014)救急領域におけるシスタチンCを腎機能マーカーとした抗菌薬投与設計に関する研究. 470千円
3. 飯原大稔:(21928002)デキサメタゾン含有フィルム製剤の開発と抗がん剤投与時の制吐における有用性の研究. 510千円
4. 今西義紀:(21928004)テイコプラニンの初期負荷投与設計の完全実施に向けた取り組み. 600千円

2008年

著論文(邦文)

1. 吉村 知哲,平出 耕石,飯原 大稔,石原 正志,小森 善文,岡安 伸二,松浦 克彦,安田 忠司,伊藤 善規. Paclitaxel投与患者における投与量・投与スケジュールに基づいた副作用解析. 癌と化学療法,35:1721~1726,2008
2. 下田 浩欣,岡安 伸二. 電子カルテ情報から分析する大学病院の糖尿病病棟患者の特徴分析の試行 ~業務を可視化する有用性について~. 肥満と糖尿病(別冊),7(44)(Suppl.):89~93, 2008
3. 岡安 伸二,下田 浩欣,紀ノ定 保臣,武田 純,山本 眞由美. インスリンの安全管理に関する電子カルテ機能の有用性と問題点. 肥満と糖尿病(別冊), 7:28~35, 2008
4. 丹羽 隆,小森 善文,石原 正志,高橋 鈴代,松浦 克彦,後藤 千寿,伊藤 善規. リスク評価による調剤過誤防止対策の有効性の検証. 日本病院薬剤師会雑誌, 44(10):1487-1490, 2008
5. 窪田 敏夫,野中 敏治,矢野 貴久,住村 智子,林 純,伊藤 善規,大石 了三. 抗MRSA薬の適正使用を目指した薬物血中濃度モニタリング実施率向上への取り組み. 日本病院薬剤師会雑誌, 44:277~280, 2008
6. 飯原 大稔,松浦 克彦,吉村 知哲,平出 耕石,石原 正志,後藤 千寿,伊藤 善規:肺がん患者における Carboplatin 投与量の決定方法と副作用発現に関する retrospective study.日本病院薬剤師会雑誌, 44(3):428~431,2008
7. 丹羽 隆,杉山 正,岡安 伸二,山内 江里子,西垣 美奈子,松浦 克彦,後藤 千寿,伊藤 善規:電子カルテシステムの一環としての薬剤管理指導支援システムの構築.医療薬学, 34(2):103~111,2008

著論文(英文)

1. Muroi N, Suetugu H, Itoh Y, Yokoyama T, Nakata H, Miki I, Takase N, Himoto M, Hosoi S, Oishi R, Henmi K. Delayed adverse reactions associated with weekly paclitaxel injection and its reversal by the anti-allergic agent pemirolast. J Appl Ther Res, 2008
2. Aki T, Egashira N, Yamauchi Y, Hama M, Yano T, Itoh Y, Yamada T, Oishi R. Protective effects of amino acids against gabexate mesilate?induced cell injury in porcine aorta endothelial cells. J Pharmacol Sci, 107:238~245, 2008
3. Matsuura K, Ohmori T, Nakamura M, Itoh Y, Hirano K. A simple and rapid determination of valproic acid in human plasma using a non-porous silica column and liquid chromatography with tandem mass spectrometric detection. Biomed Chromatogr, 22:387~393, 2008
4. Yano T, Itoh Y, Yamada M, Egashira N, Oishi R:Combined treatment with L-carnitine and a pan-caspase inhibitor effectively reverses amiodarone-induced injury in cultured human lung epithelial cells..Apoptosis, 13:543~552,2008
5. Aki T, Egashira N, Hama M, Yamauchi Y, Yano T, Itoh Y, Oishi R:Characteristics of gabexate mesilate-induced cell injury in porcine aorta endothelial cells..J Pharmacol Sci, 106:415~422,2008
6. Sobue S, Nemoto S, Murakami M, Ito H, Kimura A, Gao S, Furuhata A, Takagi A, Kojima T, Nakamura M, Itoh Y, Suzuki M, Banno Y, Nozawa Y, Murate T:Implications of sphingosine kinase 1 expression level for the cellular sphingolipid rheostat; relevance as a marker for daunorubicin sensitivity of leukemia cell..Int J Hematol, 87:266~275,2008
7. Ohmori T, Nakamura M, Tada S, Sugiyama T, Itoh Y, Udagawa Y, Hirano K:A highly sensitive assay for ritodrine in human serum by hydrophilic interaction chromatography-tandem mass spectrometry..J Chromatogr, 861:95~100,2008

1. 大石 了三,池末 裕明,伊藤 善規(編集),池末 裕明,石原 正志,伊藤 善規,内田 まやこ,江頭 伸昭,大石 了三,尾川 理恵, 後藤 千寿,末安 正典,三嶋 一登,渡邊 裕之(分担執筆). がん化学療法ワークシート第3版.じほう, 2008
2. 足立 哲夫,網岡 克雄,伊藤 達雄,伊藤 善規,小野 秀樹,賀川 義之,片桐 義博,木村 和哲,杉山 正,土屋 照雄,永松 正,平野 和行,平松 正行,廣田 耕作,堀内 正,安田 浩二,山村 恵子,湯浅 博昭,和田 育男(分担執筆):2008年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-.廣川書店, 2008
3. 安田浩二、伊藤善規、ほか(分担執筆). 2008年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-. 廣川書店, 2008

会発表(国内)

1. 鈴木 昭夫, 丹羽 隆, 今西 義紀, 中野志保, 吉田 省造, 白井 邦博, 小倉 真治. 高次救命治療センター入院患者を対象とした腎機能マーカーとしてのシスタチンCの有用性の検討. 第36回日本救急医学会総会, 2008年10月(札幌)
2. 榊原 省司,丹羽 隆,鈴木 昭夫,松浦 克彦,伊藤 善規. 脂肪乳剤の投与速度が肝機能およびリンパ球数に及ぼす影響についての検討. 第18回日本医療薬学会年会, 2008年9月(札幌)
3. 石原 正志, 飯原 大稔, 岡安 伸二, 山内 江里子, 小森 善文, 松浦 克彦, 後藤 千寿,伊藤 善規. オピオイド鎮痛薬使用患者における副作用回避に向けての薬剤師の取り組みとアウトカム評価. 第18回日本医療薬学会年会, 2008年9月(札幌)
4. 鈴木 昭夫,丹羽 隆,今西 義紀,吉田 省造,白井 邦博,小倉 真治. 高次救命治療センター入院患者を対象としたシスタチンCの有用性の検討. 第19回日本急性血液浄化学会学術集会, 2008年9月(東京)
5. 今西 義紀,鈴木 昭夫,小森 善文,丹羽 隆,松浦 克彦,吉田 省造,白井 邦博,竹村 正男,伊藤 弘康,清島 満,小倉 真治, 伊藤 善規. 高次救命治療センター入院患者を対象としたバンコマイシン投与設計におけるシスタチンCの有用性の検討. 医療薬学フォーラム2008, 2008年7月(東京)
6. 丹羽 隆,鈴木 昭夫,榊原 省司,笠原 千嗣,安田 満,深尾 亜由美,松浦 克彦,後藤 千寿,村上 啓雄,伊藤 善規. リネゾリドによる血小板減少の発現に影響を及ぼす因子の検討. 医療薬学フォーラム2008, 2008年7月(東京)
7. 下田 浩欣,岡安 伸二,伊藤 善規. 電子カルテ情報マイニングシステムを用いて分析した糖尿病専門病棟患者の動向について. 第51回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2008年5月(東京)
8. 岡安 伸二,下田 浩欣,伊藤 善規,紀ノ定 保臣,武田 純,山本 眞由美. インスリンの安全管理に関する電子カルテ機能の有用性と問題点. 第51回 日本糖尿病学会年次学術集会, 2008年5月(東京)
9. Okayasu.S, Kinosada.Y, Shimoda.H, Itoh.Y, Takeda.J, Yamamoto.M. Effect of Electronic Patient Medical Records (EPMR) System and Computerized Clinical Guideline on Safety Management of Insulin Therapy. The 8th Japan-China Friendship Symposium on Diabetes Mellitus, 2008年4月(和歌山)
10. 山田 俊樹,深尾 亜由美,三鴨 廣繁,丹羽 隆,後藤 千寿,大瀧 博文,澤村 治樹,村上 啓雄. 血液培養にて検出されたBacillus groupの臨床的検討. 第82 回日本感染症学会総会, 2008年4月(島根)
11. 飯原 大稔,松浦 克彦,吉村 知哲,平出 耕石,石原 正志,後藤 千寿,伊藤 善規. 肺がん患者における Carboplatin 投与量の決定方法と副作用発現に関する retrospective study. 日本薬学会128年会, 2008年3月(横浜)
12. 丹羽 隆,小森 善文,石原 正志,高橋 鈴代,松浦 克彦,後藤 千寿,伊藤 善規. リスク評価による調剤過誤防止対策の有効性の検証. 日本薬学会第128年会, 2008年3月(横浜)
13. 中村 光浩,根本 聡,伊藤 善規,原 明,坂野 喜子. LC-MS/MSを用いたスフィンゴ脂質代謝産物同時定量法の開発. 日本薬学会 第128年会, 2008年3月(横浜)
14. 吉村 知哲,平出 耕石,飯原 大稔,石原 正志,小森 善文,岡安 伸二,松浦 克彦,安田 忠司,伊藤 善規. Paclitaxel投与患者における投与量・投与方法に基づいた副作用解析. 日本薬学会第128年会, 2008年3月(横浜)
15. 西村 美佐夫,桑原 清人,松浦 克彦,月岡 忠夫,杉山 正,伊藤 善規. 服薬困難な患者への適応を目的としたフィルム製剤の開発. 日本薬学会第128年会, 2008年3月(横浜)
16. 石原 正志,飯原 大稔,岡安 伸二,山内 江里子,小森 善文,松浦 克彦,後藤 千寿,伊藤 善規. オピオイド鎮痛薬使用患者における便秘および悪心嘔吐発現に関する調査と予防対策の取り組み. 日本薬学会128年会, 2008年3月(横浜)
17. 松浦 克彦,飯原 大稔,石原 正志,小森 善文,山内 江里子,後藤 千寿,伊藤 善規:子宮がん患者における栄養状態の評価:予後因子との関連.日本薬学会第128年回, 2008年3月(横浜)
18. 石原 正志,飯原 大稔,岡安 伸二,山内 江里子,小森 善文,松浦 克彦,後藤 千寿,伊藤 善規. オピオイド製剤投与患者における緩下剤の使用と便秘発現状況に関する実態調査. 第17回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会, 2008年2月(名古屋)

会発表(シンポジウム)

1. 鈴木昭夫. ICU入院患者における腎機能評価法と抗菌薬投与設計への薬剤師の関わり. 第18回日本医療薬学会年会, 2008年9月(札幌)

2007年

著論文

1. Suzuki T, Iihara H, Uno T, Hara Y, Ohkusu K, Hata H, Shudo M, Ohashi Y:Suture-related keratitis caused by Corynebacterium macginleyi..J Clin Microbiol, 45(11):3833~3836,2007
2. 末次 王卓, 古賀 友一郎, 吉田 実, 尾上 梨沙, 中嶋 一恵, 中島 和博, 園田 正信, 末安 正典, 秋吉 美代子, 吉川 学, 伊藤 善規, 大石 了三:ISO9001品質管理システムに基づく薬剤提供に関する顧客満足調査と業務改善.日本病院薬剤師会雑誌, 43(11):1543~1547,2007
3. Nhung PH, Shah MM, Ohkusu K, Noda M, Hata H, Sun XS, Iihara H, Goto K, Masaki T, Miyasaka J, Ezaki T:The dnaJ gene as a novel phylogenetic marker for identification of Vibrio species.Syst Appl Microbiol, 30(4):309~315,2007
4. Iihara H, Niwa T, Shah MM, Nhung PH, Song SX, Hayashi M, Ohkusa K, Itoh Y, Makino S, Ezaki T:Rapid multiplex immunofluorescent assay to detect antibodies against Burkholderia pseudomallei and taxonomically closely related nonfermenters.Jpn J Infect Dis, 60(4):230~234,2007
5. 西村 美佐夫, 杉山 正, 松浦 克彦, 月岡 忠夫, 伊藤 善規:嚥下困難患者への適応を目的とした医薬品の乾燥ゼリー製剤化に関する基礎的検討.医療薬学, 33(12):1007~1012,2007
6. 松浦 克彦, 飯原 大稔, 石原 正志, 小森 善文, 山内 江里子, 松浦 克彦, 伊藤 善規:がん患者の栄養状態に関する院内調査.日本病院薬剤師会雑誌, 43(11):1571~1574,2007
7. Kato Z, Nakamura M, Funato M, Kuwabara H, Kondo N:Accidental etizolam ingestion in a child.Pediatr Emerg Care, 23(7):472~473,2007
8. Yano T, Itoh Y, Matsuo M, Kawashiri T, Egashira N, Oishi R:Involvement of both tumor necrosis factor-a-induced necrosis and p53-mediated caspase-dependent apoptosis in nephrotoxicity of cisplatin.Apoptosis, 2007 (In press)
9. 吉岡 史郎, 松浦 克彦, 杉山 正, 伊藤 善規:腎移植前後における処方薬剤の変化に関する調査.医療薬学, 33(11):937~941,2007
10. 深和 加奈, 後藤 千寿, 松浦 克彦, 杉山 正:調剤に関する情報の電子化.日本病院薬剤師会雑誌, 43(7):938~941,2007
11. Shah M M, Iihara H, Noda M, Xiaosong S, Nhung P H, Ohkusu K, Kawamura Y, Ezaki T:dnaJ gene sequence-based assay for species identification and phylogenetic grouping in the genus Staphylococcus.Int J Syst Evol Microbiol., 57:25~30,2007
12. 中村 光浩, 松浦 克彦, 土屋 照雄, 杉山 正:ペーパレス電子カルテに対応したTDMシステムの開発.TDM研究, 24(2):104~112,2007
13. 中村 光浩, 深和 加奈, 岩田 千香, 村岡 明美, 間宮 礼子, 杉山 正:注射薬抗癌剤調製支援プログラムの開発とその評価.医薬品情報学, 8:315~319,2007
14. 岡安 伸二, 中村 光浩, 千種 康一, 櫻井 潔, 杉山 正:新設計クリーンベンチ・安全性キャビネットと注射オーダ情報を利用した注射剤調製鑑査システムの開発.医療薬学, 33(3):191~199,2007
15. 後藤 千寿, 安田 浩二, 杉山 正:臨床検査データを利用した処方鑑査支援システムの開発とその有用性.医療薬学, 33(2):114~118,2007

1. 杉山 正, 松浦 克彦, 西村 美佐夫, 月岡 忠夫:嚥下困難な患者を対象とした乾燥ゼリー製剤の基礎検討.PHARMSTAGE, 7:~,2007

1. 大石了三, 伊藤善規, 吉田由美子(監修):がん化学療法セーフティマニュアル.じほう, 2007
2. 安田 浩二, 杉山 正, 伊藤 善規, 片桐 義博(分担執筆):2007年版 実習に行く前の覚える医薬品集-服薬指導に役立つ-.廣川書店, 2007

1. 大石 了三, 伊藤 善規, 江頭 伸昭:抗がん剤による末梢神経障害の予防又は軽減剤.特願 2007-225420(2007)
2. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博, 月岡 忠夫, 西村 美佐夫:内服薬.特開 2007-70344(2007)

会(シンポジウム)

1. 安田 浩二, 後藤 千寿, 白鳥 義宗, 伊藤 善規:電子カルテと部門システムとの連携による服薬歴および持参薬管理の現状(WS).第27回医療情報学連合大会, 2007年11月(神戸)
2. 杉山 正:(受賞講演)電子カルテを利用した処方鑑査・調剤支援システムおよび無菌的注射剤混合調製・監査支援システムの構築に関する研究.第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)

会(一般発表)

1. 鈴木 昭夫, 丹羽 隆, 今西 義紀, 中野 志保, 吉田 省三, 白井 邦博, 竹村 正男, 伊藤 弘康, 清島 満, 小倉 真治, 伊藤 善規:救急領域における血清シスタチンCの腎機能マーカーとしての有用性.平成19年度日本薬学会東海支部例会, 2007年12月(岐阜)
2. 石原 正志, 飯原 大稔, 岡安 伸二, 山内 江里子, 小森 善文, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 伊藤 善規:オピオイド鎮痛薬使用患者における便秘発現に関する実態調査.平成19年度日本薬学会東海支部例会, 2007年12月(岐阜)
3. 藤井 かおり, 河原 加奈, 後藤 千寿, 伊藤 善規:治験に関する意識調査と今後の課題.日本臨床薬理学会年会, 2007年11月(栃木)
4. 山田 俊樹, 深尾 亜由美, 三鴨 廣繁, 丹羽 隆, 後藤 千寿, 大瀧 博文, 澤村 治樹, 村上 啓雄:linezolid使用症例の後方視的検討.日本感染症学会 中日本地方会学術集会, 2007年10月(神戸)
5. 下田 浩欣, 高塚 直能, 岡安 伸二, 紀ノ定 保臣, 武田 純, 伊藤 善規, 山本 眞由美:電子カルテ情報マイニングシステムを用いた糖尿病病棟患者の特徴分析結果について.第76回日本糖尿病学会中部地方会, 2007年10月(名古屋)
6. Okayasu S, Shimoda H, Itoh Y, Kinosada Y, Takeda J, Yamamoto M:Effect of Electronic Patient Medical Records (EPMR) System on Insulin-Related Incidents in Gifu University Hospital.14th Japan-Korea Symposium on Diabetes Mellitus 2007, 2007年10月(京都)
7. 後藤 千寿, 高橋 鈴代, 安田 浩二, 山内 江里子, 石原 正志, 松浦 克彦, 伊藤 善規:新システム導入前後の疑義照会内容の検討.日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)
8. 岡安 伸二, 松浦 克彦, 飯原 大稔, 石原 正志, 中村 光浩, 杉山 正, 伊藤 善規:電子カルテの処方オーダ情報を利用した注射剤調製鑑査システムの評価-正確性と効率化について-.第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)
9. 安田 浩二, 岡安 伸二, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 伊藤 善規:簡易データベース構築と定期検討会実施による薬剤管理指導業務体制の充実.第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)
10. 西垣 美奈子, 高橋 鈴代, 丹羽 隆, 山内 江里子, 各務 玲子, 後藤 千寿, 伊藤 善規:電子カルテ情報を利用した麻薬管理システムの構築.第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)
11. 今西 義紀, 小森 善文, 松浦 克彦, 杉山 正, 伊藤 善規:テイコプラニン初期負荷投与設計への薬剤師の関わりの重要性.第17回日本医療薬学会年会, 2007年9月(前橋)
12. 下田 浩欣, 岡安 伸二, 伊藤 善規, 紀ノ定 保臣, 武田 純, 山本 眞由美:電子カルテ情報マイニングシステムを用いた糖尿病病棟患者の特徴分析.第7回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2007年8月(埼玉)
13. 岡安 伸二, 下田 浩欣, 伊藤 善規, 紀ノ定 保臣, 武田 純, 山本 眞由美:電子カルテ導入の効果で変化したインスリン関連インシデントレポート内容.第7回日本糖尿病情報学会年次学術集会, 2007年8月(埼玉)
14. 山内 江里子, 丹羽 隆, 岡安 伸二, 今西 義紀, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 伊藤 善規:眼科における手術後患者に対する点眼教室への薬剤師の関与とその評価.医療薬学フォーラム2007, 2007年7月(山形)
15. 吉岡 史郎, 安田 浩二, 松浦 克彦, 杉山 正, 伊藤 善規:腎移植後に処方される薬剤に関する調査.医療薬学フォーラム2007, 2007年7月(山形)
16. 松浦 克彦, 飯原 大稔, 石原 正志, 小森 善文, 山内 江里子, 後藤 千寿, 伊藤 善規:岐阜大学病院におけるがん患者の栄養状態の調査.医療薬学フォーラム2007, 2007年7月(山形)
17. 安田 浩二, 後藤 千寿, 松浦 克彦, 伊藤 善規:確実な情報伝達を目的としたWEB版医薬品情報の再利用.医療薬学フォーラム2007, 2007年7月(山形)
18. 根本 聡, 中村 光浩, 伊藤 善規, 祖父江 沙矢加, 村手 隆, 原 明, 野澤 義則, 坂野 喜子:LC-MS/MSを用いたスフィンゴ脂質代謝産物の簡易定量法の試み.第2回 スフィンゴテラピィ研究会, 2007年5月(鳥取)
19. 中村 光浩, 寺町 ひとみ, 堀内 正, 窪田 傑文, 高島 英滋, 後藤 千寿, 杉山 正, 土屋 照雄:実務実習モデル・コアカリキュラム病院実習方略に準じた実習トライアルの評価.第127回日本薬学会年会, 2007年3月(富山)
20. 岡安 伸二, 中村 光浩, 杉山 正, 伊藤 善規:新設計クリーンベンチ・安全キャビネットと注射剤調製鑑査システムの評価.第127回日本薬学会年会, 2007年3月(富山)
21. 松浦 克彦, 鈴木 昭夫, 石原 正志, 桑原 清人, 杉山 正, 伊藤 善規:テプレノン製剤の品質に関する検討.第127回日本薬学会年会, 2007年3月(富山)
22. 杉山 正, 西村 美佐夫, 松浦 克彦, 月岡 忠夫, 伊藤 善規:嚥下困難な患者を対象とした嚥下し易い新規剤形の検討Ⅱ.第127回日本薬学会年会, 2007年3月(富山)
23. 今西 義紀, 小森 善文, 松浦 克彦, 杉山 正, 伊藤 善規:テイコプラニンの適正使用-当院における問題点および薬剤師の対応-.第16回日本病院薬剤師会東海ブロック学術大会, 2007年2月(浜松)
24. 丹羽 隆, 飯原 大稔, 林 将大, 大楠 清文, 河村 好章, 江崎 孝行:Bead arrayを利用したLegionella各種血清型の抗体測定系の開発とELISA法との比較検討.第17回日本臨床微生物学会, 2007年2月(長崎)
25. 鈴木 崇, 宮本 仁志, 大楠 清文, 飯原 大稔:Corynebacterium 属菌による角膜炎の 3 症例.第17回日本臨床微生物学会, 2007年2月(長崎)
26. 飯原 大稔, 鈴木 崇, 大楠 清文, 波多 宏幸, 林 将大, 江崎 孝行:角膜炎患者から検出されたCorynebacterium 属菌の臨床細菌学的検討.第17回日本臨床微生物学会, 2007年2月(長崎)

2006年

著論文

1. Masaki T, Ohkusu K, Hata H, Fujiwara N, Iihara H, Yamada-Noda M, Nhung P.H, Hayashi M, Asano Y, Kawamura Y, Ezaki T:Mycobacterium kumamotonense Sp. Nov. recovered from clinical specimen and the first isolation report of Mycobacterium arupense in Japan: Novel slowly growing, nonchromogenic clinical isolates related .Microbiol Immunol., 50:889~897,2006
2. Iihara H, Suzuki T, Kawamura Y, Ohkusu K, Inoue Y, Zhang W, Shah M Monir, Katagiri Y, Ohashi Y, Ezaki T:Emerging multiple mutations and high-level fluoroquinolone resistance in methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from ocular infections.Diagn Microbiol Infect Dis., 56:297~303,2006
3. 岡安 伸二, 武田 純, 山本 眞由美:インスリンの安全管理体制改善を目的とした院内標準書の作成とその評価.プラクティス, 23(4):464~468,2006
4. 中村 光浩, 今西 義紀, 深和 加奈, 平出 耕石, 杉山 正, 片桐 義博:FPIA法を基準とした全血中シクロスポリン濃度の比較.TDM研究, 23:233~237,2006
5. 中村 光浩, 平出 耕石, 小森 義文, 杉山 正, 片桐 義博:電子カルテに対応したTDMシステムの開発.TDM研究, 23(2):95~96,2006
6. 丹羽 隆, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:ICUにおける薬剤師による医薬品情報提供とその評価.医療薬学, 32:400~406,2006
7. 松浦 克彦, 林 秀樹, 杉山 正, 片桐 義博:後発医薬品採用のための品質評価―マレイン酸エナラプリル錠における検討―.医療薬学, 32(4):306~313,2006

1. 松浦 克彦, 杉山 正:後発医薬品の品質比較試験―オザグレルナトリウム注射剤―.PHARM TECH JAPAN, 22(8):1606~1609,2006
2. 杉山 正, 片桐 義博:病気と薬の説明ガイド2006-その他のホルモン様薬.薬局, 57:1807~1821,2006

1. 千種 康一, 片桐 義博, 杉山 正, 中村 光浩, 岡安 伸二:安全キャビネット.特開2006-122816(2006)

会(一般発表)

1. 大森 智史, 中村 光浩, 杉山 正, 平野 和行:水系順相シリカカラムを用いた血中リトドリンのLC-MS/MSによる定量.平成18年度日本薬学会東海支部例会, 2006年12月(名古屋)
2. 藤井 かおり, 西本 佳代, 後藤 千寿, 杉山 正:症例報告書の効率的な作成に関する検討.第27回日本臨床薬理学会, 2006年11月(東京)
3. Ohmori T, Nakamura M, Sugiyama T, Hirano K:LIQUID CHROMATOGRAPHY-TANDEM MASS SPECTROMETRY (LC-MS/MS) FOR DETERMINATION OF BENZODIAZEPINES IN HUMAN PLASMA USING AN ODS COLUMN COMPATIBLE FOR HYDROPHILIC COMPOUNDS.第21回日本薬物動態学会年会, 2006年11月(東京)
4. Nakamura M, Kubota M, Takashima E, Sugiyama T, Tsuchiya T:DETERMINATION OF ZONISAMIDE AND ITS METABOLITE, 2-SULPHAMOYLACETYLPHENOL, IN HUMAN LIVER CYTOSOL AND MICROSOMES USING LC-MS/MS.第21回日本薬物動態学会年会, 2006年11月(東京)
5. 丹羽 隆, 飯原 大稔, 林 将大, 大楠 清文, 河村 好章, 江崎 孝行:Bead arrayを用いたLegionella各種血清型の抗体検出法の開発.第43回日本細菌学会中部支部総会, 2006年10月(岐阜)
6. Iihara H, Suzuki T, Kawamura Y, Ohkusu K, Inoue Y, Zhang W, Shah M M, Sugiyama T, Ohashi Y, Ezaki T:High prevalence of multiple mutations in quinolone resistance-determining regions (QRDRs)in MRSA isolated from ocular infection..46th Interscience conference on antimicrobial agents and chemotherapy, 2006年9月(San Francisco (USA))
7. 中村 光浩, 酒井 由紀子, 深和 加奈, 杉山 正, 土屋 照雄:蛍光検出/HPLC法による脂肪乳剤注射液中の微量アルミニウム測定.第16回日本医療薬学会年会, 2006年9月(金沢)
8. 木下 幸子, 石川 りえ, 深尾 亜由美, 浅野 悦子, 鈴木 麻希子, 松浦 克彦, 高木 肇, 村上 啓雄, 森脇 久隆:当院における褥瘡発生の動向と課題.第8回日本褥瘡学会学術集会, 2006年9月(埼玉)
9. 中村 光浩, 松浦 克彦, 土屋 照雄, 杉山 正:電子カルテに対応したTDMシステムの活用とその問題点.第23回TDM学会・学術大会, 2006年7月(東京)
10. 中村 光浩, 松浦 克彦, 杉山 正:TDMシステム適正運用のための携帯端末の利用とその問題点.医療薬学フォーラム2006, 2006年7月(大阪)
11. 大森 智史, 中村 光浩, 杉山 正, 片桐 義博, 平野 和行:非多孔性ODSカラムを用いた血中バルプロ酸のLC-MS-MSによる定量.日本薬学会東海支部総会・大会, 2006年7月(静岡)
12. 鈴木 崇, 原 祐子, 山口 昌彦, 宇野 敏彦, 大橋 裕一, 大楠 清文, 飯原 大稔:Corynebacterium属による縫合糸感染の3症例.第43回日本眼感染症学会, 2006年7月(鳥取)
13. Nhung P H, Shah M M, Noda M, Sun X S, Iihara H, Ohkusu K, Kawamura Y, Ezaki T:dnaJ as a new phylogenetic marker for clarification of inter-species relationships in genus Aeromonas.第13回日本微生物資源学会, 2006年6月(埼玉)
14. 野田 万希子, 大楠 清文, 波多 宏幸, Monir Shah, 飯原 大稔, Pham Nhung, 孫 暁松, 河村 好章, 江崎 孝行:Mycobacterium 属菌のdnaJ配列に基づく系統解析.第79回日本細菌学会総会, 2006年3月(金沢)
15. シャー モハマドモニル, 飯原 大稔, 野田 万希子, 孫 暁松, ファン ホンニュン, 大楠 清文, 河村 好章, 江崎 孝行:dnaJ sequence-based identification and generic grouping in the genus Staphylococcus.第79回日本細菌学会総会, 2006年3月(金沢)
16. 飯原 大稔, 丹羽 隆, シャー モハマドモニル, 林 奨大, 大楠 清文, 河村 好章, 片桐 義博, 江崎 孝行:Suspension Array を利用した類鼻疽菌を含むグラム陰性菌の網羅的検出方法の開発.第79回日本細菌学会総会, 2006年3月(金沢)
17. 西村 美佐夫, 月岡 忠夫, 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:嚥下困難な患者を対象とした嚥下し易い新規剤形の検討.日本薬学会第126年会, 2006年3月(仙台)
18. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:物流システムと電子カルテシステムを利用した特定生物由来製品管理システムの構築.日本薬学会第126年会, 2006年3月(仙台)
19. 杉山 正, 後藤 千寿, 片桐 義博:ムコダインDSとクラリスロマイシンDS併用時の味の検討.日本薬学会第126年会, 2006年3月(仙台)
20. 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:電子カルテと接続した薬剤管理指導システムの構築.第28回日本POS医療学会大会, 2006年3月(東京)
21. 福島 秀樹, 白木 亮, 若原 利達, 中村 博式, 五味 郁子, 村瀬 佳代子, 松浦 克彦, 村上 啓雄, 森脇 久隆:慢性肝疾患患者におけるSGAのスクリーニング機能の問題.第21回日本静脈経腸栄養学会, 2006年1月(岐阜)
22. 村瀬 佳代子, 福島 秀樹, 松浦 克彦, 深尾 亜由美, 木下 幸子, 村上 啓雄, 森脇 久隆:岐阜大学医学部附属病院NST活動の評価.第21回日本静脈経腸栄養学会, 2006年1月(岐阜)

2005年

著論文

1. Nakajima K, Hirade K, Ishisaki A, Matsuno H, Suga H, Kanno Y, Shu E, Kitajima Y, Katagiri Y, Shimizu K, Kozawa O:Akt Regulates Thrombin-induced HSP27 Phosphorylation in Aortic Smooth Muscle Cells: Function at a Point Downstream from p38 MAP Kinase.Life Sci., 77:96~107,2005
2. 杉山 正, 後藤 千寿, 片桐 義博:ムコダインドライシロップとクラリスロマイシンドライシロップ併用時の味の検討.臨床医薬, 21:1113~1117,2005
3. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:オザグレルナトリウム注射剤の品質比較試験.医療薬学, 31:832~838,2005
4. Niwa T, Kawamura Y, Katagiri Y, Ezaki T:Lytic enzyme, labiase for a broad range of Gram-positive bacteria and its application to analyze functional DNA/RNA.J Microbiol Methods, 61:251~260,2005
5. Yoshida M, Kanno Y, Ishisaki A, Tokuda H, Hirade K, Nakajima K, Katagiri Y, Shimizu K, Kozawa O:Methotrexate Suppresses Inflammatory Agonist Induced Interleukin 6 Synthesis in Osteoblasts.J Rheumatol, 32:787~95,2005
6. Yasuda E, Tokuda H, Ishisaki A, Hirade K, Kanno Y, Hanai Y, Nakamura N, Noda T, Katagiri Y, Kozawa O:PPAR-gamma ligands up-regulate basic fibroblast growth factor-induced VEGF release through amplifying SAPK/JNK activation in osteoblasts.Biochem. Biophys Res Commun., 328:137~143,2005
7. Hirade K, Tanabe K, Niwa M, Ishisaki A, Nakajima K, Nakamura M, Sugiyama T, Katagiri Y, Kato K, Kozawa O:Adenylyl cyclase-cAMP system inhibits thrombin-induced HSP27 in vascular smooth muscle cells.J. Cell Biochem., 94:573~584,2005

1. 杉山 正:疾患別ガイドラインと薬物治療 ⑤緑内障.日本薬剤師会雑誌, 57:453~1462,2005
2. 杉山 正, 片桐 義博:病気と薬の説明ガイド2005-緑内障治療薬と患者への説明.薬局, 56(Suppl.):485~506,2005

会(一般発表)

1. 西本 佳代, 藤井 かおり, 安田 浩二, 後藤 千寿, 白鳥 義宗, 杉山 保幸, 片桐 義博, 出口 隆, 北島 康雄:電子カルテへの治験カルテシートの取り込みとクリニカルパスでの運用.第6回日本クリニカルパス学会学術集会, 2005年12月(新潟)
2. 小森 善文, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:電子カルテと散薬調剤台および散薬分包機とをリンクさせた散薬調剤監査システム.第38回東海薬剤師学術大会, 2005年11月(岐阜)
3. M.M.Shah, H.Iihara, M.Noda, S.Xiaosong, P.H.Nhung, K.Ohkusu, Y.Kawamura, T.Ezaki:Development of a PCR based dnaJ sequencing assay for species identification and genetic grouping in the genus Staphylococcus.第25回日本微生物系統分類研究会年次大会, 2005年11月(東京)
4. S.Xiaosong, M.M.Shah, H.Iihara, T.Koyama, M.Hayashi, M.Noda, P.H.Nhung, K.Ohkusu, Y.Kawamura, T.Ezaki:18S rDNA and 28S rDNA sequencing assay for plant pathogenic fungal species stocked in MAFF Collection.第25回日本微生物系統分類研究会年次大会, 2005年11月(東京)
5. M.M.Shah, H.Iihara, M.Noda, S.Xiaosong, P.H.Nhung, K.Ohkusu, T.Ezaki:Development of a PCR based dnaJ sequencing assay for accurate identification and classification of staphylococcus species.第42回日本細菌学会中部支部総会, 2005年11月(金沢)
6. 後藤 千寿, 安田 浩二, 杉山 正, 片桐 義博:臨床検査データを利用した処方監査支援システムの開発とその有用性.第15回日本医療薬学会年会, 2005年10月(岡山)
7. 丹羽 隆, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:ICUにおける薬剤師による医薬品情報提供とその評価.第15回日本医療薬学会年会, 2005年10月(岡山)
8. 後藤 伸之, 須田 範行, 中山 和彦, 宮崎 靖則, 杉山 正, 山川 雅之, 矢野 良一, 政田 幹夫:院内製剤の市販化に向けた調査・研究.平成17年度病院薬局協議会, 2005年9月(岡山)
9. 下田 浩欣, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:電子カルテと接続した薬剤管理指導システムの構築.医療薬学フォーラム2005/第13回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2005年7月(鹿児島)
10. 中村 光浩, 平出 耕石, 小森 善文, 杉山 正, 片桐 義博:電子カルテに対応したTDMシステムの開発.第22回日本TDM学会・学術大会, 2005年5月(沖縄)
11. 岡安 伸二, 磯貝 貞子, 中村 妙子, 山中 多美子, 武田 純, 山本 眞由美:インスリンの安全管理体制改善を目的とした院内標準書の作成とその評価.第48回日本糖尿病学会, 2005年5月(神戸)
12. 岡安 伸二, 中村 光浩, 杉山 正, 千種 康一, 櫻井 潔, 片桐 義博:処方情報を利用した注射剤調製監査システムの開発.平成16年度日本薬学会, 2005年3月(東京)
13. 中村 光浩, 深和 加奈, 矢澤 到, 酒井 由紀子, 後藤 千寿, 杉山 正:蛍光検出/HPLC法による微量アルミニウム測定のハイスループット化と注射薬品質管理への応用.日本薬学会第125年会, 2005年3月(東京)
14. 深和 加奈, 後藤 千寿, 杉山 正, 佐野 龍樹, 櫻井 潔, 片桐 義博:処方箋における調剤情報の電子化-処方箋の電子保存を目指して-.日本薬学会第125年会, 2005年3月(東京)
15. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:オザグレルナトリウム注射剤の品質試験.日本薬学会第125年会, 2005年3月(東京)
16. 平出 耕石, 田辺 久美子, 丹羽 雅之, 石崎 明, 中島 恵一, 中村 光浩, 杉山 正, 片桐 義博, 加藤 兼房, 小澤 修:血管平滑筋細胞におけるHSP27誘導のアデニル酸シクラーゼ-cAMP系による抑制作用.第78回日本薬理学会年会, 2005年3月(横浜)
17. 杉山 正, 紀ノ定 保臣, 櫻井 潔, 片桐 義博:標準化に対応した2次元シンボルの院外処方箋への印刷.日本薬学会第125年会, 2005年3月(東京)
18. 村上 啓雄, 福島 秀樹, 白木 亮, 松波 登志子, 深尾 亜由美, 安藤 真由実, 松浦 克彦, 荒川 直江, 村瀬 佳代子, 田村 孝志, 脇田 昌子, 鈴木 麻希子, 森脇 久隆:電子カルテシステムを用いたNST活動を開始して.第20回日本静脈経腸栄養学会, 2005年2月(名古屋)

2004年

著論文

1. Tanabe K, Hirade K, Ishisaki A, En shu, Suga H, Kitajima Y, Katagiri Y, Dohi S, Osamu K:Possible Involment of p44/p42 MAP Kinase in Retinoic Acid-Stimulated Vascular Endothelial Growth Factor Release in Aortiv Smooth Muscle Cells.Atherosclerosis, 175:245~251,2004
2. Yoshida M, Niwa M, Ishisaki A, Hirade K, Ito H, Shimizu K, Kato K, Kozawa O:Methotrexate enhances prostaglandin D2-stimulated heat shock protein 27 induction in osteoblasts.Prostaglandins Leukot Essent Fatty Acids, 71:351~362,2004
3. 中村 光浩, 深和 加奈, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:ベンゾジアゼピン系薬物分析へのLC/MSの応用例.TDM研究, 21(2):195~196,2004
4. 中村 光浩, 平出 耕石, 今西 義紀, 杉山 正, 片桐 義博:シクロスポリン血中濃度測定法の比較 -Dimension RxL, TDX, EMIT, RIA, HPLCを対象として-.TDM研究, 21(2):201~202,2004
5. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:携帯情報端末(PDA)による薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.医療情報学, 24(1):111~116,2004
6. Nakamura M, Fukawa K, Sugiyama T, Katagiri Y:High-Performance Liquid Chromatographic Assay of Clonazepam in Human Plasma Using a Non-porous Silica Column.Biol. Pharm. Bull., 27(6):893~895,2004
7. Tanabe K, Hirade K, Ishisaki A, Shu E, Suga H, Kitajima Y, Katagiri Y, Dohi S, Kozawa O:Possible involvement of p44/p42 MAP kinase in retinoic acid-stimulated vascular endothelial growth factor release in aortic smooth muscle cells.Atherosclerosis, 75:245~251,2004
8. Akamatsu S, Nakajima K, Ishisaki A, Matsuno H, Tanabe K, Takei M, Takenaka M, Hirade K, Yoshimi N, Suga H, Oiso Y, Kato K, Kozawa O:Vasopressin phosphorylates HSP27 in aortic smooth muscle cells.J Cell Biochem., 92:1203~1211,2004
9. Ishisaki A, Tokuda H, Yoshida M, Hirade K, Kunieda K, Hatakeyama D, Shibata T, Kozawa O:Activation of p38 mitogen-activated protein kinase mediates thyroid hormone-stimulated osteocalcin synthesis in osteoblasts.Mol. Cell Endocrinol., 214:189~195,2004
10. Takenaka M, Matsuno H, Ishisaki A, Nakajima K, Hirade K, Takei M, Yasuda E, Akamatsu S, Yoshimi N, Kato K, Kozawa O:Platelet-derived growth factor-BB phosphorylates heat shock protein 27 in cardiac myocytes.J Cell Biochem., 91(2):316~324,2004
11. Nakamura M, Hirade K, Sugiyama T, Katagiri Y:High-performance liquid chromatographic assay of clobazam and N-desmethylclobazam with column-extraction in human plasma, using high throughput octadecyl silica column.Jpn. J. Ther Drug Monit, 21:53~60,2004

会(一般発表)

1. 五島 光子, 杉山 保幸, 後藤 千寿, 白鳥 義宗, 伊藤 芳毅, 岩下 明子, 伊藤 稔子, 長瀬 清, 出口 隆, 北島 康雄:大学病院での電子カルテ上におけるクリニカルパス導入の取り組み.第5回日本クリニカルパス学会学術集会, 2004年11月(仙台)
2. 後藤 千寿, 藤井 かおり, 西本 佳代, 安田 浩二, 白鳥 義宗, 杉山 保幸, 片桐 義博, 出口 隆, 北島 康雄:電子カルテにおける臨床試験クリニカルパスの導入.第5回日本クリニカルパス学会学術集会, 2004年11月(仙台)
3. 中村 光浩, 深和 加奈, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:蛍光検出/HPLC法による輸液・注射液中微量アルミニウムの測定.第14回日本医療薬学会年会, 2004年10月(千葉)
4. 後藤 伸之, 須田 範行, 中山 和彦, 宮崎 靖則, 柳川 忠二, 杉山 正, 山川 雅之, 政田 幹夫:院内製剤の市販化に向けた調査・研究 疥癬治療薬.平成16年度病院薬局協議会, 2004年10月(千葉)
5. 岡安 伸二, 磯貝 貞子, 中村 妙子, 山中 多美子, 山本 眞由美:インスリンの安全管理体制改善を目的とした院内標準書の作成とその評価.第10回岐阜糖尿病コメディカルセミナー, 2004年9月(岐阜)
6. 松浦 克彦, 深尾 亜由美, 安藤 真由実, 石川 りえ, 鈴木 麻希子, 高木 肇, 村上 啓雄, 森脇 久隆:当院における褥瘡発生の実態.平成16年度褥瘡学会, 2004年9月(札幌)
7. 松浦 克彦, 鈴木 麻希子, 竹村 正男, 石川 りえ, 深尾 亜由美, 安藤 真由実, 高木 肇, 村上 啓雄, 清島 満, 森脇 久隆:褥瘡患者の栄養評価における血清 Rapid turnover protein測定の有用性の研究.平成16年度褥瘡学会, 2004年9月(札幌)
8. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 安田 浩二, 杉山 正, 片桐 義博:外来におけるチェックシートを用いた注射薬抗癌剤調製業務の改善.医療薬学フォーラム2004/第12回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2004年7月(札幌)
9. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:携帯情報端末(PDA)による薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.第8回医療情報学会春季学術大会, 2004年6月(広島)
10. 中村 光浩, 深和 加奈, 今西 義紀, 杉山 正, 片桐 義博:高極性対応カラムを用いたHPLCによる血清中リバビリン濃度測定法の開発.第21回日本TDM学会・学術大会, 2004年6月(吹田)
11. 松浦 克彦, 林 秀樹, 杉山 正, 片桐 義博:後発医薬品採用のための製剤評価 ― マレイン酸エナラプリル錠における検討.第124年会日本薬学会, 2004年3月(大阪)
12. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:オイドラギットを用いた製剤の溶出挙動に及ぼす温度負荷の影響.第124年会日本薬学会, 2004年3月(大阪)
13. 前川 義紀, 元山 茂, 後藤 啓一, 加藤 正一, 服部 哲男, 小木曽 正輝, 岡安 伸二, 田内 基文, 林 晴美, 小林 信一, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院における薬事法改正に伴う「生物由来製品」の安全性に関する意識調査.第124年会日本薬学会, 2004年3月(大阪)
14. 岡安 伸二, 平野 裕子, 中澤 みゆき, 杉山 正, 平野 和行, 片桐 義博:インスリン自己注射のコンプライアンスに関する調査.第124年会日本薬学会, 2004年3月(大阪)
15. 中村 光浩, 今西 義紀, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:ペン入力を用いたTDM情報管理システムの開発.第124年会日本薬学会, 2004年3月(大阪)
16. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:携帯情報端末(PDA)による薬剤部業務支援プログラムの開発例 - 医薬品情報閲覧プログラム・薬剤管理指導支援プログラム.国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2004年1月(三重)

2003年

著論文

1. 後藤 伸之, 須田 範行, 白石 正, 小茂田 昌代, 中山 和彦, 杉山 正, 山川 雅之, 政田 幹夫:社会が必要としている医薬品に関する使用実態調査 疥癬の発生状況とその対応.医療薬学, 29:665~670,2003
2. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:携帯情報端末(PDA)による医薬品情報閲覧プログラムの開発.医療情報学, 23(Suppl.):906~907,2003
3. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:PDAによる薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.医療情報学, 23(Suppl.):297~298,2003
4. Tokuda H, Harada A, Hirade K, Matsuno H, Ito H, Kato K, Oiso Y, Kozawa O:Incadronate amplifies prostaglandin F2 alpha-induced vascular endothelial growth factor synthesis in osteoblasts. Enhancement of MAPK activity.J Biol Chem., 278(21):18930~18937,2003
5. Niwa M, Hotta K, Kanamori Y, Hatakeyama D, Hirade K, Katayama M, Harada A, Mori H, Ito H, Kato K, Matsuno H, Uematsu T, Kozawa O:Involvement of p38 mitogen-activated protein kinase in heat shock protein 27 induction in human neutrophils.Eur J Pharmacol., 466(3):245~253,2003
6. Tokuda H, Hirade K, Wang X, Oiso Y, Kozawa O:Involvement of SAPK/JNK in basic fibroblast growth factor-induced vascular endothelial growth factor release in osteoblasts.J Endocrinol., 177(1):101~107,2003
7. Tanabe K, Dohi S, Matsuno H, Hirade K, Kozawa O:Midazolam stimulates vascular endothelial growth factor release in aortic smooth muscle cells: role of the mitogen-activated protein kinase superfamily.Anesthesiology., 98(5):1147~1154,2003
8. Wang X, Tokuda H, Hatakeyama D, Hirade K, Niwa M, Ito H, Kato K, Kozawa O:Mechanism of simvastatin on induction of heat shock protein in osteoblasts.Arch Biochem Biophys, 415(1):6~13,2003
9. 中村 光浩, 平出 耕石, 杉山 正, 片桐 義博:ハイスループットLCを用いた血中クロバザム濃度測定.TDM研究, 20:167~168,2003
10. Takenaka M, Hirade K, Tanabe K, Akamatsu S, Dohi S, Matsuno H, Kozawa O:Simvastatin stimulates VEGF release via p44/p42 MAP kinase in vascular smooth muscle cells.Biochem. Biophys Res Commun., 301(1):198~203,2003
11. 杉山 正, 丹羽 隆, 高木 直子, 後藤 千寿, 片桐 義博:リスクマネジメントにおける処方チェックシステムの有用性の検討.医療薬学, 29:73~76,2003

1. 片桐 義博(分担執筆):医学書院 医学大辞典(伊藤正男・井村裕夫・高久史麿 総編集).医学書院, 2003

会(一般発表)

1. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:携帯情報端末(PDA)による医薬品情報閲覧プログラムの開発.第23回医療情報学連合大会, 2003年11月(千葉)
2. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:PDAによる薬剤管理指導支援プログラムの開発とその評価.第23回医療情報学連合大会, 2003年11月(千葉)
3. 中村 光浩, 今西 義紀, 深和 加奈, 説田 路子, 杉山 正, 片桐 義博:シクロスポリン血中濃度測定法の比較および精度管理.第18回日本薬物動態学会年会, 2003年10月(札幌)
4. 今西 義紀, 中村 光浩, 平出 耕石, 杉山 正, 片桐 義博:岐阜大学におけるTDMによる処方提案に関する調査.第20回岐阜県病院協会医学会, 2003年9月(岐阜)
5. 中村 光浩, 杉山 正, 梅田 逸雄, 後藤 千寿, 田口 みちよ, 寺町 ひとみ, 中尾 俊也, 松浦 克彦, 高橋 悟, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院におけるTDM実施の問題点.第13回日本医療薬学会年会, 2003年9月(神戸)
6. 杉山 正, 中村 光浩, 梅田 逸雄, 後藤 千寿, 田口 みちよ, 寺町 ひとみ, 中尾 俊也, 松浦 克彦, 高橋 悟, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院におけるTDM実施の現状.第13回日本医療薬学会年会, 2003年9月(神戸)
7. 岡安 伸二, 中澤 みゆき, 杉山 正, 片桐 義博:ペン型インスリン注入器の耐用年数に関する調査.第13回日本医療薬学会年会, 2003年9月(神戸)
8. 中村 光浩, 深和 加奈, 説田 路子, 村岡 明美, 間宮 礼子, 杉山 正, 片桐 義博:注射薬抗癌剤調製・点滴業務への薬剤師の関与に対する看護師の評価.第13回日本医療薬学会年会, 2003年9月(神戸)
9. 岡安 伸二, 中澤 みゆき, 杉山 正, 片桐 義博, 中村 妙子, 磯貝 貞子, 山本 眞由美:ペン型インスリン注入器の問題点に関する調査.第5回岐阜インスリン研究会, 2003年9月(岐阜)
10. 中澤 みゆき, 岡安 伸二, 杉山 正, 片桐 義博, 中村 妙子, 磯貝 貞子, 山本 眞由美:ペン型インスリン注入器の耐用年数に関する調査.第9回岐阜糖尿病コメディカルセミナー, 2003年9月(岐阜)
11. 後藤 伸之, 須田 範行, 白石 正, 小茂田 昌代, 中山 和彦, 杉山 正, 山川 雅之, 政田 幹夫:院内製剤の市販化に向けた調査・研究 疥癬治療薬.平成15年度病院薬局協議会, 2003年9月(神戸)
12. 中村 光浩, 平出 耕石, 今西 義紀, 杉山 正, 片桐 義博:10%フェノバルビタール散の分包紙への付着が認められた症例.医療薬学フォーラム2003, 2003年7月(広島)
13. 中村 光浩, 安田 浩二, 高木 直子, 田中 大稔, 杉山 正, 片桐 義博:MRによる添付文書改訂情報提供に関する調査.医療薬学フォーラム2003, 2003年7月(広島)
14. 中村 光浩, 深和 加奈, 松浦 克彦, 後藤 千寿, 杉山 正, 片桐 義博:ベンゾジアゼピン系薬物分析へのLC/MSの応用例.第20回日本TDM学会学術大会, 2003年6月(横浜)
15. 中村 光浩, 平出 耕石, 今西 義紀, 杉山 正, 片桐 義博:シクロスポリン血中濃度測定法の比較-Dimension RxL, TDx, EMIT, RIA, HPLCを対象として-.第20回日本TDM学会学術大会, 2003年6月(横浜)
16. 丹羽 隆, 河村 好章, 江崎 孝行:細胞壁溶解酵素Labiaseの細菌DNA抽出への利用.第76回日本細菌学会総会, 2003年4月(熊本)
17. 岡安 伸二, 朝倉 美由紀, 中澤 みゆき, 杉山 正, 片桐 義博:薬剤師の病棟常駐による業務量変化と患者からの評価.日本薬学会第123年会, 2003年3月(長崎)
18. 中村 光浩, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:LC/MSによるベンゾジアゼピン系薬物のハイスループット分析.日本薬学会第123年会, 2003年3月(長崎)
19. 前川 義紀, 松浦 克彦, 小林 一信, 杉山 正, 後藤 啓一, 加藤 正一, 服部 哲男, 田内 基文, 元山 茂, 小木曽 正輝, 林 晴美, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院における薬剤師が行う薬品管理の実態調査(2).日本薬学会第123年会, 2003年3月(長崎)
20. 松浦 克彦, 前川 義紀, 小林 一信, 杉山 正, 後藤 啓一, 加藤 正一, 服部 哲男, 田内 基文, 元山 茂, 小木曽 正輝, 林 晴美, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院における薬剤師が行う薬品管理の実態調査(1).日本薬学会第123年会, 2003年3月(長崎)
21. 後藤 伸之, 須田 範行, 白石 正, 小茂田 昌代, 中山 和彦, 杉山 正, 山川 雅之, 船江 智子, 金子 寛子, 脇屋 義文, 政田 幹夫:薬剤疫学(48)疥癬治療薬に関する実態調査.日本薬学会第123年会, 2003年3月(長崎)
22. 平出 耕石, 田辺 久美子, 丹羽 雅之, 松野 浩之, 伊東 秀記, 加藤 兼房, 片桐 義博, 小澤 修:血管平滑筋細胞におけるトロンビンによるp38 MAPKを介したHSP27の解離および誘導作用.第76回日本薬理学会年会, 2003年3月(福岡)
23. 中村 光浩, 深和 加奈, 朝倉 美由紀, 杉山 正, 片桐 義博:小児科病棟における抗悪性腫瘍剤調剤支援プログラムの利用.平成14年度国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2003年1月(山口)

2002年

著論文

1. Usami N, Yamamoto T, Shintani S, Higaki Y, Ishikura S, Katagiri Y, Hara A:Substrate Specificity of Human 3 (20) a-Hydroxysteroid Dehydrogenase for Neurosteroids and Its Inhibition by Benzodiazepines.Biol. Pharm. Bull., 25:441~445,2002
2. 杉山 正, 松浦 克彦, 生田 敬三, 小木曽 正輝, 梶屋 敏宏, 加藤 正一, 加藤 武司, 後藤 啓一, 田内 基文, 服部 哲男, 前川 義紀, 元山 茂, 山崎 太, 桑原 泰則:岐阜県内の病院における医療事故防止対策の実態調査(第2報)-調剤過誤の防止対策-.日本病院薬剤師会雑誌, 38:857~860,2002
3. 杉山 正, 松浦 克彦, 生田 敬三, 小木曽 正輝, 梶屋 敏宏, 加藤 正一, 加藤 武司, 後藤 啓一, 田内 基文, 服部 哲男, 前川 義紀, 元山 茂, 山崎 太, 桑原 泰則:岐阜県内の病院における医療事故防止対策の実態調査(第1報)-院内体制の整備-.日本病院薬剤師会雑誌, 38:751~755,2002
4. 丹羽 隆, 安浪 葉子, 田中 大稔, 説田 路子, 後藤 千寿, 杉山 正, 足立 哲夫, 片桐 義博:薬剤管理指導のクリニカルパスへの組込みとその効果.日本病院薬剤師会雑誌, 38:1171~1174,2002
5. Wang X, Tokuda H, Hirade K, Kozawa O:Stress-activated protein kinase/c-Jun N-terminal kinase (JNK) plays a part in endothelin-1-induced vascular endothelial growth factor synthesis in osteoblasts.J Cell Biochem., 87(4):417~423,2002
6. Hirade K, Kozawa O, Tanabe K, Niwa M, Matsuno H, Oiso Y, Akamatsu S, Ito H, Kato K, Katagiri Y, Uematsu T:Thrombin stimulates dissociation and induction of HSP27 via p38 MAPK in vascular smooth muscle cells.Am. J. Physiol. Heart Circ. Physiol., 283(3):941~948,2002
7. 中村 光浩, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:抗悪性腫瘍剤調剤支援プログラムの開発とその評価.医療情報学, 22(Suppl.):415~416,2002

1. 杉山 正, 片桐 義博:集学的治療への薬学的アプローチ:リスクマネジメント.医薬ジャーナル, 38:541~545,2002

1. 丹羽 隆, 杉山 正, 片桐義博(分担執筆):薬剤管理指導業務マニュアル 改訂第4版(日本病院薬剤師会 監修).ミクス, 2002
2. 杉山 正, 片桐 義博(分担執筆):薬効別医薬品の適正使用指針 2002-2003(高杉益充 編集).医薬ジャーナル社, 2002

会(一般発表)

1. 中村 光浩, 林 秀樹, 杉山 正, 片桐 義博:血清試料直接注入による抗てんかん薬のLC分析.平成14年度日本薬学会東海支部例会, 2002年12月(名古屋)
2. 平出 耕石, 田辺 久美子, 丹羽 雅之, 松野 浩之, 伊東 秀記, 加藤 兼房, 片桐 義博, 小澤 修:血管平滑筋細胞におけるトロンビンによるp38 MAPKを介したHSP27の解離および誘導作用.第7回臨床ストレス蛋白質研究会, 2002年11月(名古屋)
3. 中村 光浩, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:LC/MSによるクロナゼパム定量法の確立.第17回日本薬物動態学会年会, 2002年11月(東京)
4. 中村 光浩, 平出 耕石, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:ハイスループットLCの血中ゾニサミド濃度測定への応用.第15回東海薬物治療検討会, 2002年11月(名古屋)
5. 中村 光浩, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:抗悪性腫瘍剤調剤支援プログラムの開発とその評価.第22回医療情報学連合大会, 2002年11月(福岡)
6. 松浦 克彦, 杉山 正, 生田 敬三, 後藤 啓一, 加藤 正一, 服部 哲男, 田内 基文, 元山 茂, 小木曽 正輝, 前川 義紀, 小林 一信, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院における医療事故防止対策の現状(4).第12回日本医療薬学会年会, 2002年10月(福岡)
7. 杉山 正, 松浦 克彦, 生田 敬三, 後藤 啓一, 加藤 正一, 服部 哲男, 田内 基文, 元山 茂, 小木曽 正輝, 前川 義紀, 小林 一信, 土屋 照雄, 山崎 太:岐阜県内の病院における医療事故防止対策の現状(3).第12回日本医療薬学会年会, 2002年10月(福岡)
8. 安田 浩二, 杉山 正, 後藤 千寿, 片桐 義博:市販DBソフトMicrosoft Access(R)を利用した薬剤管理指導支援.第12回日本医療薬学会年会, 2002年10月(福岡)
9. 後藤 伸之, 須田 範行, 白石 正, 小茂田 昌代, 中山 和彦, 杉山 正, 政田 幹夫:院内製剤の市販化に向けた調査・研究 疥癬治療薬.平成14年度病院薬局協議会, 2002年10月(福岡)
10. 丹羽 隆, 河村好章, 片桐 義博, 江崎 孝行:細胞壁溶解酵素Labiaseの溶菌活性および溶菌スペクトルの検討.第22回微生物分類研究会, 2002年9月(厚木)
11. 安田 浩二, 杉山 正, 片桐 義博:診療報酬改定に伴う投与期間の変化.医療薬学フォーラム2002/第10回クリニカルファーマシーシンポジウム, 2002年7月(千葉)
12. 中村 光浩, 平出 耕石, 杉山 正, 片桐 義博:ハイスループットLCを用いた血中クロバザム濃度測定.第19回日本TDM学会, 2002年5月(熊本)
13. 安浪 葉子, 原 宏和, 足立 哲夫, 杉山 正, 片桐 義博:1,25ジヒドロキシビタミンD3によるCYP3A4発現誘導にプロテインキナーゼが関与している.日本薬学会第122年会, 2002年3月(千葉)
14. 松浦 克彦, 杉山 正, 片桐 義博:オイドラギットを用いた徐放性製剤の保存温度による溶出挙動の変化(Ⅲ).日本薬学会第122年会, 2002年3月(千葉)
15. 丹羽 隆, 安浪 葉子, 田中 大稔, 安田 浩二, 説田 路子, 中澤 みゆき, 後藤 千寿, 杉山 正, 足立 哲夫, 片桐 義博:薬剤管理指導のクリニカルパスへの組込みとその効果.日本薬学会第122年会, 2002年3月(千葉)
16. 中村 光浩, 平出 耕石, 深和 加奈, 杉山 正, 片桐 義博:ゾニサミド血中濃度に対する他の抗てんかん薬併用の影響.日本薬学会第122年会, 2002年3月(千葉)
17. 杉山 正, 丹羽 隆, 安田 浩二, 高木 直子, 後藤 千寿, 片桐 義博, 梅本 敬夫, 紀ノ定 保臣:医療情報システムを利用した処方監査の重要性に関する検討.平成13年度国立大学附属病院医療情報システムシンポジウム, 2002年1月(弘前)

薬剤部職員募集はこちら

JOIN US

RECRUITMENT PAGE

お問い合わせはお気軽にどうぞ! 058-230-7091
お問い合わせ エントリー 薬剤部について
pagetop
058-230-7091 メールでのお問い合わせ